福寿草♪~雪の藤原岳登山
- 2017/04/07(Fri) -
福寿草。






4月2日(日)、藤原岳登山に行って来ました。

目的は福寿草!

登山口駐車場は早くから満車になるので、5時半出発で6時過ぎには到着したのですが、

それでもほぼ満車状態で、県外ナンバーが多かったです。

とっても人気の鈴鹿7♪

なんとか停めて準備。





なんと、忘れ物発覚!

雪山で、それも前日の雨でぬかるみかあるだろうと

ゲーターは必需品だったのに、忘れて来たぁ(≧∀≦)

パンツの裾が泥だらけになることは間違いなし(≧∀≦)

相方さんはカメラを忘れてきて、ゆるゆる登山スタート。





7合目まではぬかるんだ道もあれば、乾いた道もあり、調子よく登ってきました。





8合目前になると、雪が出没~




8合目に到着。




ここからは、6本爪アイゼンが必要となります。





冬道は直登、夏道は巻道でしんどくないのですが、

雪が多くて巻道が埋もれていて、結局ほとんど直登でした。

雪解けもあって、足元はかなりぐちゃぐちゃ・・・





でも、振り返ると絶景~~(*^◯^*)


真ん中は伊吹山!





左手の雪山は霊山⁉︎









8合目から9合目までが一番急登です。

ドロドロ~~(≧∀≦)





ようやく9合目!


岩場にたくさんの福寿草が咲いていました!













しばし福寿草の撮影で楽しんだら、最後の9合目を登ります。


なぜか9合目って、すごく長ーく感じるのです。







そして、ようやく山小屋前に到着~~(*^◯^*)








風もなかったので、ベンチで食事をして、しばらく休憩。


数年前に新しくなったおトイレを利用して、

また出発。






天狗岩のある方向へと歩きました。

眺めのよい場所に出ると、伊吹山と霊山が一望!

青空と雪山がとても美しいです。






背中にはドロドロのアイゼンが入ったビニール袋。







藤原岳の頂上が見えます。

今回は登るのをやめて、下山することに。




またアイゼンを付けて、早々と下山。

まだまだたくさんの人が登ってきます。

でも、アイゼン付けてない人も沢山いて、

下山時に急斜面の9合目、8合目でかなり苦戦しながら

降りている人もチラホラ。





久しぶりの藤原岳。

そして、やっぱり雪があると楽しい!



今度は、どこに登ろう⁉︎










ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村







スポンサーサイト
この記事のURL | 鈴鹿連峰 藤原岳 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
藤原岳・鈴鹿セブンマウンテン元旦登山!
- 2016/01/03(Sun) -
藤原岳登山に行ってきました。






