素晴らしき立山登山 最終話!
- 2014/10/27(Mon) -
立山縦走からの下山、

長い長い石ゴロゴロの下り道・・・

疲れた体の上に、膝にかなりの負荷がかかって、

しりもちをついて背中を岩で強打している人も見かけました。

そして、この私も気を付けて後ろに重心を掛けないように下りましたが

ズリズリってすべってしりもち・・・(大したことはありませんでしたが~)


fc2blog_20141027220816b91.jpg



やっと下りて来てキャンプ場までの平坦な道にこんな美しい場所が~





そして、14時にやっとキャンプ場に戻ってきました♪





がんばって登った雄山・大汝・富士ノ折立を眺めます~

あのギザギザを縦走したんだ~って思うと感無量・・・

初日に山を眺めた時に、絶対に無理かもって思ってただけに感動も大きい~




行動食とランチパックだけでがんばって

遅がけにキャンプ場で食べたアルファ米のカレーライスは超美味しかった!!



そして、また温泉に入って、

またまたお鍋~


17時半頃から始まった 「 アーベントロート 」。

昨日と同じく とても素晴らしかったです~





土曜日とあってテントの数もぐっと増えて

まわりは若い人たちで盛り上がっているグループもあり、

でも、それが全然騒がしく感じないのは、同じ山を好きだからでしょうか・・・
(常識のない騒がしさだったら別ですが・・・)


そして、翌日の12日も雲一つない青空!!
三日間も山がくっきり見えるお天気ってすごい!!


やっぱり朝は寒くて、熱々の雑炊を食べてからテント撤収。

8時半にザックをかついで室堂へと出発。

来た時は下りだったけど、今度はつらいつらい登り・・・

これも一つの登山ですよね・・・





これがまたつらいんですよね・・・




でも、無理に余裕を見せたりして・・・





そして、やっとみくりが池温泉に到着~

ここで休憩してソフトクリームをいただきました♪



「 立山とブルーベリーのソフトクリーム 」




美味しいソフトクリームを食べて、最後の力を振り絞ってまた歩きます。




一人トボトボと歩いているのが私・・・






相方さんがこの写真を見て付けたタイトルは、



     「 えっちら、ほっちら・・・ 」 トホホ・・・><;










みくりが池に写る立山~





百名山に登ったら集めようと思っていた山バッチ。

まだ一つしかなかったのだけど、これで二つ目ゲット!!


左のバッチを最初に一の越山荘で買ったのだけど、

温泉にまた素敵なバッチがあって、これもいいなぁって思ってたら

相方さんが買ってくれてました♪





無事に縦走し終えた二泊三日の立山登山。

来年もぜひ行って、大日岳も制覇しなくっちゃ♪




この写真は、この週末に相方さんが登った 「 冠山 」 からの眺望。





私はその間、両親を連れて奥飛騨温泉の旅。





バイクは今度いつ乗れるかな~♪







ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | 北アルプス 立山縦走 テン泊 | CM(14) | TB(0) | ▲ top
素晴らしき立山登山 2 ~雄山・大汝・富士ノ折立縦走!
- 2014/10/22(Wed) -
立山登山二日目。

10月11日(土)の朝5時半頃起床、冬用のシュラフはとても暖かく快適でした。

テントから出て顔を洗ってから、朝食はチキンラーメンとランチパック。

なんやかんやしていたらもう7時前。

今日は立山、雄山から大汝・富士ノ折立と縦走をする予定。

でも、登山超久々の私にとっては超難関・・・

目の前にそびえる山のギザギザの稜線を見ると、とてもじゃないけど無理と弱気・・・

まぁ、無理は禁物、事故を起こしてはいけないし、とりあえず行ける所まで行って

ダメなら一人引き返そうと~






キャンプ場がもうあんなに小さい・・・




とりあえず稜線に出るまでは、こんな石畳のいい登山道。

でも、真ん前に見える山小屋までの道もかなり大変そう・・・あそこまで行けるか・・・

一人不安をかかえながら一歩一歩・・・









一人遅れをとりながらも自分のペースを守って登るしかない・・・

そう思いながら歩いていると、前に男性をリーダーに熟女の団体さんたちと遭遇。

あいさつをすると、道を空けていただきました。

「私も遅いので、ご一緒させていただきたいです♪」と話しかけると

どこまで行くのかリーダーの男性に聞かれ、行けるかどうかわからないけど富士の折立まで~と

答えると、稜線まで出たら大丈夫と励ましていただきました。



とりあえず、熟女の団体さんには追い越されないように頑張ろうと♪



歩いて1時間ほどすると雪渓が見えました。ちょっと休憩~





上を見るとぞっとするような登り道が見えるので、もう見ないようにしながら

一歩一歩上がって・・・






8時50分。キャンプ場から約2時間かかって 「 一の越山荘 」 に到着~




ここでちょっと誤算><;

