2016.北海道ツーリング!最終話~ナイタイ高原・十勝牧場~そして苫小牧へ
- 2016/09/17(Sat) -
上士幌キャンプ場での朝。








北海道、最後の朝もとってもお天気。

朝ご飯を食べて、テントを撤収する前にちょっと走りに行きます。


近くで、シューシュー・ボーッ・ボーッって音が聞こえるので、きっとお隣の広場で

気球を飛ばそうとしているのかなって、見に行ってみると~

なんと、もう空気を抜いてバルーンがしぼんでしまっていました・・・



後で聞いてみると、風のない早朝に飛ばすそうで、7時から8時って決まっていたそうです。

残念・・・もう少し早く見に来ればよかったぁ・・・><;



そして、またバイクに乗って走りました。

気持ちいい~♪






到着したのが、ナイタイ高原です♪




懐かしい~!!


いつだったかの嵐の時に、売店の屋根が吹っ飛んでしまったとのことで、

仮のお店が建っていましたよ。

でも、まだ早い時間だったから、オープンもしていません・・・







北海道を感じる場所ですよね♪







ウシさんと目が合ったぁ!!









ナイタイ高原で少し過ごした後、テントを撤収するためにキャンプ場に戻ります。


そして、涼しい木陰で荷物を積むために、テント場からかなり遠い場所にバイクを停めて

リヤカーでえっちらほっちらと運びます。


fc2blog_20160916225637d42.jpg


日陰でよかったぁ!!暑いのなんのって・・・





荷物をバイクに積んだら、思い出のキャンプ場を出発。


帯広方面へと南下し、フラットダートを走って、十勝牧場へ。




春来た時には、まだ通行止めだった展望台に来れました。


なんと、ウシさんじゃなくって馬さんたちの大群です。

あんなにたくさんの馬を見たのは初めてかも・・・・・










古い農機具がオブジェになっていました。

















そして、またこの白樺並木を走りました。






北海道最後の昼食は、やっぱり 「 ジンギスカン 」 です♪

帯広のたくさんのお店の中、「北海道」さんに再び行ったのですが、なんとお昼は臨時休業・・・

思い出したのが、「有楽町」さん。

ぼんぼんさん、masaさんお勧めのお店まで、また8キロほど走って、午後1時半に到着。





地元のお客さんでとてもにぎわってましたが、お座敷に座ることが出来ました。


ジンギスカンは一種類で、あとはホルモンでした。お値段見てびっくり!!

とってもお値打ち~^^/





3人前頼んだら、なんとすごい量が出てきてびっくり!!

