ホテル千畳敷で迎えた朝~
- 2015/12/15(Tue) -
ホテル千畳敷から翌朝ご来光を見ました~









登頂はできなかったものの、充実した雪山登山で無事にカールを降りてきて

ホテルにチェックイン。

ホテルの部屋は、南アルプス側を予約したので、

窓からも素晴らしい景色が見れました。







ほとんど曇り日でしたが、山はずーっと隠れずにいてくれてました♪

富士山も、真ん中にちょこんと見えてます♪





午後4時半を待って入浴タイム。貸切状態でゆっくりまったりと温まりました~




夕食は、コースが二つあって、一つは会席料理。

もう一つはお値打ちに豚汁定食。

私たちは、豚汁定食を予約しました。

いっぱい器が並ぶようなお食事をしなくても、家で食べるような定食で十分♪





豚汁はとっても大きな器にいっぱい入っていて、野菜いっぱいで美味しかったです♪

そして、ご飯も普通を頼んだら、大盛りみたいなのが出てきてびっくり!!

残してしまったぁ・・・





お布団は最初から部屋に畳んで置いてあり、セルフ形式です。

ふっかふかの掛布団は、暑いくらいあったかでした。





翌朝6時頃に起きたら、超お天気!!

今日登る人たちは絶景だろうね~って、そして、日焼け対策をしないと真っ黒けになるよね~。

でも、うらやましい~!!

理想は、このホテルに泊まって翌日の朝早くから登るのが、時間がたっぷりあっていいですね。

今度からそうしようって事になりました・・・





窓から下を見ると、宿泊した若い男の子たちがご来光を見に外に出ていました。

せっかくだから、私たちも着替えてカメラを持って出かけました。

日の出は、6時40分ごろ。

あいにくと雲が多くて、綺麗には見れませんでしたが、それでも感動です♪







次の週には、富士山の真上に登るようで、ダイヤモンド富士が見れると書いてありました。








千畳敷カールにも、太陽の光が~






そして、数分間だけオレンジ色に。

涸沢カールでも見たモルゲンロートです~







しばし早朝のアルプスを堪能して、部屋に戻って朝食タイムです。




夕食時に定食のコースの人には、シンプルプランとして朝のお弁当が配られます。

私たちは、お部屋でいただきました。

おにぎりというのはだいたい想像出来ていましたが、袋に包まれたおにぎりにちょっと驚き。

でも、お漬物もちゃんとついていて普通の美味しさ。

今から山に登る人は、これをザックに入れていくんですよね。








千畳敷駅からの始発のロープウェイの時間を、カールを眺めながら待ちます。

乗越から、もう人が下りてきています。







駒ケ岳山荘の前でテントが数張あったので、

その方たちが下りて来たんでしょうか・・・

朝だと凍ってたりするのかなぁ・・・




雪原のあちこちに小さな足跡が~





始発に乗って、千畳敷カールに別れを告げます~







そして、またバスに揺られ、駐車場まで。

駒ヶ根のホテル前の池は、鏡に映ったカール。



すこーし風で揺れてます。




帰り道に、お値打ちリンゴを買って、また飯田市に寄り

また上海楼さんで中華そばを食べて帰りました!








また、木曽駒ヶ岳の雪山登山、挑戦したいです!










ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | 中央アルプス 木曽駒ケ岳 ホテル千畳敷 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
初ピッケル!雪の木曽駒ヶ岳登山~乗越から頂上まで♪
- 2015/12/12(Sat) -
12月5日(土)~7日(月)で木曽駒ヶ岳登山に行ってきました。





まずは、稜線の乗越浄土までの直登です。




徐々に空が曇って来ましたが、風もほとんどなく、寒さは全く感じられません。

いつものごとく、最初のペースが速すぎてしまう私を、

「ペースが速いぞ、また後でバテるぞ!!」 と、相方さんに注意されました><;




