冬の知床に魅了された四日間~最終話。
- 2013/01/16(Wed) -
クリスマスの朝、早く目が覚めると斜里岳が部屋の窓から見えました。

前回は雨で見ることが出来なかった斜里岳です!

写真を撮りに行こうと、寒さも忘れてお宿を飛び出しました!



ピーンと張りつめた空気の中で、素晴らしい風景を眺めては、シャッターを押して

また見惚れてはシャッターを押して・・・

でも、シャッターを押す時は手袋を脱いで、また履いてまた脱いで・・・

さすがに寒いと言うより、痛いくらいの冷たさです

fc2blog_201301110100328ae.jpg


そして、そんな素晴らしい斜里岳の前にこのお宿「風景画」があるのです。




朝食の時間になってお宿に戻り、二階のリビングに行くと、おかみさんが「寒かったでしょー

外の気温はマイナス10度くらいよ~!夜中はマイナス19度まで下がってたし~」ですって!

私たちが写真を撮ってた時にピリッと痛いような冷たさ・・・それがマイナス温度なんですね!

すごいです、やっぱり北海道は!!



北海道最後の朝に、こんなお天気のプレゼントをもらって、そんな素晴らしい景色を見ながら

美味しい朝食をいただきました♪






なんと大きな窓からは、遠くに真っ白な知床三山までくっきりと見えるのでした~




オホーツク海も左の窓から見えて、一月のある日、突然と海が真っ白になって

流氷がやってくるのだそうです!!

お宿のご主人は、そうやって私たちにとっても嬉しそうに話してくださるのです!

この北海道を愛してるんだなぁって感じちゃいました。

素敵だなぁ!見てみたい、流氷~



さぁ、最後にまた看板犬ムギちゃんをもう一度斜里岳バックに記念撮影!

ほんとにおりこうさんで、またポーズをとってくれましたよ♪




三年越しの「ロッジ 風景画」さんに二泊も宿泊でき、

また必ず来ますって誓って、お別れをしました。

今度は、三泊も四泊もして、このお宿を拠点とした旅が出来たらいいなって思いました♪




さぁ、出発です。

午後三時前の女満別からの飛行機に乗るには、一時半にレンタカーを返さないといけません。

でも、なんとか少しでも寄り道もして行きたい。

まずは摩周湖に行くことに。

近道の裏摩周は通行止めのため、ぐるっと回って登って行かないといけません・・・

でも、果たして摩周湖は見えるのでしょうか・・・

今まで三回摩周湖に来ましたが、すべて霧のない美しい湖を見てきました。


でも、今日は雪で・・・

なーんにも見えず真っ白でした(笑)でもそれも素敵な思い出です♪




摩周湖から屈斜路湖を通り、美幌峠を走って女満別まで走りました。

美幌峠もお天気であればとても美しいのでしょうが、

あいにく吹雪でした・・・

峠の道の駅のお店の男性が、「せっかく来てもらったのに、こんなお天気で・・・見てもらうのは

雪と木しかないなぁ」とすまなさそうに話しかけてくださいました。

その優しい北海道の人柄に触れたことが、吹雪の美幌峠のよい思い出になりました



峠を下ってきたら、晴れていてとても美しい並木道も走ることが出来ました。




お昼は、途中にあったラーメン屋さんに寄ることに。

北海道に来て、神の子池で食べたカップラーメン以来のラーメンです♪

RIMG0305_convert_20130108204228.jpg





女満別に到着。

メルヘンの丘に寄りました。


ほんとにメルヘンを感じる風景です・・・


IMG_1182_convert_20130116001009.jpg



曇りではありましたが、こんなお天気もすべて美しく思えます・・・




そろそろこのような景色ともお別れです・・・





午後1時少し回った頃に、レンタカーを返却。

4日間、素晴らしい北海道を見せてくれたレンタカーに感謝して、

少し早かったのですが、あとはゆっくりと空港でお土産などを見て、コーヒー飲んで

搭乗口に到着した頃に、一機の飛行機が到着し、その誘導するスタッフさんが

何とサンタさんになってまして、これはクリスマスらしい女満別空港の粋な計らいなのでしょう~



空港にも、サンタさんが子供たちにプレゼントを配っていらっしゃいまして

とても幸せな気分にさせていただきました




もう2013年1月も半分が過ぎてしまって、月日の流れがどんどんと早くなっていくのを

感じております・・・

今年も、事故のないバイク・登山ライフを送れるようがんばりたいなって

思います





ぽちっとしてくださるとうれしいです。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | 2012年12月 雪 ロッジ風景画 | CM(14) | TB(0) | ▲ top
ロッジ風景画と神の子池~道東の旅・後編
- 2013/01/11(Fri) -
12月23日(日)。ウトロから斜里に戻り、清里町の立ち寄り温泉に寄り、お宿に到着したのは