全部食べれるかなぁ・・・




と心配することなく、とっても美味しくてさっぱり味、二人でペロリと食べてしまいました。




地元の方は、ジンギスカンのプレートの横にホルモンとうどんの組み合わせで注文して

食べてたので、ホルモン苦手の私ですが、きっと美味しいんだろうなって、食べてくればよかったと思いました。


有楽町さんを出たのが午後2時半。

苫小牧にはまだまだ向かうのは早すぎるので、どこに行こうかと地図で探して、

向かったのが、さらに帯広市を南下したところにある 「 八千代牧場 」の

カウベルハウス。




牧場で作られた美味しいソフトクリームが有名とのこと。

噂通りの美味しさ♪   でも、お客さんがとても少なくて穴場的な牧場なのかな・・・




午後3時。

そろそろ、苫小牧方面に走ることに。

あっという間の北海道ツーリングが終わろうとしています。



行きは日勝国道を走ってきたので、中札内からさらに南下して山中を走って太平洋側に

出ようかとも考えていましたが、距離を調べたらかなりの時間がかかりそうなので、

やはりまた日勝国道を走ることにしました。






こちらが、初めての北海道ツーリングの時の日勝峠の写真です。

看板が木目です。白く塗られたのかなぁ・・・懐かしいです♪


P1030932_convert_20110904150916.jpg



この日勝国道も、一週間後の台風の影響で橋が寸断されて、通行止めとなってしまいました・・・

そんなことは想像もできないくらいにお天気だったのに・・・と思うと自然の恐ろしさを感じます・・・




そして、また同じ道の駅で休憩をして、午後7時にようやく鵡川の道の駅に到着。

無時に苫小牧の近くまで戻ってきました。




ここで夕食をいただき、温泉に入って、ゆっくりしてからフェリーターミナルへ。



この日は10日。

翌日からはお盆料金でフェリー代金がグッと高くなるせいか、私たちみたいに安い時に帰ろうと

考えているお客さんもきっといるはず、バイクもとっても多いです。

あのバイク置き場に全部入るのかなぁと思うくらいの台数~

早めに並んでいたので、フェリーに乗り込んだら早々に部屋に荷物を置いたら、

相方さんはお酒の時間~


そして、翌日はまたビンゴゲームに参加、今回は二人とも何も揃わず・・・

でも、その後の持て余している時間にクイズラリーに参加して、解答用紙の最後コメント欄に

たくさん書くと景品が当たる確率が高いんだと言って、筆不精の相方さんがめずらしく

せっせせっせと書いていました。

負けじと私もフェリーで北海道ツーリングに行くのがとても楽しみなんだということを書いて

応募箱に入れて、午後からの抽選発表を見に行ったところ・・・


50名くらいの正解者の中から、5名しか景品が当たらないのに、なんと二人とも当選していたのです♪

やっぱり、いっぱいコメント欄に感想を書いたからかしら・・・


景品は、こちらのフェリーの箱に入ったアメちゃん!!

売店で600円で販売してました♪



わざわざ、デッキまで出て記念撮影したのだぁ(笑)





そして、日本海に沈む夕陽を見て~






夜8時半、敦賀に到着。

準備をして、下船です。




今年は、旭川で夜間に雨が降りましたが、

すべての行程で、カッパを着ることなく旅を楽しむことができました。


今までで一番の晴天の下、ツーリングが出来たことをとてもラッキーに思い、

思い出深い北の大地の旅となりました。



そして、初めて4本揃ったフラッグ!!

今年は、こんなデザインでしたよ♪










また大きな台風がこちらに向かってきています。

なんとか、被害が無いことを願うばかりです・・・







ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
この記事のURL | 2016.北海道ツーリング | CM(12) | TB(0) | ▲ top
2016.北海道ツーリング!⑦~女満別・網走から三国峠、そして最後のキャンプ場へ
- 2016/09/09(Fri) -
メルヘンの丘。









8月8日(月)、知床野営場で朝を迎えて~

朝5時に起きて、5時半に朝食。




そして、頑張ってテントを撤収して、7時半には出発。


知床半島とお別れをして、斜里方面へと走ります。



斜里岳をバックに~




この日は、道東は午前中は晴れですが、午後から崩れるとのことで、風がかなり強く、

バイクが対向車線の方に流されていくので、それを阻止するのに必死でハンドル操作。



網走に行く途中に、浜小清水の道の駅で休憩。


まだ朝早かったので、観光客の人もほとんどいませんでしたが、

一台の三重ナンバーの車を見つけて、

ちらっと運転席を覗いてみると、日に焼けたお父さんが一人で~

思い切って声をかけて、挨拶をすると、

車から降りてきてくださり、旅談義が始まりました♪



自営業を引退されて、夏は北海道、冬は沖縄へと、毎年車で旅をされているとのこと。

車は、ご自分で改造されて、ソーラーが付いていて、テレビも見れて冷蔵庫もあって、

ティファールでお湯もすぐに沸いて、走るビジネスホテル状態となっていました~♪

70歳とは思えないほどの若々しい方で、私たちにコーヒーを入れて下さって、

とっても優しい方でした♪






展望台に登ってみると、オホーツク海は真っ青♪

走ってきた知床半島は、残念ながら霞んでます・・・



能取の方はくっきりです♪




ユリやハマナスもたくさん~







そして、初めて来る網走監獄博物館。





この日も、北海道と思えないくらいの暑さで、

監獄って一つだけですぐに見終わるのかと思っていたら、とっても広くていろんな施設が

復元されていたり、移築されていたりで、びっくりするのと予想遥かに素晴らしいものでした。


全部見て回るとかなりの時間がかかりそう、暑がりの相方さんは、炎天下を歩くのが嫌で、

足早に次の施設へと急ぎ、ペットボトルのお茶を持ち歩きながらの観光でした。








そして、ようやくメインの五翼放射状房へ。




中央見張り所からは、すべての廊下が見渡せるようになっていました。








こうやって脱獄を図ろうとしたんだそうです・・・





レンガ造りの独居房。




自然を楽しむのも感動ですが、こうやって建造物を観光するのもいいものですね。


網走監獄を見学した後、呼人にあるカフェでランチをしました。


「 カフェ ロッジ 」 さん。







fc2blog_20160909192904b5a.jpg



パスタをいただきました~♪








そして、女満別を走り、おなじみのメルヘンの丘でやっぱり止まります。




今回は、未舗装路を丘の方へと走って、違う角度で木々を見てみました。




今年のホクレンのフォトコンテストはバイクと農場というテーマだったので、

コンテストに出す写真が撮れないかといい場所を探していたのですが、

ここで、いい写真が撮れそうだと思い、バイクを並べて撮ろうとすると、デカいダンプカーが

走ってきて、バイクを移動しては又元の位置に戻して・・・と、砂利道を何回も・・・

大変な労働となり、自分たちもバイクもホコリまるけになりました><;


