真冬の知床を訪ねて~4・・・初めての野付半島!
- 2015/03/12(Thu) -
真冬の知床の旅も三日目。

もう明日は空港に向かわなければならないと思うと、とてもさみしい気持ちになります。


3日目のお宿での朝、ご主人に「今日はどこへ行かれます?」と聞かれましたが、

行きたい所がたくさんありすぎて決められずにいました。

お天気は昨日のような晴天ではありませんが、そう悪くはない空模様。



ご主人からいろいろとお勧めをうかがい、野付半島ではオオワシがたくさんいるとのこと。

バイクツーリングでも行けてなかった 「 野付半島 」。

この機会に行ってみようということになりました♪



お山の大将 「 むぎ 」




ほんとにむぎには癒されます♪




天気予報では、網走方面は晴れでしたが、

こちらの方に来たら、なんだか空模様が・・・





でも、初めての道。

ブロガーさんの北海道ツーリングでは拝見しておりましたが、

ホントに最果て感200パーセント。





しばらく半島の道を走ってると、カメラマンさんたちに遭遇。

海の方にデカーい望遠レンズを向けています。



今回はうちも望遠レンズを持ってきたので、せっかくなので頑張って撮りました・・・





が、






オオワシさん、この大きさが精いっぱい・・・

せっかく流氷の上にたたずんでいるという素晴らしいセッティングなのにねぇ・・・

まぁ、仕方ないです。




しばらくオオワシウォッチングをして、

また車を先端の方に進めていきます。




右側の雪原にはエゾシカさんの雄の群れ・・・






そして、トドワラにも・・・




fc2blog_20150312161712ff4.jpg






ネイチャーセンターに車を止めて、


ここから遊歩道を歩きます。






雪のない時の風景は、写真だけしか知りません。

お宿のご主人に聞いたお話では、遊歩道の先端には木製の橋がかけられ、

展望台があったのだけれど、自然災害で倒壊しているとのこと。



とりあえず行けるところまで行ってみようってことで、

ネイチャーセンターの方は、時々つぼ足になるのでスノーシューの方がよいとの

指導でしたが、

歩けるところまではトレッキングシューズで~






ところどころつぼ足にもなりながら、ひたすら終点まで行こうと思いましたが、

歩いても歩いても、終点までには果てしなく・・





空もどんより曇って、ちらほらと雪も・・・

結局、このトドワラを満喫できたねって途中で退散><;



ネイチャーセンターをUターンします。

思っていたよりオオワシもいなく、どこに行ってしまったんだろうって・・・


そんな時に1羽のオオワシが飛んできて、電柱に止りました!(さっきのオオワシさん?)

でも、望遠でもこんなに遠い・・・




fc2blog_20150307203346d52.jpg





そして、トドワラに向かう時に海岸に打ち寄せられていた流氷で遊んでいる人を見たので、

帰り道に寄ってみることに。




fc2blog_2015031214042543b.jpg





流氷の規模はとっても小さいですが、流氷の上に乗れたことに大感激!!

後ろには、少しかすんではいましたが国後島が見えました。

開陽台に行っても一回しか見れなかった国後島。

野付半島からはこんなに近いんですよね・・・













そして、また空やら海やら林にワシがいないかときょろきょろしながら車を走らせると、


枯れた木々の中に何やら大きなものが止まっているのが見えました。



二人で 「 あれ? オジロワシと違った? 」って、


かなり通り過ぎてしまったのですが、大至急バックでぶっ飛ばしました・・・




いました、いました!

デカイ!!