意識してゆっくりと登るようにして、しばらくはピッケルなしで進めました。

後ろを振り返ると、もうかなり登って来ていました。

ホテルがかなり下です。


駒ヶ根の町並みと、向こうには南アルプス、そしてその向こうには富士山も見えました。





徐々に急斜面となり、ピッケルをしっかりと使いながら登って行きました。

トレースはちゃんとついていたので、どこに足を置くのかは迷わなくてもよかったです。

途中で暑さを感じ、汗で冷えないようにシェルを脱いで、メリノウールのインナーと

ポリのTシャツだけになってまた出発。






ピッケルをふかふかの雪にさしてしまうので、また抜いて、絞まった雪に刺し直して

慎重にゆっくり登って行きました。






乗越浄土までの急斜面は、つづら折れになっていたのですが、

道がとても狭く、下をのぞくとほぼ絶壁のようにも見えて、かなりの恐怖感もあり、

さらに慎重にゆっくりとアイゼンをしっかりと使って、

とうとう、稜線に出ました~!(稜線までは、撮影する余裕なく、写真がありません><;)


fc2blog_20151211204804be7.jpg


恐怖感から脱出できたことと、急斜面を登りつめたことで、もうここで十分に達成感がありました♪


浄土乗越は、常に強風が吹いていることで有名だそうですが、

この日は、ほとんど風がなく、シェルを一枚着ただけで、そう寒くありませんでした。


風がどれだけ強いかが分かる、すごーいエビのしっぽ状態。





乗越浄土から中岳を超えると、駒ヶ岳が見えるそうです。




中岳までは、斜面が凍結していて、トレースがないところもあって、アイゼンの爪痕を探しながら歩きました。






中岳まで登ると、駒ヶ岳が目の前に。

そして、その奥には御嶽山が~





あの山荘まで降りて、持ってきたバームクーヘンとセブンカフェを食べようかと

中岳の急斜面を慎重に降りて行きました。



山荘の前では、数人が昼食でカップラーメンなど温かかい物を食べてみえましたが、

バーナーが点かなくて、諦めている人もありました・・・




アツアツのセブンカフェでほっこりとして、後は駒ヶ岳登頂のみとなりました。


ここを登れば頂上です・・・

fc2blog_20151212214440024.jpg



休憩したにもかかわらず、駒ヶ岳を見上げると、あそこまで登る気力がなくなって、

急斜面の中岳を降りて来て、その中岳の斜面を登ることへの

心配ばかりが頭にありました。


その力を残しておかないと、更にあの斜面を事故なく降りてホテルまで戻らないといけないという

気持ちの焦りもあり、結局私だけは登頂を断念・・・(また・・・でした><;)




私一人で先に中岳を登って、乗越浄土まで戻ることになり、

相方さんだけ駒ヶ岳へと登りました。









中岳までの登りを何回も休憩しながら、ようやく頂上に着いて、また下って

一人で何とか乗越浄土まで戻ってきたら、すぐ後ろにはもう相方さんが追い付いて来ていたことに

びっくりでした・・・

「何分くらい待った?」って聞かれたので、「今着いたとこやけど・・・」って言ったら、

えらくびっくりされました・・・どれだけ私の足が遅いかがよく解りますよね・・・><;




乗越からの絶景♪








ホテルまでの急斜面・・・

下りはさらに恐怖感が襲いますが、しっかりとゆっくりとピッケルを使いながら降りて行きました。




このつづら折れで一回転倒した時には、冷や汗ものでした・・・

何かあるといけないので、常に相方さんが前を歩いては後ろを振り返り、私の歩き方や

ピッケルの使い方が間違えてないか確認をしてくれていました。





雪はしっかり量があったので、しっかりと踏みしめながら降ります。





徐々に斜面がなだらかになってくると、他の人たちはお尻で滑りながら、楽しんで降りていく人も

ありました。

私も、かなりホテルに近づいてからお尻で滑ろうとしましたが、すでに遅し、

全然滑ってくれませんでした(笑)






かなり疲れてきて、


よたよた・・・






よたよた・・・     もうコケて転げて行っても大丈夫ですけどね・・・





そして、無事にホテルの近くまで降りてきました~♪





あそこから降りてきたんだよね~って自分で自分を褒めては、感動していました♪





午後からの天気は風も強いとの予報でしたが、ほとんど無風に近く、

一回もダウンを着ることなく、寒さ知らずで戻ってくることが出来ました。






下りてきたら2時半だったのですが、ごそごそしていたら3時を過ぎてしまい、

ホテルの食堂が閉店してしまったので、ホテル千畳敷にチェックインしてから

売店で肉まんあんまんを食べて、お風呂であたたまりました。




翌朝、ご来光が見れるかなぁ・・・


つづきます・・・






ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
この記事のURL | 中央アルプス 木曽駒ケ岳 ホテル千畳敷 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
初ピッケル!雪の木曽駒ヶ岳登山に行ってきました!!
- 2015/12/09(Wed) -
中央アルプスは木曽駒ケ岳に登ってきました。