夕方5時半を過ぎ、もう真っ暗でした・・・

レンタカーを停めて荷物を持ち、お宿に入ろうとしたら、中からご主人が出迎えてくれました。

懐かしいお顔でした(ホームページでも登場されてるのもありますが・・・)

三年前に宿泊したことも、ゼファーとW650で来たと話すと、たくさん宿泊されるお客さんがある中、

なんとなく覚えてくださってました



お宿「ロッジ風景画」。

今回の道東の旅の目的は、このお宿に宿泊するということも大きな一つの目的でもありました。

3年前の初めての北海道ツーリングで、3泊目に泊まったお宿がこの風景画さん。

もちろん初めての宿泊でした。

7月の北海道でしたが、この日はとても寒く、果てしなくまっすぐな道をバイクで気持ちよく走れる

はずが、サマージャケットの下は半袖のTシャツのみ、もう寒くて寒くてたまりませんでした。

夏なのにこの寒さは何?

お宿に着いたら、おかみさんが(おかみさんと言ってもとてもお若くて綺麗な方なんです!)

「寒かったでしょー!お風呂につかって温まってくださいな~。今日は寒くて13度くらいしかないと

思いますよ~」って、言われたのをまだ鮮明に覚えてます。

あれから、知床に行きたくて行きたくて、もちろんバイクで行ければ一番いいのだけれど

やっと三年越しに念願がかなったと言う訳です。

なぜこのお宿なのかと言うと、まずはご主人とおかみさんの人柄、お宿の居心地の良さ。

そして北海道の食材をふんだんに使った美味しいお食事。

リビングから見える雄大な斜里岳や美しい木々や畑。

前回は残念ながら雨だったので、まったく斜里岳は見えずじまいだったのですが、

今回はとても美しい斜里岳を見ることができましたよ♪




まずは、夕食。

お魚とか、サラダとか写真を撮り忘れたお料理もあるのですが、さっそく美味しいお食事をいただけて感動。

おイモは、ご主人が暖炉の上で鉄のお鍋でふかしたものなんですよ!ホコホコで最高!!

RIMG0140_convert_20130108201136.jpg
流氷ドラフトビールは、ウトロの道の駅で購入したもので、ブルーの色なんです

これはお部屋で飲みました。

お部屋は一階で、リビング、お食事処は二階にあります。

お食事が終わって、お客さん同士でおしゃべりをします。

このお宿の素晴らしさは、ご主人がライダーでもあり、アウトドアのプロフェッショナルでもあるので

お客さんもアウトドアを楽しみに宿泊される方がほとんどで、共感できる会話ができるところにも

あるのです!

宿泊されている中で、私たちより少し年上の男性から声をかけていただいて

今日はフレペの滝まで行ってきたと話をすると、その男性も同じ場所に行かれたとのことで

話に花が咲き始めました。自然センターの窓口の方が、「お一人、ラッセルで行かれたので

道はついていると思います」と話されていたのを思い出して、その方が同じお宿にいらっしゃる

この男性だったとは!!だから旅って楽しいのですよね!

そのあとも、オオワシのなる木の話なども伺い、明日神の子池のウォーキングの後に行ってみることに。



清里町の立ち寄り温泉は、前回宿泊した時にご主人に車に乗せてもらって行った温泉です。

お宿のお風呂は普通のバスタブで温泉ではないので、希望したら近くの温泉まで送迎してくださるのです。

もうお風呂も入ったし、あとはお部屋でのんびりと過ごし就寝しました。

相方さんは、一人酒盛りをしていたようですが・・・(いつものことですけど・・・)


24日(月)クリスマスイヴの朝。

吹雪いておりました。

でも、神の子池スノーシューウォーキングは、最大の目的でもあったので決行。

お宿でスノーシューとストックをレンタル。大きなスコップを持って行くといいよ!って貸してもらいました。


周りの景色は何にも見えません。真っ白な世界です。




お宿の看板犬のむぎちゃん。ポーズを取ってくれましたよ!かわいい!!




