三国峠からタウシュベツ橋梁~鹿追~オソウシ温泉へ!北海道・紅葉登山と旅♪最終話
- 2017/10/16(Mon) -
カントリーファーム風景さんのスローバーガー♪(鹿追町)







9月22日、層雲峡までシャトルバスで来て、一旦テント場まで車を走らせ、


本日のキャンプの受付を済ませてから、また「黒岳の湯」へ。


長時間の山行の疲れを取るために、ゆったりまったりお湯に浸かって


温泉を楽しみました。


出てきたらもう真っ暗・・・セコマで買い物をして、急いでキャンプ場へ。


前日よりは少し風があるものの、気温は低くなくてちょうどよい気温。


また同じような食事で、大雪山登山の反省会~


そして、翌日最終日の計画について。


大幅に変更になった今回の日程で、最終日は朝早くテントを撤収して


東雲湖をトレッキング、ナキウサギを見に行く計画でした。


ところが、すでに銀泉台で幸運にもナキウサギを見ることが出来て、


相方さん、すんなり 「 もうナキウサギ見たで、東雲湖は行かんでもええな。」とあっさり~><;


三大秘湖でもある東雲湖だから、行ってみたいのだけれど、


今日16キロも歩き続けたこともあり、なんなく計画はお流れとなりました・・・


ということで、相方さんのメインイベントだった大雪山登山が終わって、


ゆっくりまったりと千歳に向かって帰ることになりました。



23日朝。


早起きして、キャンプ場でまったり~♪


fc2blog_20171016172703005.jpg


まだまだたくさんいただいた薪があるので、朝から焚火♪




今日もお天気♪






お隣は、ソロで一か月くらい北海道を旅しておられるご老人のテント。




朝ご飯を食べて、


二日間お世話になったテントを撤収。


いつもはバイクのリアバッグに詰めるだけだけれど、


今回は二つのスーツケースに上手に入れないと収まらないため、


どうやって収納してきたのか思い出しながらの撤収作業><;


スーツケースは一個20キロまでであれば無料。


行きは自宅のヘルスメーターでちゃんと測って来たけれど、


帰りはそんなものはないし、空港カウンターで預ける時にオーバーした時に


なんとかするしかない。


相方さんが持った感触でなんとか二つとも均等に20キロ以内と言う。


レンタカーにスーツケース二つとザック二つを入れ、


9時過ぎに層雲峡を出発。



目指すは糠平。




でも、あんなに晴れてたのに、三国峠まで来たら真っ白~><;






これ、あの赤い橋も紅葉も全然見えないんじゃないの!?



って、思ってたんだけど、



車を降りて、歩いて橋の見えるところまで行ったら、



なんと、何とか見えました~!!



晴れてたらさぞかし紅葉が綺麗だったと思います。








幌加まで降りてきたら、だんだんと霧もなくなりました。










今年の2月に来た 「 三股山荘 」 さん。






今回もお邪魔する予定だったのですが、


計画変更で、今回は写真を撮るだけで、残念ですが次回まで持ち越しです。


でも、この時期に来ると素晴らしい紅葉が見れると教えて下さったのが、


三股山荘のオーナーさんなんです。


ありがとうございました♪





そして、すこーし小雨が降ってきたのですが、


やっとゆっくりと歩くことができると、やって来たのが 


「 旧幌加駅 」 です。 いつも時間に押されて、通り過ぎるばかりでした・・・



fc2blog_201710162020208a9.jpg









何とも言えないこの哀愁漂う空間が好きです。




fc2blog_20171015170643097.jpg




線路が途切れてる・・・









ずーっと線路跡が続いていて、またこの上に雪が降り積もって、スノーシューで歩きたいなぁ・・・










そして、また会いに来ました。






タウシュベツ橋梁。









予定が変更しなければ、上士幌の自治体でカギを借りて、普段は通行止めの林道の門を開けて


この橋の際まで来ていたのですが・・・







お天気は悪いですが、反対に幻想的なメガネ橋になってる時期に来れて


良かったです。



今年はニュースになったせいか、少しにぎわっていたような気がします。



糠平を後にして、


士幌の道の駅が新しくなっていたので、少し寄ってみました。





イベントが開催されていて、とってもにぎわっていました~





さぁ、ランチを食べに行きますよ~!!