でも、この風景はやっぱりいつ見ても北海道を感じて、いいものです♪




撮れた写真がこれなんですけどね・・・



普通の写真です・・・(笑)




そして、女満別で給油をして、

ここからは、333号線で北見方面に向かい、丸瀬布の道の駅で休憩。

旭川紋別自動車道(無料)を走らずに、交通量のほとんどない下道をずーっと走り、

旭川の手前で給油、最後4本目のフラッグを手にしましたぁ♪


これまでの北海道ツーリング、フラッグを集めるも、手違いで買えなかったり

勘違いで同じ色のフラッグだったりと、いつも3本で全色揃えられなかったので、

今回全色揃ったのでした♪


と言っても、帰ってきてもフラッグは丸めて閉まってあるだけなので、

今年はもう買うのやめとこうか~なんて話してましたが、やっぱり集めてしまいました。

今年は一本150円と値上がりしてましたが、集めることに意義があるんですよね♪


網走を午後2時に出発して、旭川まで200キロを走って3時間、ようやくビジネスホテルに到着。

都会は又特に蒸し暑い・・・・・


前日に予約したビジホは、駐車場が隣接していなく、向かい側の立体駐車場ビル。

今夜は雨予報だからバイクがけっこう停まっていました。

9階までエレベーターで上がりました。

怖~い・・・・・



ちょうどもう一台のバイクも一緒に乗ったのですが、

そのバイクもセローで、駐車させた後にそのセローの方が話しかけてこられ、

「自分のバイクはブルーなんで、三色揃いましたね♪」って!

後で、並べて写真撮れば良かったなぁって、後悔しました~

私のセローは新色なので新車ってわかりますが、

二台とも新車ですか?って言われました。

相方さんのバイクのプレートがやけに綺麗だから新車だと思った!と

ほめちぎっておられました。




まずはホテルの温泉に入って、ちょっと休憩してからご飯を食べに。


やっぱり旭川だからラーメンです♪




ホテルの方に聞いて、「山頭火」さんがお勧めということで、歩いて5分くらいでお店に。

やっぱりお勧め、とっても美味しかったです♪


この日の夜からは道東はずーっと雨。それもかなりの雨量とのこと。

もし道東のお宿に宿泊していたら、次の日はどこにも行けなかったと思うと、

部屋が空いてなくて、すぐに旭川まで走って来れたことが

反対にラッキーだったと思いました。


夕食の後は、コインランドリーで洗濯をして部屋干し。


旭川周辺も夜間から朝にかけて雨マークだったので、

翌日朝早く起きたら小雨が降っていて、この日の計画をゆっくりと部屋で~

乾き切っていない衣類を乾燥機にかけに行ったりもしてましたね。


午後からは雨は上がり晴れてくるとの予報でしたが、山間部はどうだろうと・・・・・

その翌日は晴れなので、富良野方面にまた行って、明日旭岳を登山という話も

ありましたが、やっぱりバイクで走りたいという気持ちが先行し、

目的地向かってホテルを出発することに。


10時頃にチェックアウトして、バイクが置いてあるビルの9階へ。

積み荷をチェックしてエンジンをかけようとキーを探しますが、二人ともキーがありません。

二人して、ジャケットやパンツやバッグを探しまくってもありません・・・

えぇ~?、なんで二人ともキーをなくしたんやろ・・・・と焦り、

もしもの時のために、お互いのキーをもう一個バッグに入れていたので、

それを使って発進した時に気が付きました!

