福寿草♪~雪の藤原岳登山
- 2017/04/07(Fri) -
福寿草。






4月2日(日)、藤原岳登山に行って来ました。

目的は福寿草!

登山口駐車場は早くから満車になるので、5時半出発で6時過ぎには到着したのですが、

それでもほぼ満車状態で、県外ナンバーが多かったです。

とっても人気の鈴鹿7♪

なんとか停めて準備。





なんと、忘れ物発覚!

雪山で、それも前日の雨でぬかるみかあるだろうと

ゲーターは必需品だったのに、忘れて来たぁ(≧∀≦)

パンツの裾が泥だらけになることは間違いなし(≧∀≦)

相方さんはカメラを忘れてきて、ゆるゆる登山スタート。





7合目まではぬかるんだ道もあれば、乾いた道もあり、調子よく登ってきました。





8合目前になると、雪が出没~




8合目に到着。




ここからは、6本爪アイゼンが必要となります。





冬道は直登、夏道は巻道でしんどくないのですが、

雪が多くて巻道が埋もれていて、結局ほとんど直登でした。

雪解けもあって、足元はかなりぐちゃぐちゃ・・・





でも、振り返ると絶景~~(*^◯^*)


真ん中は伊吹山!





左手の雪山は霊山⁉︎









8合目から9合目までが一番急登です。

ドロドロ~~(≧∀≦)





ようやく9合目!


岩場にたくさんの福寿草が咲いていました!













しばし福寿草の撮影で楽しんだら、最後の9合目を登ります。


なぜか9合目って、すごく長ーく感じるのです。







そして、ようやく山小屋前に到着~~(*^◯^*)








風もなかったので、ベンチで食事をして、しばらく休憩。


数年前に新しくなったおトイレを利用して、

また出発。






天狗岩のある方向へと歩きました。

眺めのよい場所に出ると、伊吹山と霊山が一望!

青空と雪山がとても美しいです。






背中にはドロドロのアイゼンが入ったビニール袋。







藤原岳の頂上が見えます。

今回は登るのをやめて、下山することに。




またアイゼンを付けて、早々と下山。

まだまだたくさんの人が登ってきます。

でも、アイゼン付けてない人も沢山いて、

下山時に急斜面の9合目、8合目でかなり苦戦しながら

降りている人もチラホラ。





久しぶりの藤原岳。

そして、やっぱり雪があると楽しい!



今度は、どこに登ろう⁉︎










ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村







スポンサーサイト
この記事のURL | 鈴鹿連峰 藤原岳 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
早春の京都トレイル~東山編①
- 2017/03/17(Fri) -
伏見稲荷の鳥居。








3月13日から一泊でたくさんのコースがある京都トレイルの東山コースを歩いてきました。

今回挑戦したコースは、伏見稲荷大社から大文字山~銀閣寺です。


朝5時半に車で出発、一号線経由で瀬田から名神高速に乗り、京都南インターで降りて

伏見稲荷大社へ。

9時20分スタートです。




ここ、伏見稲荷大社は、外国人の方が訪れる人気ナンバーワンの観光地とのことで、

平日の朝からたくさんの観光客でにぎわっていました。


さっそく千本鳥居に~

fc2blog_201703162329442e6.jpg


私は、自営業の家に生まれたので、小さいころから毎年お参りに来ていたので、

久々に訪れて懐かしい気持ちになり、相方さんは初めてのお稲荷さんとのこと!

fc2blog_20170316233002980.jpg


千本鳥居を抜けると~




お稲荷さんらしい絵札、いろんなキツネさんの顔。




ありました、京都トレイルの案内図。

要所要所でこの案内図があるので、迷わずに行けるそうですよ!




千本鳥居を抜けても、まだまだたくさんの鳥居があります。







この建物はお店。




まだまだ鳥居をくぐりながら登っていきます。




京都市内が一望できる開けた四辻まで来ました。




ここからはこの鳥居を登らずに脇道に入ります。






登山道らしい道になりました。

このあたりからは、観光客の方は誰もいなくなり、トレッキングをする人だけとなります。




歩いていると、いろんな風景に出会います。




しばらく歩くと、竹林~




また案内図がありました。

今度は石段を降りていくようです。







所々に可愛い目印があります。




今度はまた上り~




可憐な花も咲いていました~



3月後半からは桜の季節、一気に観光やトレッキングの人が増えますが

今は静かな京都です。

でも、少しずつ樹々もポコポコと花を咲かせる準備をしてきていますね・・・



どこを歩いていても、京都らしい雰囲気があります。




山道を歩いていたら、一瞬開けた場所に出て、京都タワーが見えました♪




山を下りると、閑静な住宅街の中を歩いて~









今度は何かややこしい地図が書いてありますよ・・・




でも、安心♪

手作りの案内板がちゃんとありました♪









住宅街を抜けたら、また山道へと入ります。

迷路みたいで、おもしろ~い!!探検しているみたいで疲れを忘れてしまいます^^/











道路沿いに出ましたよ!!