12月5日(土)から二泊三日の旅。

日曜日がまあまあのお天気だったので、土曜日にゆっくりと出発して

駒ヶ根のビジホで一泊し、翌朝早くにロープウェイに乗ることにしました。

初めてのピッケルを使っての雪山登山・・・

不安と楽しみが入り混じっていました・・・

土曜日、まだまだ香嵐渓の紅葉の車で渋滞中のようで

仕方なく、飯田まで高速道路でビューンと走りました。

飯田市内はいつも混んでいるので、いつもは避けて飯田山本インターで降りるのですが、

今回は、相方さんが美味しいラーメン屋さんを見つけたとのことで

寄ってみることにしました。

「 上海楼 」 さん。



11時からのオープンで、ちょうどオープンの時間数分前に市営の一時間無料のパーキングに停めて

すぐ近くのお店へ。

なんと、土曜日という事もあり、すでに10人くらいのお客さんが並んでいて、

その後にうまく座ることができました!!

さすが人気店です♪

そして、相方さんのリサーチだとかなりの麺の量だとのことで、中華そばの半というのを注文。

相方さんは並みを注文しました。麺の茹で方もやわらかめとのことで、

希望でかためをお願いしました。



こちらが、私が注文した半の中華そば。

醬油ベースのあっさりコクのある美味しいスープです。

そして、普通の量に心持ち少なめでしたが、私にはちょうど良かったです。



こちらが、並みの中華そばです。

かなりの量ですよ~!! 相方さんも満腹になっていました。これで並みだったら、大盛ってどんなん!?



オープンの11時からほんの15分位ですでに満席~

これからは、長野に来たら必ず飯田に寄りそうです(笑)

そして、帰り道にもまたこの上海楼さんに来て、また食べたのでしたぁ(笑)

ほんと美味しかったです♪餃子も食べたけど、モチモチってしてて超ウマ~♪

飯田市からは、下道を走りどんどんと北上します。

右手には、雪の南アルプスが一望できます。



左手には、中央アルプスが見えるのですが、残念ながら黒い雲に覆われていました。

明日登山の予定だけれど、今日のような状況だと登山は無理ですが、

日曜日の宿泊には、「 ホテル千畳敷 」を予約してあるので、どんな天気であれロープウェイには

乗らないといけないのです。

飯島市の産直市場に寄りました。



軒下には、こーんなにたくさんの干し柿。

市田柿ですよね♪

干し柿だーいすき人間の私としましては、ちょっとお高めでも市田柿を購入♪

fc2blog_201512092245227f2.jpg

次に向かったのが、「 光前寺 」

光る苔があるとの情報で寄ってみましたが、それは春から秋までのことだそうです。



春には枝垂桜が有名で、たくさんの桜の木が植えられていました。

桜の頃はまだアルプスも雪に覆われているから、どちらも堪能することが出来ます。

来年の春は、こちらのお寺に来たいと思いました♪

光前寺の駐車場からの絶景です♪

中央の大きな山が、南アルプスの女王・仙丈ケ岳、右側には日本で二番目に高い北岳、

左側には雲に隠れていますが、この夏に挑戦した甲斐駒ケ岳。



駒ヶ根のビジホまではもうすぐそこだったのですが、

まだまだ時間に余裕があって、どこに行こうかと探していたら、

20キロ南に走った所にワイナリーがあることが判って、来た道をまた戻って、

ちょっと行ってみることに。

「 まし野ワイナリー 」 さん。



お店に入ると、気さくなご主人が「ワインやジュース、いろいろと試飲してみてください」と

声をかけてくださって、またお店の奥に入って行かれ、気楽な感じで試飲ができましたよ♪



ワインもすこーし試飲しましたが、この前に試飲で酔っ払って、ぶっ倒れたので(笑)、

今回は控えめにして、ジュースの試飲をいっぱいして、お土産に購入しました。

白ワインも一本購入。



ワイナリーはかなりの高台に建っているので、素晴らしい南アルプスが一望できるのです。

こんな所に住みたーいって思える場所です♪



そして、駒ヶ根のビジホへと向かいました。

今回は、「 ふるさと割 」を利用して、一万円引きで一泊二食付、

いつもは、狭ーいお部屋で宿泊しますが、最上階のツインのお部屋!!