ホテルに行くときに、駐車場の受付でキーを預けたのでした><;

そんなことがすぐに思い出せないなんて、二人とも年を取りました・・・(笑)


キーを預かっているのに、バイクで降りてきた私たちを見て、係員もびっくりしてましたね(笑)



そんなこんなで・・・・・




到着したのが、




旭山動物園~♪



私が希望したのですが、


いつもは気乗りしない相方さんも、北海道の有名な旭山動物園となると

一回は見とかないと~と思ったようでした。


おおわしさん。



しろいふくろうさん。



あらいぐまちゃん。



キャンプ場でも見たキタキツネさんですが・・・







有名なあざらしさん。



暑くてくたくたになって昼寝しているオオカミさんたち。



ユキヒョウの親子。







意外と相方さんが楽しんでいたので、来てよかったと思いました。

やっぱり北海道の動物コーナーが面白くて、二回ほど見に行きましたよ♪

一時間でササっと回るつもりが、やっぱりもったいなくてそんなに早くは見てまわれませんでした。


夕方には上士幌のキャンプ場に着きたいため、動物園を出た所のレストランで

簡単にお昼ご飯を済ませて出発。



空はすっかり青空でしたが、私たちが向かう方はまだまだ灰色の空。


旭川から北上して、層雲峡の方へと走ります。

雨の心配もしましたが、道も乾いていたし、何とか降られずに走れました。





そして、二回目となる三国峠に到着~



ここまで来ると寒くって、今回持ってきたのに着る出番がなかったダウンを着て

ネックウォーマーも冬仕様に変更。グローブもメッシュからスリーシーズン用に~



あの赤い橋は、お天気が悪いから真っ白で見えないんじゃないかって心配だったのですが、

見えました~♪





やはり素晴らしいの一言です♪





相方さんに、赤い橋を走っている所を撮ってもらったのですが・・・

豆粒ほどでほとんどわかりませんね・・・




手を振ってたんだけどなぁ・・・




三国峠ですでに3時半を過ぎていて、きちっと計画通りに進まないと気が済まない相方さんは

焦りを隠せません・・・


糠平湖畔を走ると、タウシュベツ橋梁も見れるのですが、春も見たし、去年も見たしということで

今回はスルーして先を急ぎました。



走行写真もちゃんと撮ってもらってます♪




そして、今回走りたかった糠平湖から然別湖に抜ける85号線へと~

くねくねですが、とても走りやすい峠道でした♪



この春の訪れた 「 然別湖 」 に到着。







3月に来たときはまだ真っ白な世界でしたぁ!!

fc2blog_20160312072251bae.jpg



そして、走ってる時にキタキツネに会って、ちょっと停まりました。




人に慣れているのか、逃げずにポーズまでとってくれてました。






そして、夕方5時。

ようやく上士幌のキャンプ場に到着。

このキャンプ場は、とっても思い出深い場所です。

今では、年に数回はお会いして一緒に旅に出掛けているmasaさん・うひひさんと

3年前に偶然にも出会ったキャンプ場です♪


懐かしいなぁ~!

そして、今も変わらずとってもきれいな芝で素晴らしいキャンプ場です♪


3年前を思い起こしながら、リヤカーに荷物を乗せて行きます。





落っことしたよ~!!




そして、約一時間で設営。

三年前はあの辺にテント張ったなぁ~!なんて話しながら張ってました♪







暗くならないうちに帰って来たいからと、急いでバイクに乗って近くの温泉へ。

そのあとにセコマで買い出しをして帰ってきましたが、もう暗くなってました><;

午後7時過ぎから夕食の用意をして、ようやくゆっくりと出来ました。





キャンパーは少なくて、人の声もほとんど聞こえてきません。

星空いっぱいの空の下で、北海道最後の夜を過ごしました。







1日目 苫小牧ホテル
2日目 富良野キャンプ場
3・4日目 屈斜路湖キャンプ場
5・6日目 知床野営キャンプ場
7日目 旭川ビジネスホテル
8日目 上士幌キャンプ場

と、6泊もキャンプが出来て、走行中は合羽を着ることもなく走ることが出来て、

ほんとにラッキーな旅が出来ました。





お盆過ぎからの北海道は、台風が連続で上陸し、甚大な被害を受けられて

とても心配です。

そして、まだまだ発生しようとしている台風に恐怖を感じます。

これ以上、大好きな北海道に被害が及ばないように願います。






つづく・・・







ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
この記事のURL | 2016.北海道ツーリング | CM(14) | TB(0) | ▲ top
2016.北海道ツーリング!⑥~羅臼・熊の湯から相泊温泉へ~知床半島満喫♪
- 2016/08/29(Mon) -
知床横断道路。