すごーく遠回りですよね・・・

一号線の下をくぐって、向こう側に行くようです・・・







つづく・・・






ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
この記事のURL | 登山 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
赤岳鉱泉で過ごす大晦日・お正月♪2016~2017
- 2017/01/07(Sat) -
赤岳。







あけましておめでとうございます♪

本年もどうぞよろしくお願いします。





昨年12月30日、仕事収めをしてから車に荷物を詰めて、

八ヶ岳へと向かいました。

初めて、年末年始を山で迎えることに~


高速と下道を乗り継いで、翌朝の買い物をして、日が変わってから美濃戸口の駐車場に到着。

すでにたくさんの車が駐車していて、山小屋は夜中でも煌々と明かりがついて

とても綺麗でした。


車中泊、朝5時頃起きなくちゃいけないので、早々に登山用の服に着替えて、

シュラフに潜り込みました。


時間通りに起きて、車の中で簡単な朝ご飯を済ませて、

出発の用意。


忘れ物が無いよう、何回も確認したり、おトイレに行ったりしていると

すぐに時間が経ってしまい、結局7時過ぎの出発となってしまいました。





積雪がほとんどない緩やかな登りの車道を一時間、赤岳山荘まで歩きます。

山荘までも車で行けるのですが、かなり凍結しており、チェーンがないと勾配のある場所では

登るのが大変なので、あえて歩くことに。

気を付けて歩かないと、転倒している人も何人か見ました。





何回か私たちもツルッとヒヤヒヤすることもあり、軽アイゼンをつけることに。


8時過ぎ、ちょうど一時間で山荘に到着。

少し休憩して、また出発です。











私たちは、北沢へと向かいます。



赤岳山荘から、赤岳鉱泉まではコースタイム2時間。

しばらくは広い林道で石がゴロゴロしている道を登っていましたが、

しばらくすると、本格的な細い山道になってきました。

川を何回か渡って行きます。


川は表面が凍っているところもあり、住んでる三重では見られない光景ばかりで、

テンションも上がります♪





川の近くまで寄ってみました~



だんだんと歩きやすい道になってきて、

アイゼンをつけているととても疲れるので、途中で外して登ることに。





しばらくは森の中を歩いていましたが、

開ける場所に出ると、目の前に大同心が見えましたよ♪




雲一つない、八ヶ岳ブルー♪




川には氷の花が咲いています♪





そして、10時40分ごろ、ようやく赤岳鉱泉に到着~!!




初めて見る、アイスクライミングの光景♪




まずは、山小屋で受付~!!

とっても素敵な山小屋です♪




赤岳鉱泉の夕食は、ステーキが食べられることで有名なのですが、

大晦日は、ビーフシチューって書いてありました。

ちょっと残念でしたが、ビーフシチューもとても楽しみです♪





予約は、一応個室をお願いしてありましたが、

年末ということで、やはり個室は難しく、それも一番の大部屋で45人で寝ることに。




私たちは、一番奥の下の端から二つとのこと。

今日は180人が宿泊するとのことでした。

まずはともあれ、お昼ご飯を食べなきゃ~って

食堂でカレーライス。相方さんはビール♪






そして、食後は自炊室でコーヒータイム♪




私の冬休みは、31日と1日のたった二日のみ。

明日の元旦にはまた下りないといけません。

だから、せっかくここまで登ってきましたが、どこにも登ることなく

大晦日と元旦の山小屋を楽しんで帰ることになります。


でも、ご飯を食べてからは、絶景の見える中山展望台まで登ることに。

山小屋からでも素晴らしいのですが、もっともっと絶景が見れるとのこと。






アイスクライミングもちょっと見学。




中山展望台への分岐。




そして、到着♪




大同心と小同心。








稜線を歩いている人たちもしっかりと見えましたよ♪


私には登れそうにもない山ですが、登っている人をかっこよく思い、尊敬し、

自分は自分で登って楽しいと思える山登りをすれば良いのだと思っています♪





展望台から降りてきて、夕食までの間はワインタイム。




小屋に戻ってきたら、すごーい人でいっぱいになってまして、

通路にまで布団が敷いてありました・・・

部屋にはザックは置けないことになっているので、みんなのザックが廊下にびっしり!!





そして、お待ちかねの夕食タイム。

私たちは5時からの第一班。

ビーフシチューとポトフ、とっても美味しかったです♪

お肉がいっぱいで、トロットロに柔らかくて~





そして、第二班の方たちにいったん席を空けて、

19時過ぎからは始まる大晦日ビンゴ大会に参加しましたぁ!!



テン泊の方たちも参加できるので、200人以上が食堂に集まったのではないでしょうか。

ビンゴは一枚500円で、何枚買っても良いとのことでしたが、

予想以上に参加者が多かったのか、カードが不足してしまい、たくさんカードを買った人は

また返品して、カードを買えなかった人に回したりして~


ビンゴの景品は、もちろん山用品で、高額なものはハードシェルやダウンジャケット、ザックなど。


私たちは、4枚づつカードを買って、私は一回だけビンゴ。

相方さんは二回ビンゴして、一つはこの写真!!