2016年元旦。

年末からの希望は、長野の山で雪中キャンプでしたが、予想以上に雪が少なく、

もっと雪が積もってから~ということに。



元旦から登山するのは初めてです。

まずは、「菰野富士」から初日の出を見に行こうと、朝5時に出発~。

途中で雨が降って来て、どうしようかと悩んでいたのですが、止んでよかったです。

車で30分、小さいスペースの駐車場はほぼ満車・・・ちょうど一台空いていたので

駐車させて、ヘッデンをつけて出発です。

「菰野富士」は400メートル満たない山ですが、絶景ポイントとのことで人気のようです。

一度相方さんが登ったようで、頂上は狭いから早く行かないと写真が撮れないかも・・・と、

少し小走りに登って行きました。


頂上に着いた時には、たくさんの人が~

空も明るくなってきています。




後ろには、雲に隠れた御在所岳。



白い鉄塔はしっかりと見えています。



日の出はちょうど7時とのこと。

だんだんと海の方が赤く色づいてきました。

四日市コンビナートの煙突のシルエットがきれいです・・・





そして、初日の出。




毎年見に来られている方が、今年はとても綺麗と言っておられました。



振り返ると、御在所岳、左奥の鎌ヶ岳にはモルゲンロート。




そして、この後は藤原岳登山駐車場へと移動です。

今から登る藤原岳。雪は少ないようですが、セブンマウンテンの中では一番積雪のある山です。

今年はほんとに雪が少ないですね・・・

正面は、かなり削られています。登るのは奥の方からです。




駐車場もほぼ満車となっていました。

準備をして、8時半に出発。ここ駐車場は標高160メートル。

1120メートルの頂上まで約1000メートルを登ります・・・

8合目からは冬道だと直登が待っています。でも雪が少ないから壺足にはならないと思いますが・・・













なだらかな林道歩きがずーっと続きます。

下りの若いグループが何組か下山ですれ違いました。

きっと、大晦日から登って初日の出を山頂で楽しまれたのでしょう~♪

年配の男性も降りて来られて、「おめでとうございます!」とごあいさつ。

初日の出が素晴らしかったと言っておられました。

「雪は8合目から10センチくらい積もっていますよ。アイゼンはいらないですね~」と

情報をいただきました。







7合目を過ぎたあたりから、積雪が見られるようになりました。









そして、8合目に到着。

小腹が空いてきて、少し休憩。買ってきたパンをいただきます。


いつもは直登の冬道ですが、ロープが張られており、夏道を行けるようです。

ホッと一安心~直登はしんどいですからね・・・









下山された男性からは、アイゼンは必要ないと言われましたが、

だんだんと歩きにくくなり、足に余分な力が必要になってきたので、

6本爪の軽アイゼンを装着しました。 私だけですが・・・><;









ようやく9合目に到着。

このあたりは3月になると、黄色の福寿草が咲き乱れる場所です。

また3月には登りに来たいと思います~






百名山の伊吹山が見えます。

やはり積雪が少ないですね・・・





9合目からもしばらくつづら折れの道が続いて、一番しんどい時間でした・・・









登っても登っても、ひたすらつづら折れ・・・






ようやく、新設されたおトイレらしき建物が見えてきました~♪





登る事3時間・・・藤原小屋に到着~!!




小屋は変わっていないようですが、おトイレが新しくなったので嬉しいです♪

鈴鹿セブンで頂上に小屋やおトイレがあるのは御在所岳と藤原岳だけです。

山に登った時におトイレがあるのはすごーく安心感がありますよね~^^/



小屋に入ると、男性がお一人でしたが、ザックも幾つか置いてありました。


小屋の中は10℃で、とってもあったかく感じました。


空いていてラッキー♪テーブルも大きいので食事の用意もしやすいです。





持ってきたのは、棒ラーメン。そして焼き豚とねぎもタッパーに入れて。

冬は生の具材でも傷まないのが嬉しいです。





しかーし、シェラカップを忘れてきてしまい、クッカーのまま交代にラーメンを食べることに・・・



でも、山の上で食べる食事って、質素でもとっても美味しいです♪


山専ボトルには、セブンイレブンのコーヒーが二人分。

この前の木曽駒ヶ岳登山の時もそうでしたが、熱々で美味しかったので、今回も豆を持たずに。





そして、藤原岳の頂上を目指します。

一旦下って、あのなだらかな道を登って頂上へ~

前回は、雪が多くてツボ足で登ってすごく大変だったのを覚えていますが、

雪が少なかったら少ないなりに、アイゼンを付けて行かなかったので、ストックだけでは

緩やかな斜面に見えた登山道もかなり滑って登れませんでした・・・

何とか雪の多い場所を選んで登って行きました。






20分くらいで頂上に到着。

海の方は青空でしたが、山側は灰色の雲に覆われていました・・・












風もほとんどなく、暖かにも感じる頂上~




頂上も雪は少なく、樹氷もすこーし・・・






でも、やっぱり美しいです!!










また下って、山荘の方に登って行きます。





1時間ほど頂上で過ごし、午後1時半頃下山。




帰り道は、相方さんも軽アイゼンを装着しました。





下山は2時間で駐車場に到着。

駐車場には、おトイレも休憩所も登山靴の汚れを落とせる洗い場もあるのでありがたいです。

ある程度は靴とアイゼンとストックの泥を落として帰れます。



帰り道に、菰野町の源泉かけ流しの温泉 「 アクアイグニス 」 に寄りました。

元旦なので、空いているのか賑わっているのか見当がつきませんでしたが、

なんのなんの、凄ーい人・人・人でした(笑)

でも、脱衣所もとっても広いので、ロッカーにも困らず、洗い場にも困らず、

ゆっくりとツルツルの温泉を楽しめました♪



いつ雪中キャンプに行けるかなぁ・・・






ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
この記事のURL | 鈴鹿連峰 藤原岳 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ビビりまくり!凍てつく雪山・藤原岳
- 2013/02/06(Wed) -
2月3日(日)、風もなく比較的あったかい朝。

これは、ツーリング日和!イコール登山日和なんですよねぇ(笑)

今年に入り、三週間連続で雪山登山です(笑)

そして、去年から登っていなかった、鈴鹿7マウンテンのひとつ、

藤原岳に挑戦しました。



ネットで事前に調べると、朝早くから駐車場が満車になるらしいとのことで、

朝6時半に出発し、7時半に藤原岳駐車場に到着。

登山口には、美しい施設が設備されております。

特におトイレが綺麗で、この日も早くからお掃除をしていただいてて、とても管理が

行き届いてます。




上段・下段の駐車場ともほぼ満車状態です!