羅臼に向かう途中に、羅臼湖に行ける入口のバス停があります。



パーキングがないので、バスで乗降しなくてはいけないのですが、

チビバイクを端っこに置かせてもらい、少し歩いてみることにしました。


事前にネットで調べてみたところ、羅臼湖までの道はぬかるんでいるところが多いので、

必ず長靴を履き、自然を破壊しないよう道以外の場所を歩いてはいけないとのことでした。


登山靴を履いていましたが、せっかく持ってきたゲーターをキャンプ場に忘れてきてしまいました。

バス停から入口に到着して、行けるところまで歩いてみようということに・・・





しかーし、



入り口から2メートルくらい歩いたところで、もうぬかるみが現れてしまいました><;



ぬかるんだ道の先を見ましたが、その先もずーっと同じような状態が続いているようです。

道を外れて脇の草地を踏んではいけないので、

これでは登山靴もパンツも泥で汚れてしまうので、潔く断念・・・

ウトロのネイチャーセンターで500円で長靴の貸し出しがあったとのことですが、

今から戻るのも時間がかかってしまうので、素晴らしいお天気の中歩けるのを楽しみにしていましたが、

仕方ないですね・・・



また、バス停に戻ることとなりました。


羅臼湖まではかなり時間がかかるのですが、

それまでにいくつかの沼があり、特に三の沼がとても美しいとのことで、

そこまで行きたいなぁと思っていました。


もし行けたら、こんな絶景が見れるとのこと。

fc2blog_201608291748237d7.jpg
(ネットからお借りしました)

今後もし来れたら、ちゃんとバスに乗って長靴を履いて歩きに行きますね♪



そして、またバイクに乗って次に向かったのが、

「 熊の湯 」



パーキングには数台の車が駐車されておりました。

露天風呂の写真は、他の方も入ってみえたので撮れませんでしたが、

脱衣所には、お風呂を利用する際の注意事項がたくさん書かれており、

きちんと読んでから入らせていただきました。




お風呂のお湯はかなり熱いと聞いていたのですが、

お隣のキャンプ場を利用されている子供さんを連れた方が入っていて、

かなりお水でぬるめておられたようで、私にはちょうど良いお湯加減でした♪


とてもいいお湯!

一度は入りたかったので、とてもいい思い出になりました♪



熊の湯の向かい側にはキャンプ場があるので、どんな感じか歩いて見に行きました。




ネットで調べて写真を見た時には、山の中で少し暗い感じがしていたのですが、

とてもきれいに区画されていて、いい感じのキャンプ場でした♪






そして、9時半ごろに羅臼の道の駅に到着。

本日の夕食は、ここの海鮮を買ってキャンプ場で食べることにしていたので、

まずは道の駅へと入り、お店周りをしました。


海鮮問屋さんが二店舗あって、まずは一店舗目でカニを試食させていただきました~♪




お店のご主人が、1万5千円と書いてあるカニの足をザクザクとはさみで切って

お客さんに振る舞っておられ、私たちもウニを乗せたカニさんをいただいてしまいましたぁ♪

超旨い!!!!!



そして、もう一店舗にも寄って、そちらでもカニさんを試食~♪

また帰りに寄りますと言って、二階のレストランへ。


朝早くご飯を食べたし、今から行く方向にはお店もないように思えたので、

少し早いお昼ご飯を食べることにして、

いただいたのが、羅臼昆布ラーメンの塩味。

これがめちゃくちゃ美味しかったぁ♪毎日でも食べれそう~(笑)



昆布のお出しがとっても効いていて、麺にも昆布が入っていて少し緑色をしていました。


ラーメン、お土産に買うの忘れたぁ・・・・><;



