もっとも恐れていたフェリーで・・・
- 2011/04/07(Thu) -
北海道をバイクで旅する。

これだけのために私はバイクの免許を取得した!

バイクが好きとか、スピード狂とか、全く正反対で

ただ、北海道が好き。相方がバイクで一人で旅する!

私も行く!後ろに乗せてもらうなんてとんでもない!

じぶんで運転したい!それだけ!

なぜ大型まで取ったのか?中型だけでよかったのに?

同じ免許がほしい!絶対に!!

(ほんと、負けず嫌いな私・・・)

絶対に、大型は取れるわけない!!

がっくんは、何回も言った・・・

教習の中で一回だけやっぱり無理かも・・・と思った時があった。

それは・・・クランク

中型の教習時、何回こけたことか

こけすぎて打撲の跡がまだうっすらと残ってる

でも乗り越えた・・・

が、教習所で教わったことが

頭に入っていなかったことが判明する。

それは敦賀のフェリーでの転倒

事前に、ネットの動画でフェリーに乗船するバイクの様子を見たりして

イメージトレーニングもした。

初心者は狭い甲板で低速走行になるから気を付けるようにとか・・・

でも果たしてうまく乗船できるかどうか不安ではあった

( 実はかなり不安だった 

夏休み前だったからそうたくさんのバイクはいなかったけど

20台はいたと思う。

ひとりずつ間隔あけてスロープを上がり、入り口で一旦係員に止められる。

なんでそこで止めんの?そのまま行かせてよ><

と、言いたかったけど・・・

スロープとフェリーの入り口の境目って、なんかゴトゴトしている

四輪用にタイヤの滑り止めなのか低めの波状路のようなものが二つ置いてある

私の頭の中は、ただただこけないように・・・でいっぱいだった

停止しようとする位置を考えずにいた・・・

係員に止められ、停車する場所を指示された。

指を差された方向が、

え~っ!?がっくんの横じゃないのぉ~?

私は連れなんよ~!隣に停めさせてよ!と心の中で叫んだ!

もう頭の中まっしろ~

停止したバイクを発進させないと・・・

二つの波状路の間が平らになっていて

そこをバイクは進まないといけないのに・・・

その平らの場所の手前に止まっていなかったから

なんと波状路の上に、無知な私は半クラッチでゆっくり乗り上げた・・・

普通に、何も起こらないかのように、発進した・・・

ふわ~っ と左に傾いていく・・・
っ、倒れる

45度( たぶんそれくらい )くらいに傾いたバイクを

私の周りにいた係員のお兄さん三人が受け止めてくれた!!!

まるで、私のバイクが倒れる時のために

3人ものお兄さんが待機してくれてたかのよう・・・

バイクは無傷だった

私は放心状態ながらも、係員のお兄さんにお礼を言って

「ここからは押していきますから・・・」と言った。

ろくに取り回しもできないくせに・・・

そんなんできやんやろ~と言わんばかりに

三人のお兄さんが、私のバイクを押してくれて定位置まで運んでくれた。

なんというザマなのだ これが大型を取得したライダーのすること?

と、周りから聞こえてきそう・・・いやみんな思っているよね~

中型ではなかった波状路の教習。

たしか手前数メートルから一速にして腰を浮かせて中腰で通過したのを覚えてる

なのに、なのに・・・なんであんなことしたんだろ

一番かわいそうなのが、がっくんだった・・・

停めた場所は離れてたけど、連れだからね。

他人のふりをしたかったに違いない。絶対に。

私の醜態を、後ろから入ってきたハーレーのお兄さんがしっかり見てたし

周りのライダーさん達も、荷ほどきをしながら私を見てる

「がっくん、ごめんなかっこ悪くて・・・」と

言ったかどうかは覚えていないけど、とにかく最悪な初日だった!

フェリーの部屋に入ってからも私はまだまだショックと情けなさで落ち込み

明日の夜に、今度はフェリーから降りるときの恐怖におののいていたけど

無事、北海道の地に着いた。

北海道では6日間滞在、1500キロ走り、転倒は一回もなかったけど

『 フェリーに乗って北海道 』なんて10年早いんじゃ!!と

思い知らされた旅だった。

でもすごく楽しかったし、

毎日バイクに乗ったから少し上達して三重に帰ってきた。

ご清聴ありがとうございました



ついでなので、思い出の北海道のPhotoを紹介。

バイクどこに置いてあるかわかります?