後から到着したご婦人方が出発の準備をしている真っ最中!!




なんとか空いている場所に駐車。

準備をして、登山届を提出し、7時40分に出発。

今日は何かのお祭り!?神主さんが鳥居で準備をされていました。あいさつをして

鳥居をくぐって登り始めます。





先に登り始めた方たちは、ワカンやスノーシュー、ピッケルをリュックにつけてる人も

みえました。

遠くから藤原岳を見て、今日はあまり雪があるとは思えなかったのですが、

皆さんの用意を見ていると、ひょっとして下調べ不足?かな・・・

「途中で登れないと判断したら引き返すだけさ!」と

行ける所まで行くことにしました!頂上まで行けなくても次回への勉強にもなりますからね♪




比較的なだらかな道が続き、とっても歩きやすく、

休憩もあまり取らずにどんどんと登って行けました。




6合目まではまったく雪もなかったのですが、

7合目でようやく雪が現われ、前回の教訓で早い目にアイゼンを装着しようということに。




けっこう雪が凍ってツルツルに、ストックで突くと割れるほどです

これじゃぁ、またしりもちをつきそうです


アイゼンも、三週連続で使用するとかなり手際良く装着できるようになりました

この写真は、相方さんの足ですが・・・




アイゼンをつけてまた出発。

なだらかなゆったりした雪道が続きます・・・




8合目に到着した時には、もうかなりの積雪量でした。

ここで、けっこうアイゼンをつける方たちがいました。7合目から8合目間はもうほとんど

雪でしたが、がんばって登山靴だけで登って来られるなんてすごいです!




そして、看板には夏登山道はつづら折れの道ですが、冬登山道はけっこう急登のようなことが書かれてます

大丈夫かしら・・・滑らないよねぇ・・・?




問題はこの8合目でした

いきなりすごい角度の雪の壁が迫ってきました。

私からすると、60度くらいはあるくらいの怖さでした・・・

そして積雪が膝下くらいまであって、まだ朝早かったのであまり雪を踏んで固めてある場所が

少なく、時々踏み抜いてゴソっと深く掘れた足跡があちらこちらに・・・

なるべく、人が踏んだ後を登って行くようにしながら、そしてかなりの傾斜で

雪が凍てついてるために、アイゼンでしっかりと足元を固定させて、ストックで体を安定させながら

登らないといけません。でもこんな雪の傾斜は初めてで、ひょっとしてふらついてしまったら

転げ落ちると思うとめちゃめちゃ怖くて、ビビりまくりの8合目でした。

そして前を登るグループが道を作ってくれているらしく、ゆっくりと登っているので

渋滞となり、少し登ってはその急傾斜で立ち止まって、また一歩二歩と登り立ち止まりで

写真を撮る余裕もなく、この急登を終えてなだらかになった場所でようやく撮影する余裕が

出てきました


それが、この写真。でも、まだけっこうな傾斜でしょ!?

この山を知っている人は、きっとピッケルを持って来てるのだと思います。

たしかにピッケルがあったら、安心って思いました!(ピッケルなんて持ったこともないですが・・・)


でも、登りでこれだけ恐怖感があるのに、下山の時はもっと怖いんじゃないのぉ??






そして、ようやく9合目に到着~!!

絶景が待ってくれてました




撮影してるうちに、私たちの後ろからご婦人のグループが先を急ぐのか

追い越して行かれました。みなさん、すごいパワーですよね!!

たぶん私たちより、20歳近くは先輩だと思うのです。見習わないとね!!





9合目も傾斜があるのですが、8合目に比べたらとっても楽だし恐怖感はありませんでした!

樹木も間隔が広くて登りやすいです。





だんだんと空が開けてきて、もうすぐ頂上かなぁと、最後の力を出して登れそうです





抜けるような青空の下、10時20分、4キロの登りを二時間半で山小屋に到着しました!