と、また同じお店ばかりなんですけど、



鹿追町の 「 ファームレストラン 風景 」 さん。













やっぱり、スローバーガーセット♪



美味しい~♪



そして、こちらも~



やっぱり最高♪



帰りにこのトウモロコシ買おうと思ってて忘れて帰っちゃった><;






牧場の周りはトウモロコシ畑がいっぱいで、ちょうど収穫の時期でした♪






最後のミッション!!


トムラウシの方へ走ると、途中に 「 オソウシ温泉 」 あるとのこと。


どんな温泉かわからないけど、秘湯の雰囲気漂う温泉だから予定に入れてました。








7キロもの林道を走って~





ようやく建物が見えましたよ!





わんこが出迎えてくれました♪





源泉かけ流しで、お湯が美容液みたいにトロットロなんです!!



こんな温泉が近くにあったらなぁ~



帰りにまた看板犬と記念撮影♪


後から知ったんだけど、この秋田犬は 「 ケン 」 君だったかな?







とってもいい温泉を堪能して、


千歳へと向かいました。


21時半の飛行機で、たっぷり時間があるのですが、


なにせお天気が悪い・・・


それに日が落ちるのも早いし、早いとこレンタカーを返して、


空港でまたラーメンでも食べてゆっくしよ♪







そうそう、スーツケースを預ける時に

ドキドキしながら乗せたら、なんと19.8キロでした!

あと200グラムで20キロ。あぶなーい><;





そんなこんなで、紅葉の北の大地を楽しんだ4日間でした。







ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | 北海道 大雪山(黒岳~赤岳縦走) | CM(10) | TB(0) | ▲ top
大雪山・赤岳から銀泉台の紅葉・ナキウサギとの出逢い~北海道・紅葉登山と旅!④
- 2017/10/15(Sun) -
銀泉台の紅葉。









9月22日、夏日のような大雪山を登山しました!


北海岳を11時に出発。


これからはしばらくなだらかな稜線歩き。


ここで少しでもタイムロスを縮めようと


少し早歩き。でもまだ登りが控えてるから、


バテない程度に~~






右奥に見えるは、白雲岳。


その左横の稜線に出て、赤岳に向かいます。





烏帽子岳の右手にある、ポチっとした所が


どうも赤岳とのことなんですが、


どうも稜線上にあるようで、あまり登りがない?


まだよくわかりません。








まずは白雲岳との分岐点まで歩きます。




楽しい稜線歩き!


午後からでも青空は続き、風もなくとても爽やか!








そして、また少し登りがあって、



白雲岳との分岐点に到着~~(*^◯^*)

ちょうど12時、コースタイム通りに歩いて来れました。


赤岳までは、稜線を2キロ。45分。

















歩く前方には~~⁉︎





見えましたぁ!



烏帽子岳の右側にある、こんもりした所が

赤岳の頂上!



あそこまで頑張れば、あとは下り!



なんとか、最終のバスには間に合う安心感が~~







この稜線歩きが一番楽しかったのを


思い出します。



そして、白雲岳分岐点から赤岳のコースタイムは


遅れることなく12時35分に登頂!



fc2blog_20171014124648ef9.jpg









赤岳でようやく帰りのバスの目処が立った事で、

黒岳からずーっとヘタレな私を奮い立たせて

来てくれた相方さんもホッとして、


満タンになってるサーモスのお湯でコーヒーを


飲むことに。






とにかく良かった、良かった。


今まででもバテない登りはなかったけれど、

こんなにハラハラする登山はなかったのでは

ないかと言うくらいに、赤岳までの稜線を

見た時には、安堵感でいっぱいでした!





ところで、私が背負ってきたこのザックは、冬用なんです。

持っているザックは、25ℓ・55ℓで、その中間がなくて、この冬用で良いかと思ったのですが、

やはり、背中に空間がないので暑くて仕方ありませんでした。

35ℓか40ℓくらいのザックが欲しいな~





20分くらい休憩したでしょうか。

これからまだコースタイム1時間40分の下りが待っています。

早く下りて3時のバスに乗りたい相方さんですが、私がいる限りその時間は無理・・・

3時半のバスに乗れればいい方か・・・


赤岳からは激下り・・・

疲れた足で下るから、転倒や怪我は下りに多いと言いますから、

注意に注意を払って、確実に足元を固めて下りました。





この岩場あたりで、ナキウサギの鳴き声だけが聞こえてきます。

北海道にだけ生息する、岩場に住んでいて、なかなか見れないというナキウサギ。


実は、ナキウサギが見れるかもしれないと翌日に東雲湖トレッキングを予定していました。

見れたらラッキーだけど、望遠カメラを持っていないから、

写真は難しいです。












あんなところから下りてきたんだ・・・






そして、14時。ようやくコマクサ平に。

コースタイム40分ですが、ゴロゴロ石の下りで時間を取ってしまい、一時間かかりました。










そして、高度が下がるほどに紅葉が鮮やかに~~





ここが銀泉台と言われる紅葉の名所なんですね!

