層雲峡オートキャンプ場と心温まるお話~北海道・紅葉登山と旅②
- 2017/09/30(Sat) -
層雲峡オートキャンプ場。





常呂のカフェを13時頃に出発し、後ろ髪を引かれる思いで層雲峡へと急ぎました。


できれば16時までにはキャンプ場に着きたいと車を走らせます。


利用するキャンプ場では薪を販売していないとの事で


廃材とか落ちている樹々とかで使えるものがあれば


無料で利用できますが・・・言っていただきました。


途中、北見あたりで調達していこうとお店を探しますが、どこも販売してません。


これは困ったーー(//∇//)と、


通り道にあるキャンプ場に問い合わせても置いてないとの事で、


電話に出た方にどこかに売ってませんか?なんて聞いてみたら、


「お役に立てないかもしれないけれど、調べて連絡します。」との事。


なんて親切なー(*^◯^*)


お言葉に甘えて電話を待つと、掛けてきてくださいました。


でも、やはりどこも販売していないとのお返事でした。


どうやら、寒い土地では家庭で薪木を用意しているとの事。一冬で沢山必要とするから、それはそうですよね。


でも、大変困りました。暖をとる物がないのです。


こうなったら、薪がいっぱい積んであるお家に飛び込んで、少し分けていただけないか尋ねるしかないね。と


走りながら探しますが、なかなかありません。


そして、一軒玄関先にたーくさん積んである薪を発見。


商売されてるお家のようで、なんとか分けてもらえるよう玄関をピンポーン。


奥さんが出てこられて、


『すみません。通りがかりのものですが、キャンプに使う薪を探していまして、


玄関先に沢山置かれていたので少し分けていただければありがたいのですが~』


と聞いてみたらば、


そっけなく、家庭用に使っているのでごめんなさいと


断られてしまいました。


仕方ないですよね。


図々しい話ですからね。



どうしようか?と悩みながら車を走らせて、留辺蘂でガソリンを補給。


スタンドの一番長老の男性に


どこか、薪を分けてくれるところがないか聞いてみると


う~ん・・・と、すごく考えて下さってたのですが、やはり無いとの事。


でも、スタンドを出発する前に、


「もう少し走ったところの右側の三角屋根の家で、○○工務店さんがあるんだけれど、


廃材とかも扱っていて、以前は一束いくらとかで置いてたこともあるから、


一度聞いてみるといいかもしれないですよ!」


と教えてくださいました♪


これは、最後のチャンスかもしれないから~と行ってみると、


大きなお家が見えてきました!





あった、あった、〇〇工務店さん♪


家の前に車を止めて、勇気を出して玄関をピンポンします。


シーン・・・・・・


玄関空いてるけどなぁ・・・


何やら右側の奥の方で音がする・・・と家の横の資材置き場のようなところに歩いていくと~


ちょうど私たちの両親より少しお若い感じのご夫婦が、


座って作業をしていらっしゃいました。


突然、知らない者が現れて、最初は驚かれていたんですけれど、


「キャンプに使う薪を探していまして、ひょっとしてこちらの工務店さんにあるかもしれないからと

ガソリンスタンドの方に聞いてきまして、もしあれば分けていただきたいんですが。」


と、お父さんに話すと、


ひょいっと立って、優しい笑顔で「ある、ある。こんなのでええかな?」って、


廃材のいっぱい入っている白い大きな袋を開けてくださいました。





「こんなんでよかったら、ええだけ持ってきなさい」


お母さんも、「これ着火剤になるから使うといいよ!」と白樺の大きな木の皮を2枚ほど持ってきてくれて、


雁皮って教えていただいたんですけど、知らなくって><;


廃材を入れる大きな袋もいただいて~


どこから来たの?って聞かれて、三重県の四日市ですって言うと、


お父さんが「あの工業地帯やな!私は二年前に旅行で伊勢神宮に行って、鳥羽に泊まったわ!」って


そして、二袋分の廃材をいただき、


1000円だけど渡そうと話してたら、「お金はいらんよ!捨てるものやでな」と~


おまけに、ちょうど玉ねぎの収穫で作業をされていたところだったので、


「玉ねぎ持ってかんか?無農薬で美味しいよ~!この紫のは生でも美味しいで!」


と、網の袋にいっぱい入れてくださって~


見ず知らずのものにこんなに優しくして頂いて、びっくりなのと感謝の二つ。


とっても心温まって、心が豊かになって、キャンプ場に向かったのでした♪



でも、予定より30分遅れの到着。

急いで受付して~




住所を見て、管理人さんも三重県の尾鷲市出身で、またまた盛り上がっちゃいました♪





設営場所を選んで~










おトイレは二箇所、和式と水洗があるとの事。

こちらの水洗の方を選んで、その近くに。






こちらがいただいた廃材!



この雁皮がすごーい着火剤の代わりなって、びっくりでした!!





そして、玉ねぎさんたち(*^◯^*)




車のスーツケースを開けて、キャンプ道具を運んで


急いで設営して、暗くならないうちに出掛けます。







層雲峡温泉からは少し離れてるキャンプ場。

車で5分ほど走って、黒岳の湯へ。

キャンプ場で割引券がいただけたので~



源泉かけ流しで、とってもいいお湯でした~



お風呂から出て来たら、もう薄暗くなっていて、

近くのセコマで買い物をしてキャンプ場へと戻ります。



相方さんのお酒~




道東の常呂のスーパーで買ってきた、地元産のホタテのお刺身~!!




ちょこっとだけ写ってるのが、いただいた紫玉ねぎのスライス~♪


そして、ホッケの干物~ナイフで半分に切って焼きました。



でも、めちゃくちゃ油が落ちて、バーナーのお掃除が大変でした・・・



保冷剤を買って、スーパーに置いてある段ボールをいただいて、

ホタテとホッケを冷蔵して持ってきた甲斐あって、とっても美味しくいただけました♪



そんなに寒くなかったけど、やっぱり火があると嬉しいです。




焚火をしながら、この薪をいただいたお父さんとお母さん談義をして過ごしました・・・





でも、明日は大雪山登山。

6時のロープウェイには乗らないといけないので、4時半起きです。

私はもう早く寝ました・・・



夜中、少し寒くって目が覚めたことを覚えています。




でも、22日の朝は晴天!!


5時半には出発できるように準備。


レンタカーには落ち葉がいっぱい乗ってる~





一日キャンプ場を留守にします。







つづく・・・






ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | 北海道 大雪山(黒岳~赤岳縦走) | CM(14) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