二階から見たら、なんと雪の上で猫のように丸くなって・・・

寒くないのかしら・・・?

fc2blog_20130110233135070.jpg


朝食をいただき、9時前に雪の中を出発、30分位で神の子池前に到着。

パーキングはないので、先日お宿のご主人がツアーで来た時に、一台分のパーキングを皆で

雪掻きをして作ってあるとのことを教えていただき、先客がいなかったら停めれるとのことでした。

どうやら一番乗りのようで、手作りのパーキングに車を入れたのですが、もう少しドアの部分を

掘らないといけなく、スコップを持って初めての雪かきです(笑)

5分10分と雪かきをしているだけで、もうめちゃ疲れて、暑くて、相方さんは特に汗びしょになって

零下なのに南国に居るような顔をしてました(笑)

なんとか出入りできる大きさになり、スノーシューを履いて出発です。




見ての通り、すごい雪が積もってます。

初めてのスノーシューの履き方も、出発する時にご主人が教えてくれました。


ご主人たちのラッセルの後があるので、私たちはその後を歩けます。




木が雪の重さでしなり、アーチになってます。

雪は、サラサラでフワフワで、踏んでもパフパフと音がして、こんな雪初めて。

雪を蹴ると、砂を蹴ったように広がって飛んでくんですよ~!

もう感動・感動で、歩くのも全然疲れを知らず、楽しくて~




いっぱい写真を撮りながら、一時間ほどで神の子池に到着。







ツーリングの時は、ダートな道だったために断念して来れなかった神の子池です。

写真で見た美しい神の子池とは少し色が・・・

やっぱり太陽が出ていないせいでしょうね・・・

でも、凍らずに底までちゃんと見ることができましたよ!




ちょうど雪のイスがあったので、そこに座り、池を見ながらの昼食です。

昼食はセイコーマートの塩カップラーメンとおにぎりです!




飛行機で来たためにバーナーを持参できなかったので、お宿でお湯をいただきました。

RIMG0191_convert_20130108204129.jpg

マイナス温度の中ですが、このポット(登山用に買ったもの)のおかげで

5時間も経っているのに、熱々のお湯が出てきて、めちゃくちゃ美味しいラーメンを

食べることが出来ました!さすがですよね~

fc2blog_20130111000612b3f.jpg





一時間ほど神の子池と真っ白な世界の中で過ごし、引き返すことに。

fc2blog_20130110014336e29.jpg


午後一時前に車まで戻り、今からオオワシのなる木を探しに行くことにしました。

だいたいの場所は聞いていたのですが、たぶんここかなぁと思った場所に何羽かの鳥が

止まっていたので、近くに車を停めました。

お宿のご主人から聞くと、12月と1月にこの斜里にオオワシとオジロワシが200羽ほど飛んできて

この木の下を流れている川を登って泳いで行く鮭を食べるそうです。

宿泊している男性からもカメラに収めた写真を見せていただいたら、すごい大群のワシが

木に止まっているではありませんか!!

でも今日は、あまり止まってません・・




でも、たしかにオオワシとオジロワシです!





動物園でしか見たことのないワシを自然のままで見れるなんて感激です!




