城端・曳山祭りへ!富山・五箇山ツーリング♪②
- 2016/05/10(Tue) -
5月5日は城端・曳山祭り!








相倉キャンプ場での朝。




朝6時に目が覚めたら、もう相方さんはすでに作業中!

昨夜の雨で濡れたテントを拭いたり、バイクカバーを干してバイクを拭いたり~

いつもいつもマメで尊敬と感謝です♪


落ち着いたら朝食タイム。




簡単にパンとコーヒーとバナナと目玉焼き。



ウインナーを炒める予定でしたが、すでに昨夜に食べてしまいました(笑)


キャンパーは朝が早いですね!皆さんも既に活動中~






ミヤマキンポウゲも朝日に照らされて美しいです♪




さて、お天気ですが、やはり三日目は正午から東海地方は雨とのこと。

こんなに良いお天気なのにね・・・

でも、帰るかもう一泊するかはもう少し考えることに。


朝8時までは相倉集落に住んでいる方の迷惑になるので、移動が出来ない決まりになっています。

時間を待ってジャスト8時にバイクに乗って集落を見学しました。



キャンパーかお宿に宿泊しないと世界遺産の中でバイクとの記念撮影が出来ないから

得した気分です♪

fc2blog_201605092257477d8.jpg


観光の人もまだほとんどいないので、静かです。











集落全体の撮影スポットがあるということで、バイクを停めて少し歩きました。




絶景ポイントからの撮影です。

世界遺産・相倉合掌造り集落の全貌が見えました♪





人形の残雪の説明がありました。




ちょうど、二人が手をつないでいる形が見えましたよ♪




あちらこちらにお花畑が~





段々畑を下って、集落の方に下りて行きます。








キャンプのチェックアウトの時間を聞くのを忘れていたので、係のおじさんに聞きに行くと

特に時間は決まっていないとのことで、なんとありがたいキャンプ場なのかと思いました。

普通はテントに付ける札をもらいますが、それもないし、特に係の人が見回りに来ることもないし、

とてもアバウトな感じを受けました。


集落の中を走らなくても国道に抜ける山道があるとのことで、一度そちらから行ってみることに。


fc2blog_20160509095157ff7.jpg


温泉に行くには、抜け道からの方がとても近かったことが判りました。


そして、これからまた先日の買い出しに行ったお隣の城端まで15キロを走り、

ちょうどお祭りがあるとのことで、観に行くことにしました。


曳山祭りは、国重要無形民俗文化財であり、ユネスコ無形文化遺産登録候補にもなっているとのことで

とても由緒あるお祭りのようですが、今まで知りませんでした><;

6つの町の各飾り山が町を巡行されるようで、出発が9時半。

私たちも少し前に到着したので、パンフレットをいただいてお祭り会場へと急ぎました。




少しするとお神輿の行列がやってきました。










その後から、歴史ある大きな山車と庵屋台。









電線ギリギリの高さなので、みんなが声を掛け合ってひっかからないように車を押しています。











6つの町のそれぞれのハッピも味わいのある柄です。





高山祭はあまりにも有名ですが、こちらの曳山祭りもとても重厚で立派な山車で

こんなに近くで拝見でき、二人で良い日にキャンプに来たねと感動♪







お祭りを1時間ほど堪能し、天気予報を見ても変わらず翌日は午後から雨。

翌日の朝早くにテントを撤収してお昼までに帰るか、もう一泊するのは断念して今から撤収するか、

悩んだ末に、今から撤収して帰る事になりました。

少しでも濡れて走るのはつらいからね・・・

富山まで来たのに一泊で帰るのはとても残念ですが、晴れている間に走っている方が気持ちが良いですし。



そうなれば、一刻も早くキャンプ場に帰って撤収です。

キャンプ場に到着すると、もうほとんどのテントが無くなっていました。


デカテントなのでいつもよりも少し時間がかかりましたが、ようやく荷造り完了。

12時半に出発です。

晴れてはいるものの、走っていると空気が冷たいので、ダウンを着こんで。




また来た道をもどり、道の駅で少し遅いお昼ご飯。




ひるがの高原で休憩。






行きに食べそびれたソフトクリームはちゃんといただきました♪





帰り道は、郡上八幡から美濃までが渋滞でノロノロ運転。

とても疲れましたが、無事に帰宅。


また一泊となってしまったキャンプツーでしたが、とても綺麗なキャンプ場で過ごすことが出来ました♪



翌日の午前中にバイクの洗車。(午後からシトシトと雨が降っている中もなんやかんやとしてました><;)