オジロワシさん♪

でも遠いなぁ・・・どっち向いているのかわからないくらいに・・・望遠レンズ欲しいなぁ・・・







結局、オジロワシさん、オオワシさん、たくさんは見れませんでしたが

初めての野付半島。

今度はバイクで、そして納沙布岬まで行ってみたいと思いました。




途中まで戻り、中標津で有名な回転寿司屋さんで少し待って、順番が来て座れたのは

よいのですが、あまりにも人が多くて、なかなか注文が出来ません。

廻ってくるお鮨以外に食べたいのがあったのですが・・・

結局、時間がもったいないとのことで少しだけ食べて退散・・・

あとは、セコマで買い物して車の中でいただきましたが、やっぱりセコマは美味しいなぁ♪



午後からは、多分何も見えないだろう摩周湖を見に行きました。

やっぱり展望台に到着する前から、天候が悪くなって嵐みたいな・・・



fc2blog_20150312131320c34.jpg



冬の摩周湖はなかなかお目にかかれません・・・


でも、こんな悪天候な時でも、カメラを持って樹氷を撮りに来られてまして、

相方さんも、右にならえって感じで撮っていました。







樹氷はやっぱり、地元の綿向山の方が綺麗だよね・・・







吹雪の摩周湖を後にして、

屈斜路湖の近くに 「 鱒や 」 さんという素敵なお宿があって、以前にブロ友さんのmasaさん・うひひさんが

宿泊されていたので、一度どんなところか寄って行くことにしました。



fc2blog_20150312131343e3f.jpg


ちょうどバス停の所に看板がありました。

ここを曲がってしばらく行くと、お宿らしき大きな家が見えてきました。

宿泊者の車でしょうか、何台か停まっていました。

こちらのお宿でも、林の中をスノーシューで歩いて、バードウォッチングができるそうです。

今度また停まってみたいお宿です。

お宿の写真は、宿泊していないのでちょっと遠慮しました。



帰り道に川湯温泉の立ち寄り湯に入って、


「 神の子池 」 の前を通りました。


今は工事中とのことで雪が除雪されているためにスノーシューハイクが出来なくなっていて、

隣の川沿いに別ルートがあるそうです。





神の子池もまた歩きに来たいな♪




明日は、午前中に開陽台に寄って、空港へ。












ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | 2015年2月 流氷 ロッジ風景画 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
<<真冬の知床を訪ねて~final・・・アーチ橋と雪の北19号へ~ | メイン | やっと始動しました!チビバイクでランチプチツーリング♪>>
コメント
-白の世界ですね。-
冬の野付半島の様子をはじめて拝見しました。
一面真っ白な世界が広がっているんですね。
そして写真では小さくても、オオワシとオジロワシの姿。

私がここを訪れたのは夏の暑い日でした。
レザージャケットに足のレッグガードを付けたウェアで
炎天下の木道を延々45分も歩いたのとは全く違う世界ですね。
確かに木道がずっと先まで続いていましたが、
先端のところに展望台はありませんでした。
トドワラも立ち枯れがすすみ、ずいぶん少なくなっていたようです。

そうそう、私たちもネイチャーセンターに向かう途中で、
オジロワシを見かけたのですが、
タンデムのバイクで走っていたので戻ることもせずに
通り過ぎてしまい、写真も撮れませんでした。
2015/03/12 17:09  | URL | メカ好きおじさん #o8zswHSc[ 編集] |  ▲ top

-北海道は最高ですね-
やっぱり北海道は冬も素敵ですね。

納沙布岬は行きましたが
野付半島は今度バイクで北海道に行けたら
走ってみたいと思ってました。
行き止まりまで往復36キロほどの道が
海に挟まれていてトドワラやナラノ木が見れて
幻想的みたいですね。

オオワシもオジロワシさんも
少なかったとはいえ普通に見れるなんて(^^)v
バイクで真上を飛んで行った
オジロワシの大きさ迫力満点でした。

最終日は開陽台へ
開陽台からの冬景色も素晴らしいのでしょうね
楽しみにしています。
2015/03/13 07:12  | URL | sarasara #zP5wrhHQ[ 編集] |  ▲ top

-懐かしぃ~!-
野付半島バイクで行きましたよ~。
9月でしたけど。(^m^ ) こちらも
日本百名道の一つになっております。

望遠レンズですが、反射望遠レンズが
オススメですよ。比較的、焦点距離が
あるのに、コンパクトで軽量です。それに
反射レンズ特有のボケが魅力!(いわゆるリングボケ)
価格も光学式の望遠レンズより、リーズナブルです。

旅に持って行くには、いいと思います。(^m^ )

あの、梅にメジロの写真は、ヤフオクで買った
中古のレンズで10000くらいでした。
2015/03/14 02:38  | URL | アウトライダー #P68vm1n.[ 編集] |  ▲ top

-自然の宝庫-
こんばんは。
さすがに北の大地ですね、動物が自然の中に居ますね。
旅に一眼レフですかぁ、荷物にはなりますが写真撮影にはいいですね。
僕はバイク旅にはコンデジが活躍です。
2015/03/14 19:54  | URL | 班長 #1NmrZo5o[ 編集] |  ▲ top

--
エガッキーさん こんばんは~♪
野付半島に行かれたんですね!
私は、初めて北海道ツーリングに行ったとき以来、行ってないんですよ~
確かに最果て感のあるところですよね!
雪の中だとなおさらです。
エゾシカやオジロワシも見れたんですね~!
冬の野付半島もいいなあ。