ここで何枚も何枚もワシさんの写真を撮りました・・・




そして、この木の下を流れている川を見に行きました。

川に近づくにつれ、魚の独特な匂いがしてきました・・・

よく川の淵を見ると・・・

大きな鮭の死骸がたくさん沈んでいました・・・

きっと、ワシさんたちに食べられた後の姿なのでしょうね・・・




そして、川をよく見ると、鮭がたくさん登って行くのが見えました。

こんな光景も初めて見ました~

fc2blog_20130111002801778.jpg


午後2時半頃まで、北海道の冬の大自然の中で過ごすことが出来、

このあと、少し雪道を走ろうとドライブしました。

ホワイトクリスマスをこの北海道で迎えることができて、こんな感動はありません~





午後4時頃に清里町に戻ってきました。

北海道ならではの光景です。




そして、お宿に戻る前にまた昨日行った立ち寄り温泉に行きます。




温泉で温まって、お宿に戻り夕食です。

今日は、クリスマスイブということで、おかみさんの手作りチーズケーキもいただいたのですが、

なんと写真を撮るのを忘れてまして・・・ショック

どれもこれも、めちゃ美味しいお料理です。

今日も、ご主人が暖炉で蒸かしたおイモさんをいただきましたよ!野菜の素材を生かしたお食事は

やっぱりいいですね♪

RIMG0256_convert_20130108202436.jpg

2日目の夜は、お若い一人旅の男性がいらっしゃいまして、

お正月まで北海道を旅するとのお話を伺って、なんとうらやましい~

その男性もバイクを何台も持っているとのことで、お宿のご主人も加わり、

バイクの話や、登山の話まで楽しいひとときを過ごしました。


もう明日は帰る日・・・

早いですよね、旅をしていると、あっという間に時間が経っていきます・・・

最終日は朝から晴れて、素晴らしい斜里岳がその姿を見せてくれました。

最終話は次回に。




ぽちっとしてくださるとうれしいです。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
この記事のURL | 2012年12月 雪 ロッジ風景画 | CM(16) | TB(0) | ▲ top
冬の知床に魅了された四日間~佐呂間からウトロへ。
- 2013/01/06(Sun) -
もう去年の話になってしまいましたが、バイクの話ではなく旅のお話です。


12月22日~25日の四日間、ずーっと念願の知床でクリスマスを過ごすことができました。

一言で、「素晴らしかった!!」です。

もっともっと延泊してこの大自然をもっと知りたい!!って思えるほどでした。

もちろん寒さは今までにない大雪の12月だそうで、長年住んでいる方たちが驚いているとのこと。

日中も太陽が出ていてもマイナス温度で、斜里の四日目の朝はマイナス19度だったとのこと><;

でも、それなりの防寒対策はしていたので、耳や指先を保護していればあまり寒さは感じず

それよりも真っ白な世界と、全然溶けていかないフワフワのパウダースノーにただ感激の四日間でした。



女満別空港に到着したのは午後三時半頃。

そこからレンタカーで、一日目のお宿のあるサロマ湖まで向かいました。

一日午後の1便のみで、観光する時間もなく、北海道は日没が早く4時半には真っ暗となりました。

おまけに道路は凍てついており、雪道に慣れている相方さんも少しビビりぎみ・・・

壁も道路も真っ白で、何処が曲がり道なのか解らず、曲がろうと思ってもスリップして通りすぎて

しまったりと、最初はそんなこんなで怖い思いをしながら、網走湖、能取湖、サロマ湖と三つも湖を

真っ暗な中通りすぎ、お宿に到着。

夕食は、蟹やホタテ、そしてサロマは牡蠣が有名らしく、食べ放題でしたが、盛られた大皿一皿だけで

お腹いっぱいになりましたよ><;


次の日朝早く起きて、昨日全く見えなかった景色を見に外に出ました。

お宿は「悠林館」さんです。つららがいっぱい・・・

IMG_1115_convert_20130102235024.jpg



サロマ湖です。

お宿はサロマ湖の前の高台に建っているので、とても見晴らしがよいのです。

一月末になると流氷が来るので、それと同時に凍って真っ白になるそうです。

流氷・・・まだ一回も見たことが無いので、ぜひ流氷の時期にも来たいものです。

遠くにオホーツク海も見えております。


RIMG0036_convert_20130102232702.jpg


朝食のホタテのお味噌汁・・・お味も素晴らしかったですが、この貝の量に驚き!!!

RIMG0042_convert_20130102232808.jpg

素晴らしいお宿とお料理を堪能し、早々と出発。

今日は知床半島のウトロまで行く予定をしております。



途中で、サロマ湖と記念撮影。

IMG_1116_convert_20130102235131.jpg




車窓から撮った雪景色。



こんな景色がとても珍しいから、何度もシャッターを押してました



網走に到着して、網走刑務所に寄ることに。

パーキングは、冬期で無人となっており、数分で出発するからと橋の手前に置いて

レンガ造りの建物だけ撮影。

こんなに美しい建物とは思わず、川とレンガと青空がとても凛としていて・・・

IMG_1120_convert_20130102235303.jpg


急いでまた出発。

R244、斜里国道はオホーツク海沿いを走っております。

車窓から撮ったので少し見にくいですが、マイナス4度の表示が出ております。





しばらくは、こんな風景が続きました。

相方さんは運転、私は助手席でオホーツク海に感動しておりました





しばらく走ると看板が見えてきましたが、サロマ湖は青空だったのに、知床方面はどうもあやしい

雲行き。

9時に出発して、この時点でもう11時半です。

ウトロで少しウォーキングをしようと思っているのに、時間があるのでしょうか?