さすが、素晴らしい色です!






そして、シャトルバスが走る林道が見えてきたぁ!








そしたらば、


バズーカみたいな望遠レンズの付いたカメラを三脚に付けて、

しきりにシャッターを押してるカメラマンさんたち。



最初は、紅葉の写真かなぁと思ってたのですが、


耳を済ますと、ナキウサギの甲高い声がします。




そして、ほらほら!


肉眼でもしっかりと見えました!


こんな写真だからわかりにくいですが。






もう何枚撮ったかわかりませんが、こんな小さな写真ばかり(//∇//)



この写真にもナキウサギ映ってるんですけどね・・・





お一人、男性が動画も撮っていらっしゃって、


YouTubeにアップするから見てくださいと教えていただき、


その動画をパソコンから撮った写真がこちら!






ナキウサギは、警戒心がとても強く、

なかなか姿を見せないと聞いていたので、

この目で実物が見れて、とてもラッキーでした!




15時のバスに乗ると急いでいましたが、ここでもう14時35分。

走らないと間に合わない事がわかったので、

少しでもナキウサギの見れる場所でゆっくりし、


3時半のバスに間に合うように下ります。







ちょうどこの辺りが一番紅葉が美しく、


その色づいた樹々の中を歩けて幸せ~(*^◯^*)























15時。ようやく赤岳登山口まで下りてきました。





ここからすぐにシャトルバスに乗れると思っていたのですが、


まだここから歩いても歩いてもバス停がなくて、


結局林道を25分くらい歩いて、15時半のバスが出発直前に到着。


相方さんも、登山口からバス停までの距離を見逃していたとのこと。


下山届を急いで記入して、バスに乗り込みましたー!


ほぼ満席でしたが、

二人がけ用が二つ空いてて、一人づつ座り、隣の席にザックを置いて、

しばらくは窓の外の紅葉を楽しんでいたのですが、

疲れと安堵からか、ザックを枕にして寝てしまいました。



本日の行程を振り返ると、


朝4時半に起きて、6時50分から7合目より登山開始、

8時20分に黒岳登頂、10時50分に北海岳登頂、

12時35分に赤岳登頂!

15時半銀泉台まで下り、バスで層雲峡まで。


合計8時間半、16キロを歩いて、

ようやく大雪山黒岳から赤岳縦走が終わりました。




たぶん、今まで歩いた中で最も心に残る登山になったと思います!


来年も来れたら、チングルマ咲き乱れる夏に登りたいなぁ!








葉っぱを加えて、冬の準備をしているナキウサギさん。


本当に可愛かったです!









つづく・・・









ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
この記事のURL | 北海道 大雪山(黒岳~赤岳縦走) | CM(6) | TB(0) | ▲ top
素晴らしき大雪山~黒岳から北海岳へ~北海道紅葉登山と旅!③
- 2017/10/11(Wed) -
黒岳頂上より~





9月22日(金)。

朝5時半にキャンプ場を出発して、黒岳ロープウェイ乗り場に到着したのが6時前。

始発の6時に乗りたかったのだけれど、すでにたくさんの人が並んでいたので、

次の10分発に乗りました。





7分ほどでロープウェイを降ります。







次に、リフト乗り場へ。

歩いていくと、急にあの写真でしか見たことのない黒岳がドーンと~!!

すごーい!!