そして、ここで翌日の月曜日に宿泊するお宿に電話をしました。

実は、知床に来たら必ずお世話になる「 ロッジ風景画 」さんに空いているか聞いたところ、

男性の相部屋で一つしかベッドが空いていないとの返答でした。

北海道に到着してからは、どんなお天気か、計画をしていてもいつどこでどんな変更をしないといけないか

まったく見当がつかないし、そんな気ままな旅を今回選んで走って来たので

予約はせずに風景画のホームページを毎回チェックしていていて、✖印だったらとっくに諦めていたのですが、

泊まりたい日がずーっと△印だったので

空室がひとつくらいあるんだなぁと勘違いをしていました。

夏休みなのに空いているなんて思っていたほうが甘かったのですが、楽しみにしていたお宿での

一泊は夢に終わってしまいました。

しばらくショックから立ち直れずに、ぼーっと考え込んでしまいましたが、

こればかりは仕方ないからと、

明日のお宿の事はまたあとで考えることとし、目的地へと走ることに~




ここ羅臼からは走ったことのない道を走ります。

まずは、「 知床世界遺産ルサフィールドハウス 」 に寄りました。




こちらの施設では、知床峠や知床岳などを登山したり、シーカヤックなどを利用する時の

ルールやマナーや情報を提供してくれる場所。

また、知床の自然の素晴らしさを教えてくれる所です♪


施設の中は、とても綺麗で楽しく学べるよう工夫されていました~♪




二階には様々な双眼鏡が置かれていて、遥か彼方の沖まで見えるようになっていました。

クジラが見れたら嬉しいですよね♪





ハウスの周りは、お花でいっぱい♪





そして、今度は 「 セセキ温泉 」 を見に。




満潮時には海没してしまうことで有名な温泉ですよね。

私は、「北の国から」を見ていたので、この羅臼には絶対に来たいと思っていました。

純が入った温泉ですからね。

でも、相方さんはドラマを見ていなかったようで、そんな話をしてもチンプンカンプンでしたぁ><;



そして、「 相泊温泉 」 へ。



こちらも熊の湯と同じ無料の露天風呂で、入ってみたかった温泉の一つでした!

ちょうど愛知県ナンバーのハーレー乗りさんたちが温泉から出てこられた所で、

「お隣の県ですね~♪」なんて声を掛け合ったりなんかして~






さっそく入りに海岸へと下ります。




砂利を掘って木枠で囲った湯船が設置されていて、強風や台風で破壊されたり

湯船全体が埋まることもあって、夏場しか入浴できないし入浴可能日が不定期で

今回は問題なく入浴できるとのことで良かったです♪





湯船から撮った風景♪




海岸には、羅臼昆布がゆらゆら~




この日、二つ目の温泉を堪能しましたぁ♪


そして、まだまだ半島の先まで走って、本当の車道の行き止まりまで。




ここから半島の先に登山する人たちは、荷物を背負って歩いていくんですね。

私たちも、少し歩いて奥の方へと行ってみました。









しばらくは、昆布の漁師さんたちの作業場や干された昆布が並んでいます。








どこまで歩いても、こんな感じが続きました・・・




半島の先へは、体が半分海に入ったり、崖っぷちを登ったりと超上級者で

体力に自信のある人たちのみが行ける場所のようです。


ある程度歩いて、納得して、またバイクのある場所まで戻ることに。


山側には、たくさんのお花が咲いていました~♪







知床半島を相泊まで走って、先端までは行けないものの、最果て感を満喫して、

また来た道をしっかりと心に残しながら走り、午後2時頃に羅臼の道の駅まで戻りました。


そこで、夕食の高級食材を購入し、予定では3時ごろに羅臼を出発しようかと言っていたのですが、

峠の方を見ると、どんより雲で山々が見えなくなっていたので、

少し早めにウトロに戻ることになりました。


帰り道の知床横断道路は、観光バスの後ろになってしまい、気持ちよく走ることが出来ず、

くねくね道の中、唯一の短い直線で相方さんがバスを追い越したものの、

私までは追い越せず、知床峠で待ってもらうようにインカムで話して、私はずーっとバスの後ろで

ソロツーリング~♪

行き道のような晴天ではありませんでしたが、知床峠をソロで走ったことは感慨深いものとなりました♪



そして、知床峠で待っていた相方さんとウトロへと下りました~



しか~し、


ウトロに降りてきて振り返ったら、なんと知床連山がまた朝のように雲一つなく

聳えていたんです!!!


予定通りの時間に帰ってきていたら、また絶景の中を走って来れたのに~と思うと、

もう一度走りに行きたくなり、相方さんに言ってみたものの、

相方さんの頭の中には、すでにキャンプ場で一杯飲むことしかなかったようで・・・



「もう一回走ったで、ええわ。」との返答・・・




切り替えが早い・・・><;



セコマでビールやらチューハイや買い出しをして、キャンプ場に戻ったのでした。


早いお昼ご飯だったからと、4時半でしたが夕食の準備~


明日からの計画を立て直す話ですが、

気になっていたお天気、どうも翌日の夜から翌々日の朝にかけて、北海道、特に道東に

雨が降るようで、出来れば早めに道東を離れた方がいいと判断をしました。


風景画に空室があれば宿泊していて、その翌日は雨でどこにも走れなかったかもしれないと

思うと、宿泊できなかったことは反対に良かったのかもしれないと思いました。




今夜が道東の最後の夜となり、高級食材で乾杯♪


カニさんの足一本を買って、食べやすいように切ってもらいました♪



ホタテは二枚買って、焼いて醤油を少し落として~




セコマのウインナー♪




そして、生うにぃ~!!!