相方さんの予想では、ほとんど雪道だから私がとろいんで三時間以上はかかると思ってたようです




小屋のほかに、なんとおトイレがあってホッとしました

低山では、頂上におトイレなんてほとんどないと思うので、めちゃ安心感に包まれて

たくさん水分を摂っても平気~なんて思っちゃいました♪


小屋の中を覗くと、けっこう広くて大きな木のテーブルとイスが三組あって、

空いてたので、まだ早かったのだけど朝ご飯も早く食べたことだし、混んでくる前に

お昼ご飯を食べようという事に。




小屋の中は、こんな感じでとても盛り上がってましたよ♪

やっぱり、暖かくて風を受けなくてもいいし、指も悴むこともないから嬉しいですね





ラーメンを食べて、小屋を出発し、今から藤原岳の山頂を目指します!

山小屋からは20分位だとのこと。

一旦、下りになり、それからまた登りになります。




膝くらいまで積雪があるので、踏み抜きをしないようになるべく足跡で固められている場所を

選ぶのですが、それでも踏み抜いてしまうことがあり、ゴボって沈んで、一人でもがいていると

相方さんが後ろを振り返り、もがいている私を見て「一人でなんか楽しそうでええなぁ

と、呆れかえっています・・・




こんな風景の中を登るのは初めてです!

天へと昇って行くような、とても美しい、吸い込まれそうな青空です!




ようやく、山頂が見えてきました!あと少し・・・






やったぁ!!

鈴鹿マウンテンの藤原岳を制覇


RIMG0079_convert_20130205005816.jpg



山頂からの絶景~




遮るものが無くて、強風との記事が多い中、ほとんど無風だったので寒さも全然感じず

とてもラッキーでした




10分くらい居たでしょうか・・・

山頂を降りて、山小屋に戻る途中で、コーヒータイム。

お昼に食べなかったアンドーナツとコーヒーでしばし雪上を楽しみます!



前回の雪山ではカッパをお尻に敷いて座ってたので、何かいい座布団があればいいのに~と

言ってたら、相方さんがちゃんと二枚シートを買ってきてくれてました!さすがです



空を見上げると、美しい雲の中を飛行機が飛んでいきます!

やっぱりここまで登ると飛行機も大きく見えますね





9合目まで下りてきました!




9合目から8合目の下りは、言うまでもなくめちゃくちゃ怖くて、相方さんは先にどんどんと

下りて行ってしまって、私はへっぴり腰で恐怖感と闘いながら、足をどこに置いたら扱けないかとか

すべらないか?とか考えながら降りてるので、よけいに遅くて、それにまたこんな傾斜で

深みに落ちて立てなくなったりと、もたもたと時間をかけながらようやく急傾斜の下りを終了・・・

もちろん相方さんの呆れ顔が待っておりました・・・へへへ

「こんなんでは、白馬三山縦走は無理やな・・・」とつぶやかれました・・・くそぉ


登りでは7合目でアイゼンを装着したので、相方さんは同じ場所で外したのですが、

私は、もう少し装着したままで下山。完全に土になった道で外しました。

下りは楽とは言いますが、膝にかなりの負担がかかります。去年の夏から始めた登山で

膝を急に酷使したため少し痛みがあり、スタスタと下ることができなくなっています。

相方さんはどんどんと下り、私はボチボチと・・・

でも、途中で待っててくれて一緒に下り、また於いていかれ・・・




そんなこんなで無事藤原岳を下山。

鳥居の少し手前の神社の前で、町内の方でしょうか、寄り合いをされながら焚き木をして

お餅を焼きながら楽しんでいらっしゃいました。

下山してきた私たちにも気軽に声をかけてくださり、「お餅食べていかれませんか?」って。

お腹が空いていなかったので、お断りをして駐車場へ。

雨の次の日だったので、ぬかるんだ土でドロドロになった靴をちゃんと洗える場所も

造られてありまして、ほんとに至れり尽くせりの施設です。

ある程度、靴とゲーターとストックの土を洗い流して、

帰りに近くの立ち寄り温泉で疲れを取ってから帰宅。一日に8キロの登山でかなりがんばったかな!



今回登った藤原岳は花の百名山なので、春には福寿草が美しいそうです

今度は春に登りたいなぁ!!





ぽちっとしてくださるとうれしいです。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

この記事のURL | 鈴鹿連峰 藤原岳 | CM(22) | TB(0) | ▲ top
| メイン |