もう10日早ければ、この絶壁が煌々と赤く美しかったとのこと。

ちょっと遅かったですが、それでも素晴らしいお天気の下を歩くことが出来ます。


チケットを購入して~




リフトに乗りました~!足元にはチングルマの綿毛がいっぱい~





だんだんと黒岳が迫ってきました~





そして、7合目に到着。




少し撮影をして、6時50分に7合目から登山開始です。

黒岳のコースタイム、1時間10分。ちょうど8時に着けば問題ないけど、どうなることか・・・




けっこうゴロゴロの大きな石を登ってくんだ・・・




台風が去った後の黒岳登山道は、まだまだぬかるみや水たまりが残ってて

選びながら登ってるからけっこう時間がかかってしまって・・・





せっかく持ってきたゲーターをキャンプ場に置いてきてしまって・・・

パンツの裾が泥で汚れてしまいますよね・・・






9合目を過ぎて、マネキ岩に到着~






人の横顔に見えるね♪





台風の前は、めちゃくちゃ綺麗だったようですが、雨風で葉っぱがほとんど落ちてしまったとのこと。






まだまだ元気~




最後の急な石段を登れば~





うわぁ~♪


別の星に来たような~





黒岳登頂♪




しか~し、登頂タイム8時半。コースタイムより30分遅れ・・・やばい・・・


今回のコースは、黒岳から赤岳縦走、銀泉台へ降りてシャトルバスで層雲峡に戻るコース。

シャトルバスの最終便は16時。間に合わせなければタクシーなどの公共機関を使って

かなり高額料金で帰ることに・・・

コースタイムをどこかで巻き返せば良いのですが、果たして私がそうできるのか・・・

だんだんと緊張・不安が・・・


まだこの時点ではそう心配もせずに、この雄大な景色を楽しみながら進みました。

初めての縦走~

ずーっと平坦な道が見えてて、なんだか嬉しくて安心♪






fc2blog_20171010182021d2a.jpg



20分ほど歩くと、黒岳石室に到着。(写真撮るのをすっかり忘れていました。)


最後のトイレ休憩をして、記念にTシャツを購入。


北海岳に行きます。コースタイム1時間40分。9時10分出発だったので、11時着予定。

石室でちょっとゆっくりしすぎてしまいました><;







今から歩くコースはこうです。




パソコンを写したものですが。









壮大な自然の中、平坦な道はちょっとがんばって歩きます。











まだこの時はまったく分かっていないのですが、

あの右端のまーるいお山まで登るとは思っておらず・・・

下りの道を喜んで歩いております(笑)





綺麗なチングルマの綿毛の群衆~








この縦走では、渡渉が三回あると聞いていました。

その赤石川に来ました。


一本目は、かなり流れが早くて、注意して渡ります。




水量が多いのは、台風のせいでしょうか・・・



二本目は、丸太橋が架けられていたので安心。









三本目は、一番小さくて問題なし。






ここら辺に来て、どの山が北海岳なのか心配に。


真ん前の黒い絶壁の山だったら無理なんじゃない!?


そして、また降りてまた登る?


不安がどんどん大きくなってきて、バスの時間に私の足では間に合う訳がない(//∇//)


後ろを振り返っても、かなり歩いてきているので


登山道も見えないし、あの石室から黒岳もかなり急だったし~~


頭の中が登山道でグルグルしてきて、立ち止まって先を見上げて、


悲壮感たっぷりの顔をしていたら、


相方さんが、


「 戻るなら今しかないで。これ以上歩いても、今度は引き返すのに時間がかかるし。」 と言う。


北海道に来て初めての縦走!


途中でやめたら、絶対に後悔してしまう。


とにかく前に進むしかない!



と、あの絶壁の下を巻いて、稜線に出て北海岳まで~










大きな雪渓の横を歩いて~











どんどんと急になって、だんだん息があがり、


相方さんも辛かったのか、ここら辺の写真はありません。


絶壁の下を巻いて歩き、ようやく稜線へ。








この急登が一番つらかったぁ・・・







後ろを振り返ると、登って来た道がずーっと見えてます!


左側が絶壁の黒岳が遠くに、大きな雪渓があんなに小さく。






登って来て良かったぁ! 



この壮大な大雪山と登れた事に感動!





北海岳の頂上が見えています。あと一踏ん張り!











先を行く相方さんがどんどん小さくなる。







そして、ようやく北海岳に。




後ろに見えているのは、烏帽子岳。


実は、あの山が最後に登る赤岳なのかと思っていて、

そうだとしたら、登りも下りも大変なんじゃない!?って心配だったんだけど、

すれ違う登山者とあいさつを交わして、少し話をした時に聞いてみたらば、

あの山は登山道はないよ。と教えてくださいました。

ホッとしました(笑)




北海岳。


コースタイムでは11時到着予定でしたが、


10時50分に登頂♪





お昼ご飯用にカップヌードルとおにぎりを持って来たので、ここでゆっくりと食べたいところですが、


赤岳まではなんとか早く登頂したかったので、立ちながらおにぎりだけ食べて先を急ぐことになりました。



あんなに歩いて来たのに、あまりお腹が空いていなく


おにぎりは大きくて、半分も食べれず、


相方さんに食べてもらおうと思って渡したら、


「 食べやんとバテるぞ!」 と言われて、なんとかほおばりました。


思いのほか夏日のような暑さで、


お水を一人1リットルしか持って来ず、失敗しました。



もっと寒いと思っていたので(//∇//)


大事に飲まなくちゃ!