でも、ご飯で失敗・・・セコマでパックのご飯を温めてもらってキャンプ場に帰ってきたのですが、

しばらくしたら、ご飯粒が乾燥していてカピカピに固まってしまっていて・・・・

仕方なくお鍋で少しお水を足して煮直して、何とか柔らかくしました・・・


でも、ウニはとっても美味しく、ウニ丼がようやく食べられました~♪





美味しい食事の後は、

夕日が沈む前に、相方さんがチェーンのお掃除をしてくれてました。





シールドやライトや、あちこちにへばりついた虫の掃除もしましたよ~!



そして、この日は雲があって海に沈むまでは見えませんでしたが、

知床の最後の美しい夕陽を見ることが出来ました♪






夕陽が沈んだら、また温泉に入りに行き、

キャンプ場に帰って来ると、


相方さんは、お隣でキャンプしているハーレー乗りさんのハーレーを起こしていたとのこと。


実は、温泉に行っている間に、同じくキャンプに来ていた車がバックした時に

バイクに気が付かず、当ててしまって倒れたとのこと。

そして、そのお隣に置いてあった奥さんのトライアンフも扱けてしまったようです。


でも、どちらも良い方みたいでお話もこじれずに終わったようで~

翌朝、バイクを起こす手伝いをした相方さんにお礼も言いに来てくださってました。


バイクは、少し損傷はあったようですが、運転には支障なかったようです。


旅にはいろんなハプニングが起こるものですが、

旅が楽しく終わる様に、

私たちも気を付けて、旅をしないといけないなって、気の引き締まる思いでした・・・





つづく・・・








ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

この記事のURL | 2016.北海道ツーリング | CM(14) | TB(0) | ▲ top
2016.北海道ツーリング!⑤~素晴らしい知床五湖・羅臼岳へ~
- 2016/08/26(Fri) -
知床五湖。




ウトロの知床野営場に到着して、テントを設営した後、

知床五湖へと走りました。


実は、私は初めて訪れる場所。

相方さんはもう何十年も前に来たようですが~


五湖に到着するまでも素晴らしい道で、五湖の施設もとても立派でびっくりしました。

バイク200円を支払い誘導されて駐輪場へ。

観光バスも車もたくさん、海外の方も多かったですね~!



そして、そう時間もなかったため、二つの湖を歩くコースを選び、係員からレクチャーを10分ほど受けて

遊歩道へと進みました。



くまさんに出会わないように、おしゃべりしながら、時々手をたたいたりして歩いていくと


素晴らしい二湖が現れました~






何枚撮っても撮り飽きない、惚れ惚れする大自然~











そして、一湖~










空もオホーツク海も青く~










木道の下にはお花畑が広がっています。





ここは、だれでも無料で歩くことのできる高架木道。

とっても立派でした!!




















知床五湖を堪能し、夕食の買い物をしてからキャンプ場へ戻ります。








キャンプ場からは美しい夕陽が見えるとのことで、18時半過ぎに行ってみると、

もうたくさんの人だかり~


でもとても素晴らしい夕陽を見ることが出来ました♪






夕陽を見た後に、キャンプ場のお隣にある温泉へ~






翌朝は5時半に起きて、6時に朝食。





これ以上の晴天はないのではないかというくらいの青空の中、

知床横断道路を走りました♪






念願の知床峠♪

何回も道東には来ていますが、ようやく二回目来れました♪

冬には来れないのがとても残念です。





朝7時半頃到着して、しばらく峠で~


絶景を目に焼き付けながら過ごしました♪









いろいろとバイクを停める場所を変えて撮影したりして、

駐車場だとガードレールなどが写るからと、羅臼岳をバックに路肩に停まって撮ってもらったら、

他のライダーさんたちも、私たちの真似をして撮られてました(笑)






キャンプ場は連泊。

この日は、知床半島をいっぱい走って楽しむという、今回のツーリングの一番の楽しみの日でした♪

こんなに青空の下を走れるなんて、ほんとにラッキーとしか言いようがありません。

今年で最後かもしれない北海道ツーリング、知床半島は感動!感動!で

もう思い残すことはないくらいに、ほんとにうれしかったです♪(いや、ほんとは何回でも行きたいですが・・・)





峠からは羅臼の町に向かって走ります♪




つづく・・・








ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村





この記事のURL | 2016.北海道ツーリング | CM(12) | TB(0) | ▲ top
2016.北海道ツーリング!④~神の子池からウトロ・知床キャンプ場へ~
- 2016/08/21(Sun) -
神の子池。






屈斜路湖畔キャンプ場を出発して、バイクで初めて行く神の子池へ。

数キロのダートを走り、パーキングにバイクを止めて歩きます。



いつの間にか、立派な木道が出来ていました!