一人当たり5000円で宿泊できました。

それも、近くのお店でいろり焼きのコース料理で、とても美味しく、お得感満載でしたよ♪

いろり焼きは、岩魚とエビ。



岩魚と馬刺し。



牛肉と野菜!



岩魚のお刺身の骨を揚げてもらって、骨せんべいに♪



締めは、十割蕎麦です。シコシコととても美味でした♪



その他にもイカの丸焼きもあって、モツのげそホイル焼きもついて、これも美味しかった~!!

朝はバイキングで、ほんとにお得~!!

さて、問題は日曜日の朝の山の様子です。

朝六時頃に起きて、窓のカーテンを開けてみると・・・

なんと、晴天!!登る予定の木曽駒ヶ岳がくっきりと見えていました。

ただ、天気予報では、お昼前から曇。すでに遠くの方では、薄灰色の雲が広がって来ていました。

でも、とりあえず出発して、行くしかないよね~。

7時過ぎに近くのセブンイレブンに寄って、持ってきたサーモスのボトルにセブンカフェ二人分を買って詰め替え、

ちょっとしたお菓子を買います。ボトルは、ホテルでお湯を沸かして入れて、内部を温めておいてから

セブンカフェを入れました。おかげで頂上でも熱々のコーヒーを美味しく頂けましたよ♪

コーヒーは、なんと夜までかなりの熱さが残っていて、さすがサーモス!!って思いました♪

そして、7時半ころに菅の台という駐車場に到着すると、すでにバス停でたくさんの登山客の列~!

こんなに寒いのに、やっぱり登る人はたくさんいるんだなぁって、つくづく感心。

ろくに体力づくりもしていない私・・・こんな所に来るのは10年早いような気がしました・・・

でも、ちゃっかりとピッケルも用意なんかしてますけどね・・・



8時からの切符売り場のオープンを待って、バス停でザックを置いて順番待ちのようです。

私たちもザックを置いて、チケットを購入します。



今回、キャンペーンでホテル千畳敷一泊二食付で、さらにバスとロープウェイの往復チケットが付いて、

一人9800円で利用できました。

乗り物だけでも3900円、通常の宿泊料金も1万円以上しているそうなので、

冬場はかなりのお得感があります。



一台目のバスには乗れなかったので、臨時で二台目に乗り、30分ほどつづら折れの山道を走って、

しらび平というロープウェイ乗り場に到着。

通常2台のゴンドラが運行しているようですが、冬場は1台のみだそうです。

60人乗りの定員ですぐに乗れなかったので、それでまた20分待ち。



千畳敷駅2612メートルに到着すると、みんな出発の準備をしています。

私たちは、宿泊用の荷物だけホテルのロッカーに預けました。

そして、アイゼンを装着。



無事に帰って来れるように、神社にお参り。



まだ青空は見えてますが、徐々に曇り空になってくる模様。

もうすでに、カールを登っている人たちが、豆粒のように見えています。

私もあの稜線まで行くんだよねぇ・・・、いや、行けるよねぇ・・・、行けるのかなぁ・・・

初のピッケル使用・・・相方さんにレクチャーをしてもらいましたが、

いざ、滑ってしまったら、ちゃんとできるのかどうか不安です><;

とにかく、慎重に確実に登って、そして降りられるように~



カールを登り始め、目の前に立ちはだかる雪の壁。

あの稜線の少し手前にはかなりの急角度・・・

4分の3くらいまでは直登です。夏道は、つづら折れになっているとのこと。

相方さんは、夏山登山をしているので、今回で2回目。



まぁ、行ける所まで行ってみようって事でゆっくりと登って行きました。

あの乗越浄土2850メートルまで、一気に240メートル・・・

ちなみに、帰って来てから判ったことですが、

土曜日は、途中から雪が凍結していて、登れなかったようです・・・

つづく・・・

ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
この記事のURL | 中央アルプス 木曽駒ケ岳 ホテル千畳敷 | CM(16) | TB(0) | ▲ top
| メイン |