北海岳を急いで通過したので、全然写真が無くて・・・





5分くらいでご飯食べて、また出発!


赤岳まではがんばらなくちゃ!!




相方さんのザックには、軽くなるはずのポットが・・・


900mlのお湯がそのまま入って背負うことに。




真っすぐに遠くまで続いている登山道~



遥か彼方に見えてる稜線まで歩きます。







なんとか、バスに間に合うように・・・








次は、白雲岳との分岐点まで、約1時間とのこと。




このなだらかな道で、ちょっとでも巻き返せるようにがんばろ!!






つづく。






ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
この記事のURL | 北海道 大雪山(黒岳~赤岳縦走) | CM(14) | TB(0) | ▲ top
層雲峡オートキャンプ場と心温まるお話~北海道・紅葉登山と旅②
- 2017/09/30(Sat) -
層雲峡オートキャンプ場。





常呂のカフェを13時頃に出発し、後ろ髪を引かれる思いで層雲峡へと急ぎました。


できれば16時までにはキャンプ場に着きたいと車を走らせます。


利用するキャンプ場では薪を販売していないとの事で


廃材とか落ちている樹々とかで使えるものがあれば


無料で利用できますが・・・言っていただきました。


途中、北見あたりで調達していこうとお店を探しますが、どこも販売してません。


これは困ったーー(//∇//)と、


通り道にあるキャンプ場に問い合わせても置いてないとの事で、


電話に出た方にどこかに売ってませんか?なんて聞いてみたら、


「お役に立てないかもしれないけれど、調べて連絡します。」との事。


なんて親切なー(*^◯^*)


お言葉に甘えて電話を待つと、掛けてきてくださいました。


でも、やはりどこも販売していないとのお返事でした。


どうやら、寒い土地では家庭で薪木を用意しているとの事。一冬で沢山必要とするから、それはそうですよね。


でも、大変困りました。暖をとる物がないのです。


こうなったら、薪がいっぱい積んであるお家に飛び込んで、少し分けていただけないか尋ねるしかないね。と


走りながら探しますが、なかなかありません。


そして、一軒玄関先にたーくさん積んである薪を発見。


商売されてるお家のようで、なんとか分けてもらえるよう玄関をピンポーン。


奥さんが出てこられて、


『すみません。通りがかりのものですが、キャンプに使う薪を探していまして、


玄関先に沢山置かれていたので少し分けていただければありがたいのですが~』


と聞いてみたらば、


そっけなく、家庭用に使っているのでごめんなさいと


断られてしまいました。


仕方ないですよね。


図々しい話ですからね。



どうしようか?と悩みながら車を走らせて、留辺蘂でガソリンを補給。


スタンドの一番長老の男性に


どこか、薪を分けてくれるところがないか聞いてみると


う~ん・・・と、すごく考えて下さってたのですが、やはり無いとの事。


でも、スタンドを出発する前に、


「もう少し走ったところの右側の三角屋根の家で、○○工務店さんがあるんだけれど、


廃材とかも扱っていて、以前は一束いくらとかで置いてたこともあるから、


一度聞いてみるといいかもしれないですよ!」


と教えてくださいました♪


これは、最後のチャンスかもしれないから~と行ってみると、


大きなお家が見えてきました!





あった、あった、〇〇工務店さん♪


家の前に車を止めて、勇気を出して玄関をピンポンします。


シーン・・・・・・


玄関空いてるけどなぁ・・・


何やら右側の奥の方で音がする・・・と家の横の資材置き場のようなところに歩いていくと~


ちょうど私たちの両親より少しお若い感じのご夫婦が、


座って作業をしていらっしゃいました。


突然、知らない者が現れて、最初は驚かれていたんですけれど、


「キャンプに使う薪を探していまして、ひょっとしてこちらの工務店さんにあるかもしれないからと

ガソリンスタンドの方に聞いてきまして、もしあれば分けていただきたいんですが。」


と、お父さんに話すと、


ひょいっと立って、優しい笑顔で「ある、ある。こんなのでええかな?」って、


廃材のいっぱい入っている白い大きな袋を開けてくださいました。





「こんなんでよかったら、ええだけ持ってきなさい」


お母さんも、「これ着火剤になるから使うといいよ!」と白樺の大きな木の皮を2枚ほど持ってきてくれて、


雁皮って教えていただいたんですけど、知らなくって><;