なんと二日間は台風のようなどしゃ降りだったのです

教習時、雨は一回だけ。

こんな悪天候を走るとは思ってもみなかった。良い経験。

かわいそうなWとゼファー。中標津の空港のパーキングです。

P1030850_convert_20110407100424.jpg


念願の19号を走れて感激でした!

P1030894_convert_20110407100515.jpg


岩城滉一さんがテレビで寄っていたお店。

鹿追町の『 カントリーホーム風景 』

ハンバーガーも牛乳もソフトクリームも絶品です。

P1030925_convert_20110407100618.jpg


P1030932_convert_20110407100655.jpg


最終日に日高ケンタッキーファームでジンギスカンを食べようと

探したけど見当たらなくて、牧場の中をさまよっていた・・・

帰ってきてから、もうなくなっていたことが判明した。

P1030939_convert_20110407100737.jpg


知床半島がメインだったけど、悪天候で走ることを断念。

くやしかったけど、また絶対に行きたい北海道。

行っても行っても、まだまだ行っていないところがたくさんある・・・



ツーリングってやっぱり楽しい!

行ったら行くだけ上達すると思う。

去年は雨と重なり、距離を伸ばせなかったけど

今年はいっぱい走りたい・・・





最後に桜情報。

満開のところも多いと思うけど

家の前の桜は、7分咲きくらいかな?

部屋の中からパチリ。今は綺麗でうらやましがられるけど

葉桜になったら、玄関前に毛虫さんが現れるのです

RIMG0006_convert_20110407094841.jpg





にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | バイク関連 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
<<京都へGOー! ~ペアスロープに導かれて~ | メイン | 立ちごけはいつもGW!?>>
コメント
--
はじめまして。ランキングからやってきました(#^.^#)

バイクで北海道、素敵です☆
私もいつか行きたいなあ~。
フェリー乗り場での立ちゴケ未遂?はヒヤヒヤでしたね。
でも、行きたいものは行きたい!
エガッキーさんの行動力に共感します♪

ちなみに私、エガッキーさんと同じくアラフォー。メットお揃いです(●^o^●)
どうぞよろしく☆
2011/04/08 02:09  | URL | むぎこ #VWFaYlLU[ 編集] |  ▲ top

-はじめまして。-
むぎこさん
はじめまして。
コメントありがとうございます。
メットがお揃いなのも何かの縁ですよね!
ブログちらりと見せていただきました。
教習中ですか?
がんばってくださいね!
2011/04/08 13:35  | URL | エガッキー #-[ 編集] |  ▲ top

-バイクでのフェリー乗船は、結構危ないです!ヾ(*ΦωΦ)ノ-
フェリーの、あの曲者の鉄の波板・・・
あれは危なぁ~い( =①ω①=)ノ

僕もコケそうになった事が数回あります。
特に、荷物満載だと重心も上がり、余計
不安定になりますし。( =①ω①=)ノ

でも、いつか旅のいい思い出になります。
ツーリングでは、いくつ旅の恥を掻き
捨てた事か・・(^m^ )

写真の『北19号線』懐かしい~
嬉しさの余りヘルメット越しに、
大声で叫んで走りました。


その時に撮影した北19号線の動画です。(^m^ )
走っている気分でご覧下さいまし。
     
        ↓

http://www.youtube.com/watch?v=oz1f2ZMG824&nofeather=True

2011/04/08 20:26  | URL | アウトライダー #P68vm1n.[ 編集] |  ▲ top

-アウトライダーさん-
動画めちゃよかった~
あんなに長かったんですね~
私も走りながら「フォーッ!!」
なんて叫びましたよ(^^;)
なんかすごく走りたくなりましたよ~
2011/04/09 01:41  | URL | エガッキー #-[ 編集] |  ▲ top

--
バイク乗りは北を目指す・・・
27歳の時に初めて北海道に行きました。
今から約30年前。
襟裳岬から北上する黄金道路は砂利道で・・・
汗と埃で真っ黒になって走ったけれど、とにかく楽しかったなぁ・・・
バイクでは10回行きましたが、まだ道南は未経験の地。
ジックリ回るにもほどがある(笑)
以前は走れたサロマ湖の砂州も今は進入禁止。
やはり行ける時に行っておいた方が良いです。
フェリーの鉄板は嫌ですね。
男性だって緊張します。
雨なんかで濡れていたら最悪です。

思い出として笑える時は来るでしょうけれど、やはり溜息の一つも出ますね。
何でも経験。
怪我しなけりゃOKですよ(笑)
2012/02/16 03:12  | URL | postpapa #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://rienavi.blog69.fc2.com/tb.php/10-1a3f1254
| メイン |