鱒やさんも行かれたんですね!
なかなか立派なロッジだったでしょ?
機会がありましたらぜひ!
2015/03/14 22:42  | URL | masa #SbF9B/c.[ 編集] |  ▲ top

-メカ好きおじさんへ-

こんばんは~♪
コメントありがうございます♪
たしか野付半島のトドワラをメカ好きおじさんが歩いて
いらっしゃるのをブログで拝見して、一度は行ってみたいと
思っていました。
夏と冬とでは全く風景画が違いましたが、
冬は冬で最果ての大自然が見れたので、とても感動して
帰って来れました。
また、いつか夏もバイクで行ける所まで走れたら
良いなぁと思います♪
2015/03/14 22:59  | URL | エガッキー #-[ 編集] |  ▲ top

-saraさんへ-

こんばんは~♪
コメントありがとうございます♪
北海道、冬も素敵ですよね♪
私も以前から野付半島はとても気になっていました。
夏にもまたバイクで走れたらいいなって思っています。
saraさんは納沙布岬へ行ってらっしゃるんですね~!
うらやましいです。
あの先端まで行かれたなんて・・・歯舞が見れるんですよね。
本州にいたら絶対に見れない風景、
今度はいつ行けるかなぁと、計画を立てるのが楽しみです。
2015/03/14 23:04  | URL | エガッキー #-[ 編集] |  ▲ top

-アウトライダーさんへ-

こんばんは~♪
コメントありがとうございます♪
野付半島は百選だったんですね~!!
冬もまた素敵な風景でしたが、やっぱりバイクで夏に
走りたい道ですよね♪
望遠レンズのご提案、ありがとうございました♪
まったくカメラオンチなのでよくわからないのですが、
アウトライダーさんに教えていただき、
これからまた考えたいと思います。
あのメジロの写真は、中古のレンズ・・・なのですね。
1万円!?嬉しいですよね。
2015/03/14 23:08  | URL | エガッキー #-[ 編集] |  ▲ top

-班長さんへ-

こんばんは~♪
コメントありがとうございます♪
冬の野付半島も素晴らしかったです。
真っ白な中にエゾシカの姿は絵になりますね・・・
望遠レンズ・・・デカいのでほんとに荷物になりますよね。
でも、普段見れない絶景を少しでも綺麗に撮りたいって
思うんですよね・・・
でも、カメラもお金がかかりますね~><;
2015/03/14 23:28  | URL | エガッキー #-[ 編集] |  ▲ top

-masaさんへ-

こんばんは~♪
コメントありがとうございます♪
今回初めての野付半島、とても素晴らしく、夏もぜひ
バイクで走りたいと思いました♪
ほんとに最果てですよね~!!
masaさんが宿泊された「鱒や」さん、とても気になっていて
近くまで行ったので、ちょうど除雪も終わって走れたので
寄って来ました。とても素敵なお宿でしたね~!
また宿泊して、野鳥観察してみたいと思いました♪
2015/03/14 23:50  | URL | エガッキー #-[ 編集] |  ▲ top

--
野付半島に最初に行ったのは32年前。
砂利道がずっと続いていて、夕闇迫る中で諦めのUターンをした事がありました。
カワサキKL250でした。
その後に行った時は舗装されていました。
国後が目の前に迫り、どうしてあれが日本じゃないんだろうと不思議な感じがします。
初夏、夏、秋と行ってますが、冬は未経験です。
冬の北海道に行く人って、普通のツーリストとはオーラが違うような気がします。
2015/03/14 23:55  | URL | postpapa #I2dgmqGA[ 編集] |  ▲ top

-postpapaさんへ-

こんばんは~♪
コメントありがとうございます♪
postpapaさんは、北海道ツーリングで未舗装の時を経験
されているから、風景で時代の流れが感じられて良いですね♪
トドワラまでのあの道が未舗装だったら、もっと最果て感を
感じられたと思います♪
私も、今回あんなに近い国後島を見ることが出来て、なぜ
日本じゃないんだろう?って何回も心に感じましたよ・・・
納沙布に行ったら、歯舞もすごく近くに見えるんでしょうね。
またいつかバイクで行けたらと思っています。
2015/03/15 00:12  | URL | エガッキー #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://rienavi.blog69.fc2.com/tb.php/720-a46f5e2d
| メイン |