廃材を入れる大きな袋もいただいて~


どこから来たの?って聞かれて、三重県の四日市ですって言うと、


お父さんが「あの工業地帯やな!私は二年前に旅行で伊勢神宮に行って、鳥羽に泊まったわ!」って


そして、二袋分の廃材をいただき、


1000円だけど渡そうと話してたら、「お金はいらんよ!捨てるものやでな」と~


おまけに、ちょうど玉ねぎの収穫で作業をされていたところだったので、


「玉ねぎ持ってかんか?無農薬で美味しいよ~!この紫のは生でも美味しいで!」


と、網の袋にいっぱい入れてくださって~


見ず知らずのものにこんなに優しくして頂いて、びっくりなのと感謝の二つ。


とっても心温まって、心が豊かになって、キャンプ場に向かったのでした♪



でも、予定より30分遅れの到着。

急いで受付して~




住所を見て、管理人さんも三重県の尾鷲市出身で、またまた盛り上がっちゃいました♪





設営場所を選んで~










おトイレは二箇所、和式と水洗があるとの事。

こちらの水洗の方を選んで、その近くに。






こちらがいただいた廃材!



この雁皮がすごーい着火剤の代わりなって、びっくりでした!!





そして、玉ねぎさんたち(*^◯^*)




車のスーツケースを開けて、キャンプ道具を運んで


急いで設営して、暗くならないうちに出掛けます。







層雲峡温泉からは少し離れてるキャンプ場。

車で5分ほど走って、黒岳の湯へ。

キャンプ場で割引券がいただけたので~



源泉かけ流しで、とってもいいお湯でした~



お風呂から出て来たら、もう薄暗くなっていて、

近くのセコマで買い物をしてキャンプ場へと戻ります。



相方さんのお酒~




道東の常呂のスーパーで買ってきた、地元産のホタテのお刺身~!!




ちょこっとだけ写ってるのが、いただいた紫玉ねぎのスライス~♪


そして、ホッケの干物~ナイフで半分に切って焼きました。



でも、めちゃくちゃ油が落ちて、バーナーのお掃除が大変でした・・・



保冷剤を買って、スーパーに置いてある段ボールをいただいて、

ホタテとホッケを冷蔵して持ってきた甲斐あって、とっても美味しくいただけました♪



そんなに寒くなかったけど、やっぱり火があると嬉しいです。




焚火をしながら、この薪をいただいたお父さんとお母さん談義をして過ごしました・・・





でも、明日は大雪山登山。

6時のロープウェイには乗らないといけないので、4時半起きです。

私はもう早く寝ました・・・



夜中、少し寒くって目が覚めたことを覚えています。




でも、22日の朝は晴天!!


5時半には出発できるように準備。


レンタカーには落ち葉がいっぱい乗ってる~





一日キャンプ場を留守にします。







つづく・・・






ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
この記事のURL | 北海道 大雪山(黒岳~赤岳縦走) | CM(14) | TB(0) | ▲ top
帯広から能取湖へ~北海道・紅葉登山と旅!
- 2017/09/28(Thu) -
能取湖のサンゴ草。









9月20日から23日までの4日間を北海道で過ごし、

日本で一番早い紅葉を楽しんできました。


5回連続で毎年行っていたバイクツーリングが途絶えてしまい、バイクじゃなくてもなんとか北海道に行きたいと思っていたのです。


そして、初めて行く秋の北海道。


大雪山登山が素晴らしいと相方さんが言うので、

その時期に合わせて休みを調整。



ところが、頂上の紅葉はもっと早くて

すでに落葉でした。



そして、出発前に台風に見舞われて、

計画していた経路が落石で通行止め~






でも、出発日にはすでに解除されてホッ。



3泊のうち、一泊目は夕刻に到着な為にビジホへ。

後の2泊はテン泊~~(*^◯^*)


だから、スーツケース2個にはキャンプ道具一式。

ずーと登山靴では辛い為、シューズも持って。


そして、35ℓのザックにも着替えや登山の冬装備を

入れて~




13時半の飛行機で千歳へ。


LCCでもサービスが良くて、ホットコーヒーとチョコを

いただきましたよ!