ひげニット~(笑)



山小屋の若いご主人に被らせてもらって、みんなに拍手されながら

席に戻ってきましたよ(笑)

このひげニットがビンゴした人は、その場で被るので、かなりウケてましたぁ!!

あと、じゃんけんで現金5000円がもらえる人とか、一杯素敵な景品があって、

とっても盛り上がったのでした♪


そして、そのあとは年越しそばが一杯300円で販売されました。

このお蕎麦がとってもコシがあって、とっても美味しかったのです♪




消灯が22時とのことで、お蕎麦を食べたら自分たちの部屋に戻り、

寝ようとしたのですが・・・・・・・


早くも寝ている人がすごーいいびきで・・・・・・・

たぶん、その人以外の44人は、きっとほとんど寝られなかったのではないでしょうか・・・

以前に、唐松岳に登った時に山小屋で同じように寝られなくて、

山小屋での泊りを懲りたのですが、今回は冬だし山小屋にしようと泊まって、

また同じように思ったのでした・・・



なんか、寝たような寝なかったような、そんな感じで朝を迎えて、

6時から朝ご飯。

おせち料理とお雑煮でした~!!




そして、またコーヒーを飲んで、ゆっくりと荷造りをして、

山小屋を出発。


まだ、八ヶ岳の山々は雲で覆われていました・・・




赤岳山荘まで無事に降りてきて、

美味しいお水で休憩~




帰り道も林道はかなりの凍結で、なるべく端の凍ってない場所を選んで下りました。

登ってくる人で、重いザックを背負っている人が目の前で扱けて、とても痛そうでした・・・

凍結は怖いですね・・・



車に戻って、帰り道を走ると、過ごしていた八ヶ岳がとても素晴らしくそびえておりました。




高速道路からは、南アルプスもくっきりと~



もう二日間くらいお休みがあればな・・・と、この山々を見て思ったのです。




そうそう、ビンゴで当たった私の景品は、

靴下。でも、私にはちょっと使い道がないようです・・・




相方さんは、ひげニットとこのピークパフォーマンスの薄手のフリース!!!

これはヒットでした♪




また機会があれば、赤岳鉱泉でビンゴを楽しみたいって思います♪







それから、


相方さんが山から下りて来たら風邪を引いていて、

私も移ってしまい、私は受診に行ったら、なんと初めてインフルエンザに・・・・・・

お正月明けから仕事に行けずに、家で隔離状態でした><;

相方さんも絶対にインフルエンザだと思うのですが、

絶対に病院に行かないと言い、自力で治してしまった・・・ほんとに治ったのか・・・!?





今年も、どうぞよろしくお願いします♪







ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
この記事のURL | 登山 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
雪の荒島岳登山!
- 2016/02/21(Sun) -
荒島岳登山。






相方さんが、17日(木)夜に一人出発して、

福井県大野市にある『 荒島岳 』に出掛けました。


今年は雪が少ないのと、天候と休日のとタイミングが

なかなか合わず、準備をしていた雪中キャンプも実行出

来ていなく、雪山登山をいつかいつかと狙っていたよう

です。





駐車場。ここのおトイレは使用できないので、

道の駅で一泊して、翌日朝7時半に登山開始。

雪中キャンプに用意した、ダウンパンツやダウンソック

スが、役に立ったようです。





スキー場から登山道入り口までもかなりの積雪で

1時間くらいかかったとの事。





ようやく入り口に。















スノーシューは担いで行ったのに、ずーっとアイゼンで

つぼ足状態で登った事で、想像以上の積雪で時間と体力

を使っていたので、早くからスノーシューを履いていれ

ばよかったと言っておりました。

ワカンがあると一番良いのでしょうか⁉︎








見えているのは、霊峰白山と別山!





モコモコ樹氷(((o(*゚▽゚*)o)))






モンスターがいっぱい☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆






素晴らしいの一言!










遠くに見えている頂上、あと500メートル!

ご飯も食べず、休憩もほぼ無しで、5時間登り続けて

午後1時。



頂上まで行けたとして、この場所に戻ってくるのに

往復1時間・・・そしてさらに下山の時間を考えると

登頂は無理。



今下山開始しないと真っ暗になってしまう。

あと1時間早く登っていたら、登頂出来ただろう・・・




撤退・・・





との話を、帰ってきてから聞きました!

でも、絶景を眺めながらの雪山登山、

かなりの満足度があった事と思います。





来月は北海道スノーシューの旅を計画中ですが、

山には雪がたくさんあると嬉しいです。









ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
この記事のURL | 福井 荒島岳 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
雪山からの便り...
- 2016/02/18(Thu) -
荒島岳を登山中に送られてきた写真。







少し前に相方さんから聞いていた 「 荒島岳 」。

福井県大野市にある、別名 「 大野富士 」。

1500メートルの百名山です。


北陸の方はまだまだ雪があるからと、お天気をねらって

昨日の夜から相方さんが一人で出発して、

本日朝早くから登山開始。



この写真と一緒に、

「雪ありすぎー!!!  途中撤退><; 」

とのこと。


また、帰ってきたら報告します。







ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
この記事のURL | 登山 | CM(14) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