さすが北海道です!!広すぎです><;

遠くに知床の山々が見えております。

RIMG0074_convert_20130102232925.jpg

RIMG0075_convert_20130102233044.jpg



まだお昼前なんですが、この黒い空・・・

ウトロはどんなお天気なんでしょうか・・・






だんだんと雪深くなってきて、もう前が見えなくなるくらいに・・・

前を走っているダンプカーもほぼ見えません・・・

帰りに又この道を走るのですが、通行止めなんぞになってしまったらお宿に行けなくなりますが・・・

fc2blog_2013010301002857d.jpg





途中から少し雪もおさまり、前が開けてきました。

そこに見えたのが・・・

この写真、車窓からなのであんまりわからないと思いますが、

オシンコシンの滝なんです。

凍ってるし、暗いし・・・でも記念にと撮りました><;

fc2blog_201301061750447fa.jpg




初めてのウトロに到着したのが、正午をすこしまわった頃で、

ネットで調べておいたお店でお昼を食べようと思ったのですが、なんと休業・・・

他のお店も営業しているところがほとんどなく、やっぱりこんな極寒期はお客さんもいないのか?

堅いところで道の駅「うとろ・シリエトク」に入り、レストランで食事をすることにしました。

で、注文したのが海鮮丼と豚丼。

写真は海鮮丼ですが、これがまためちゃ美味しかったのですよ

私たちが来た時は誰も居なかったレストランですが、このあとけっこうお客さんが入ってきて

にぎやかな道の駅となりました♪


RIMG0095_convert_20130102233153.jpg



さぁ、今日のメインはフレペの滝までのウォーキングです。

ご飯を食べている時に、けっこう雪が降ってきて諦めたりもしましたが、

またすこしお天気が回復してきて、とにかく知床自然センターまで行ってみる事にしました。



バイクで走りたい知床横断道路は通行止めになっております。

この道路を行くと羅臼に行くのですよね!

いつかは走りたい道路です。思わず記念撮影。

RIMG0096_convert_20130102233304.jpg


自然センターで少しお話を聞いてみると、積雪があるのでスノーシューを使った方がいいとの

話で、まだレンタルの時期ではないのだけれど借りたほうがよいと言われました。

朝、お一人ラッセルして行った人がいるので、道は出来ているとのことだったので、

一度「フレペの滝遊歩道」を見に行ってみることにしました。

なんとか履いてきたブーツで行けそうかな・・・と判断し、スノーシューをレンタルせずに

往復二㌔の雪道を出発。

すでにラッセルしてある道を歩いていきます。



歩きだしたら、いきなり大ツノのダンナに会いました(笑)

fc2blog_20130106175031fc0.jpg


こんなに早くエゾシカさんに会えるなんて思ってもみなく・・・

知床に来たんだなって改めて感動



先を進むと、だんだんと雪が深くなってきて、時々ズボッ、ズボッと膝くらいまで沈んでいきます。

RIMG0108_convert_20130102233419.jpg




途中にエゾシカさんの団体様に遭遇。(この写真は知床からスマホでアップしたものです)

一生懸命に雪を掘って、隠れている草を食べて冬を越そうとがんばっています。

fc2blog_2012122314540113e.jpg

この雪で食べるものがなくなって、ガリガリに痩せて春を待てないシカさんもいるそうです。

この冬も頑張って越してほしいですね・・・








半分の地点まで来ました。

途中で会ったセンターの方に、「スノーシューがないと大変でしょう!体力を2倍使うから~」と

言われちゃいましたが、なんとか行けそうです。

最初は中にダウンも着てましたが、暑くて途中で脱いでしまいました。

雪はパラパラと降るくらいです。


55555.jpg






フレペの滝に30分歩いて到着しました。




極寒厳しいオホーツク海は、怖いくらいの色をしてました・・・

RIMG0124_convert_20130102234705.jpg


フレペの滝は、冬期はほとんど凍っているそうです。

断崖絶壁の上から見る滝は、かなり迫力でした・・・

夏は、船から見てみたいなぁ♪




少しの間、最果てのオホーツク海とフレペの滝に魅了されながら

また来た道を戻ります。

エゾシカさんたちは、私たちにも目もくれず、ひたすらお食事です。




このあと、斜里まで戻りお宿へと向かいます。


後編は次回に~










ぽちっとしてくださるとうれしいです。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
この記事のURL | 2012年12月 雪 ロッジ風景画 | CM(18) | TB(0) | ▲ top
| メイン |