千歳からは、レンタカーを借りて帯広のビジホまで。


実は2日目に登山を予定していたので、旭川のビジホを

予約していたのですが、相方さん調べによると

3日目の方が天気が良いとのことで、キャンセル料の発生しない出発2日前に計画変更。

2日目にどこに行くかをなんやかんやと話し合って、

急遽ホテルを帯広に変更!

焦りました~~(//∇//)



てな訳で、大好きなジンギスカンも食べることができ、

初日から満足満足(*^◯^*)




でも、18時前に到着したら、すでに満席で~


次々とお客さんが来て、順番待ちー。

私たちは15分くらいで席につけました。



やっぱり最高に美味しくて、二人で4人前食べましたよ!






初日には100均でガス缶を購入。

そして、やっぱり忘れ物がありました。

スマホを車で充電するシガソケット、キャンプで使うライター。

あと、登山用のソックスしか持って来なかったので、普通の靴下~!

これらも全部100均で購入!




2日目の朝。


予定では、上士幌森林局で鍵を借りて、タウシュベツ橋梁の近くまで林道を走って見学に行く予定でした。


でも、台風で水嵩がさらに増して、まだ湖も濁水と

なっている様子をネット知って、


残念ですが、行き先をまた急遽変更。

相方さんが、能取湖のサンゴ草が今ええらしいで!と

言うので、網走観光局に電話で確認したら、

見頃とのこと。能取湖までは3時間、日帰りでも行けなくはないからと、道東まで走ることにー!

やったー!大好きな道東(*^◯^*)


でも、だからと言って、翌日は何が何でも絶対登山なので、

知床には寄ってはいけませんでした(//∇//)



足寄までの国道は、初めて走る陸別国道。


途中、丹頂鶴に遭遇‼️








車を止めて、そーっと近づいて行ったのですが、

飛んで行ってしまい、遠くからの写真しかなく。




バイクだといつも寄る足寄の道の駅も通過。


でも、松山千春さんのご実家、私は行ったことなくて、

グーグルで調べたらすぐ近くだってので、

寄らせていただき、記念撮影させていただきました!






ちなみに、相方さんがバス旅行で昭和58年に訪れた松山千春さんのお家。

fc2blog_201709280012093f4.jpg

こんな風だったんだね。少し色あせたけど、いい感じです♪



そして、ナビにチミケップ湖が現れて、寄ってみることにしました!


fc2blog_201709280018205bf.jpg


最初だけ舗装、すぐにダートになって、大きな水たまりをいくつか走って~




紅葉を楽しみ~







さらに美しい湖を楽しみにしていたのですが・・・・・・・・・



なんと、



通行止めー><;







ネットで北海道の通行止め情報を見ておけばよかったのですが・・・

残念無念・・・

北見の方からの道からは行けるそうですが、能取湖からの帰りに寄る時間はなく、

今回は見送りとなりました><;



9月だけど、菜の花畑もあって、とっても綺麗♪






この日は、道東は朝9時まで雨、その後曇りで午後から晴れてくるとの予報でしたが、

近づくほどに青空が見えてきて、

能取湖に到着した時には、素晴らしい青空の下でサンゴ草を見ることが出来ました。
















そして、もう一か所、サロマ湖にもサンゴ草群があるとのことで行ってみましたよ。


こちらの方は、能取湖のような広さではありませんでしたが、

一時期、サンゴ草地がかなり縮小してしまったそうですが、また復活してよかったです~


またたくさん咲くといいですね。





遊歩道を散策~青空の下、とっても気持ちいいです♪






ハマナスの実もたくさん!










ランチは、常呂にあるオホーツク海沿いにあるカフェに決めていました。


「 しゃべりたい 」 さん。



海辺のお店の雰囲気いっぱいで素敵です。



カーリングの映画でロケ地になったお店とのこと。

相方さん調べです♪









おすすめのチキンカツカレーとホタテフライカレーをいただきました♪






今回の旅で、まさかオホーツク海が見れるとは思ってもおらず、

とっても得した気分♪








自由気ままな旅って、やっぱりおもしろいですね♪




さぁ、キャンプ場へと走ります!!





つづく・・・






ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
この記事のURL | 北海道 大雪山(黒岳~赤岳縦走) | CM(12) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