トリッカーが9300キロを超えたので、相方さんにオイル交換をしてもらいました。




こんな時にしか綺麗にできないので~



デカバイクはと言うと、カバーが掛ったままで休眠中・・・






計4台のバイクのメンテナンスをすべて相方さんが管理しております。

自分で自分のバイクのメンテが出来ないので、助手くらいはしないとね・・・


また天候をみて、キャンプツーリングに出掛けたいと思います♪








ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | 相倉キャンプ場(富山) | CM(10) | TB(0) | ▲ top
世界遺産でキャンプ!富山・五箇山ツーリング♪
- 2016/05/07(Sat) -
五箇山・相倉野営場。







GW後半、天気予報を見ると4日から5日は晴れマーク、6日は晴れのち曇り(3日後の予報は不安ありですが?!)

だったので、前回の長野キャンプツーの反省点から、今回はなんとか2泊できるかも~と

またまた急遽キャンプの用意をして、朝8時にチビバイク2台で出発しました~♪

行き先も前日に相方さんがいろんな情報から探してくれました!!

私はというと、どこでもキャンプが出来れば嬉しいって感じ♪

欲を言うなら、なるべく芝がフサフサしていて、おトイレが怖くない所がよいですが・・・




四日市東から桑名東までだけ時短の為に高速を利用。

あとは、信号のない堤防の道・清流サルスベリ街道~岐阜・金華山を見ながら、R156で美濃・郡上を走り、

大日岳のひんやりした峠を越えて、ひるがの高原で休憩。

さすがに峠はまだまだ空気が冷たくて寒かったぁ・・・最近まで走る時はヒートテックのインナーを

着ていたのですが、今日に限って着ていなかった><;




ひるがの高原を走る時には、いつもこのアイスクリーム屋さんでいただくのですが、

青空は広がっているものの、バイクで走って来た身には少しきついものがあり

また帰りにいただくとして、休憩のみ。





でも、もうお昼時なのでここらへんで食べた方がいいということで、

少し走ると、たまごかけご飯の看板あり、そちらでいただくことにしました。





なんと、生卵食べ放題~♪




御飯は麦ごはんで、ご飯の量とお味噌汁か豚汁の選択あり、シンプルな定食でした。

手羽先や野菜の小鉢も別注文。





相方さんは、大盛の御飯に卵2個!!


たまごかけご飯の美味しい食べ方がそれぞれのテーブルに置いてあり、

その通りに食べてみたら、ほ~んと美味しかった♪

今まで白身のつるーんとしたものがご飯の中でそのまま残っているのが気になっていたのだけれど、

それが全くなくなって、サラサラッといただけました♪





ひたすらR156の飛騨街道を北上、御母衣湖沿いの有名な荘川桜はほぼ葉桜ではありましたが、

それでもたくさんの方が観光されていました。


そして、世界遺産で有名な白川郷に来ると、さすがGW!!

駐車場に入る車で大渋滞が起きていました。

それも、白川郷インターの入り口まで延々と・・・・・

私たちは、白川郷はもう何回も訪れているので観光の予定なく、

富山方面に向かうのでスイスイでしたが、白川郷を観光される方たちの車は全く動かず、

ホントに観光できるんだろうかぁ・・・って。


そして、更に北上し富山県に入り、キャンプ場のある 「 世界遺産相倉合掌造り集落 」 へ。



こちらでも、とてもにぎわってはおりましたが、白川郷よりは規模が少し小さいので、

みんなまずは白川郷に行かれるのでしょうか・・・

私は、どちらかというと五箇山の集落の方が落ち着いていて好きです。

その世界遺産の中でキャンプが出来るなんて、とてもワクワクです♪



まずは、駐車場の係の方にキャンプすると伝えると、名簿に書いて一人500円を支払い、

そのまま、集落の奥にあるキャンプ場までバイクのまま走ります。

住民と民宿などに宿泊する車以外は車両進入禁止です。



細い道を下って行くと、緑の芝のフサフサした場所が現れました~!

芝の上は乗りあげ禁止ですが、テントから見えるから安心です。


幾つテントが張られているのか心配でしたが、なんと2張りのみでラッキー、そしてびっくり!!


とっても綺麗な場所に、GWなのにとっても静かなのです♪






一足先に来られていたソロライダーさんとごあいさつ。

この時は風があまりなかったのですが、予報では強風あり、「 さっきまですごい風でしたよ 」との事でした。




一応、熊さん注意の看板も・・・



どこに張ろうかと思案~

お花がたくさん咲いている場所を選びました~!!