朝9時。太陽が真上に来る午後からであれば、もっと美しかったかもしれませんが、

それでも透明感あふれるブルーの素晴らしい池でした。








前に来たときはW650だったので、このダートに入るのを躊躇してしまいました。

冬に来ると、この看板の足元が見えなくなるまで積雪となりますよ~♪





神の子池の後は、やはり 「 さくらの滝 」 ですよね。

サクラマスが見れるのは午後からだと解っていたのですが、時間的に難しかったので

一度見に行ってみようかということで来たのですが、やはり水量も多くて一匹も見ることが

出来ませんでした><;

前回にいっぱいマスが見れたからいいかぁって、すぐに退散です。





サクラの滝の帰り道に、素晴らしいジャガイモ畑があります。

ピンクの花が咲き誇ってとてもきれいで、止まって撮影タイム。



この写真、今だから左足が前に出ているってわかるんですが、

撮った後すぐ見たときには、画像が小さくて左足が無いように見えてしまい、

心霊写真を撮ってしまったと、畑の前で大騒ぎをしました><;

こういう足のない写真を撮った時には、この後に事故をして足を怪我すると聞いたことがあって、

事故をしないようにきをつけなきゃ!!って誓ったのでした。

でも、足の影は映っているから、そんな怖い写真ではなかったんですけどね・・・・・・



清里町に入り、「 ロッジ 風景画 」の前の道を曲がったところで、また撮影。

麦畑がとてもきれいでした!




前日は見えていなかった斜里岳。





そして、毎回走りに来る 「 天へと続く道 」




坂の頂上にはバイクやレンタカーもいました♪

果てしなく遠くまで真っすぐなんて、ほんと北海道だけですよね!





天へと続く道の頂上から海沿いに下る途中で、また停車。




前から気になっていたお店に寄ってみました!




「 メーメーベーカリー 」 さん。




とっても人気で、すでに駐車場もいっぱいで道にも数台の車。

まだオープンしたばかりだから、パンは売り切れていないよねって、お店を開けたら

オーナーさんが出てこられ、「今徐々にピザを焼いているところで、パンはお昼から少しずづ

焼くんです」との返答で、写真だけ撮って帰りました><;

入り口には、やはり「メーメー」と鳴いているヤギさんがおりました♪





またいつか来た時に、パンを買うぞ~!!



さぁ、ウトロへと向かいます。





オホーツク海も空も素晴らしくブルー!!




走行写真、かなりブレてますが、

知床連山がくっきりと見えていました~♪




正午に少し前、ウトロに到着。

お昼ご飯は、やっぱり 「 一休屋 」 さんで♪

でも、今までみたいにウニやイクラ丼は食べませんでした。




観光客でほぼ満席でしたが、相席でもよいと言ったら、地元の方のおとなりへ。

たぶん私たち観光客はウニ丼を頼むだろうと、事前に「今日はウニが少ないので、ハーフ丼になります」と

おかみさんから説明がありましたが、注文したのは・・・


プルプル定食と生姜焼き定食(笑)



プルプル定食は前回冬にも食べましたが、胡椒が聞いててとっても美味しいのです!

地元の人に人気の定食です♪




生姜焼き定食も、おとなりの地元の方が食べてるのをみて注文しました!

とっても肉厚で美味しかったです♪


知床半島の観光船に乗るお客さんもたくさんいらしてて、おかみさんが乗船時間を聞きながら

忙しくされてました。


午後1時過ぎにウトロの国設知床野営場に到着。




どこに張ろうかといろいろと場所を探しましたが、入り口に近い場所に。




なぜか写真がないのですが、

すぐに荷物を降ろして、テントを設営。


そして、テント設営後に知床五湖へと出発します。


バイクが軽いから走りやすーい!!







初めての知床五湖。




つづく・・・









ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



この記事のURL | 2016.北海道ツーリング | CM(12) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