でも、この芝に全体的にとっても小さな青い花が咲いていて、踏まない様にと思っても

踏まざるを得なくて、とても申し訳ない気持ちでした・・・









この黄色の花は、たぶん 「 ミヤマキンポウゲ 」 だと思います。

白山登山の時もたくさん咲いていましたが、花びらに艶があって、咲き誇っていました~♪






バイクも近くに見えます。




向こうの山は、とても美しい残雪の人形山とのこと。

ちょうど人形が現れていまして、二人の女の子が手をつないでいるように見えていました。





設営完了~




今回は、久々のデカテントです♪

バイクだとコンパクトで軽い山テントでしたが、

久しぶりにデカテントを運んできました~!

テント運び番はいつもトリッカーです。セローには重い焚火台、両パニアにはシュラフやエアマット。

いつも炭も運んできますが、今回は現地で調達することに。


久々の設営に戸惑いながらも、思い出しながら着々と~

やっぱり広いテントっていいですね~、快適でした♪






相倉集落から5分ほど走ると、以前に宿泊したことのある五箇山荘と言うお宿での立ち寄り湯がありますが、

大型スーパーなどがある町までは山道を15キロ走らないといけません。


さっそく買い出しに出掛けて、買い物が終わったのが少し予定を押して15時半。

それからまた相倉に戻り、五箇山荘で温泉に入り、ササッと出てきました。

お湯がとてもなめらかでいいお湯でした。


そして、キャンプ場に戻って17時。

テントが増えていましたよ!




さっそく火起こしをして、夕食の準備。




今回も鶏・牛肉の炭焼き~そして、エビさんも♪








夕食中にもまだバイク4台でキャンプに来た人たちがいて、

全部で15張りくらいでしたが、それでもまだ広々としていました。



ここからまたまたハプニングが・・・・・・


ゆっくりと炭火で楽しんでいたのですが、雨予報は1個もなかったのに

ポツポツと降り出しました。最初はあまり気にせずにいたのですが、

だんだんと雨足が強くなってきたので、テントの前室に退避。

濡れてもいいもの以外は前室にお引越し~


前室の中で椅子を2つ置いても余裕だったので、今回このテントにしてホントに良かったと思いました。

山テントだったら、自分たちが濡れないだけで、あとは何もかも濡れてしまっていました。

かと言って、タープも持参するとかなりの負担になるので、いろいろと考えてしまいます。


やっぱり山の中の天候は未知ですね・・・






火が近くにないと寒いので、焚火台も前室に持ってきて暖を取りました。

細かな灰が知らず知らずに舞っていましたが仕方ないですね。

それでも冷えるのでダウンも着こんで~


雨が止んでは外に出て、また降って来ては前室に入って~を繰り返し、

最後にはザーザーと降って来ましたが、20時くらいにはすっかりと止んで、星空が見えました。


おトイレはとても新しく、ここもまたウォシュレット付きのおトイレだったのですが、

おトイレの戸のノブの横に大きなムカデが一匹這っていてびっくり!!

入るに入れず、相方さんにトイレを開けてもらいましたが・・・


翌朝もムカデが気になり、どこかにいないかと気を付けながら入ったら、

なんと私が入ったおトイレの隅にいました・・・・・



林の中にいるんだから仕方ないのですが、やっぱり見たくないものですよね・・・

後でこのキャンプ場の口コミを見た所、ムカデの事や蚊が多いことなども書いてありましたが、

まぁ、自然の中にお邪魔しているのだから当然のことなんだと、

ちょっと気持ちを強くおおらかに持つことにしないと、キャンプが楽しめないですよね♪



そして、天気予報ですが、3日目のお天気がどうも・・・

晴れのち曇りだったのが、曇りになり、四日市の天気が午後から雨に変わってきました・・・

朝早く撤収して、お昼に帰宅するようにすれば雨に降られない計算ですが、

予報は刻々と変わってくるので、雨に降られずに帰るには2泊を1泊に変更して帰るか・・・

距離にすると220キロとそう遠くない五箇山ですが、下道を5時間かけて走って来たのに、

1泊で帰るのは残念なことです。


決断は翌日の天気予報を見てからということになり、

とりあえずお買い物に行った城端市の曳山祭りに行くことになりました~






つづく・・・







ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
この記事のURL | 相倉キャンプ場(富山) | CM(18) | TB(0) | ▲ top
| メイン |