山荘には食堂があって、お腹が空いていたら何か食べれるだろうって思っていたら

カップラーメンは販売していましたが、お湯は販売していないとのこと。

とりあえず行動食とお菓子とランチパックは持ってきましたが、何も食べられないことが判ると

持ってきた食料を大切に食べるようにしなきゃ・・・




山荘付近からは、一層素晴らしい景色が待っていました♪

少し霞んではいましたが、アルプスが一望~

遠くには槍ヶ岳もはっきりと見え、御嶽山の噴煙もしっかりと見えました。





登ってきたキャンプ場側は、登山道もくっきり、みくりが池は青々と~

大日岳も素晴らしく

雲海が美しい♪





100円の協力金を支払いしておトイレを使用。


さぁ、今からが本格的な登山です!!

とりあえず私の目標は達成できたわけですが、

ここまで来たら登るしかないやろ!とけしかけられ、上を見ると岩がゴロゴロ・・・


でも、頑張って登ることに!!



雄山頂上までは通常1時間。

かなりの急登で岩登りのようなもの、ここからはカメラをリュックにしまい

慎重に登って行きます。



最初は見えなかった雄山の山頂が見えて来てからも

まだまだ距離はあります。

登っている人がちっちゃい・・・






息が切れて、休み休み、あまり離れるとどうやって登っていいかわからなくなるので、

必死でついて行き、同じように道を選びながら~





一時間少しでようやく山頂に~


そして、雄山神社まで登って3003メートル到達!!







雄山神社からの景色~





次に登る大汝山の登山道と山頂が見えます。






神社から降りて来てまた撮影~






雲海がすごい!!






ここで少ない食料の中からランチパックを半分づつしていただきます。






15分位休憩して、11時頃に大汝山へと出発。


ここからは初めての縦走・・・






少し岩を下ると、

いきなり、数日前に降った残雪が・・・

滑ってこけない様に慎重に歩きました・・・めちゃ怖かった・・・






後ろには、先ほど登った雄山神社が見えます~





所々、雪の上を登ったり下ったりすること40分、


大汝山に到達♪


3015メートル。






大汝山からの絶景♪





遥かかなたに黒部ダムが見えています~





そして、大汝山から縦走し、20分ほどで富士ノ折立に。


頂上まではまたまた岩登りが待っていました。

めちゃ怖そうだったし、とりあえず頂上の真下まで来たから、山頂まではもういいかぁ・・・

なんて言ってたのですが、

せっかくがんばって、雄山・大汝と一番上まで登ったから、

ここだけ登らなかったら後悔するかも・・・て思い、

相方さんだけ行って来たら?て言った私も登ることに。


何分くらいかかるかなぁ・・・なんて見上げて話してたら、

降りてきた男性が、「往復10分ほどで行けますよ~」と教えてくれました。

その中に、私と同じフェールラーベンの登山帽をかぶっていたかわいらしい女性が

声をかけてくれて、「大丈夫ですよ!」て。

そして、「同じフェールラーベンですね!」って、それから二人で、同じインナーを着てることや

これも、これもそうなんですよ~なんて自慢し合いっこして(笑)



そして、頑張って岩登りをして





ついに、富士ノ折立 2999メートル到達~♪ 

立山を制覇しました♪



先に山頂にいらしたカップルさんに撮ってもらいました♪

後ろには先ほど制覇した大汝山が~






目の前には同じ2999メートルの剱岳がそびえております!!






ちょうど正午、立山を制覇して下る事に。

キャンプ場が左の方にちいさ~く見えてます!あの場所まで今から歩くのかぁ・・・






下に見える稜線を歩いて、途中から下に下る道を降りて行きます。

早くあの稜線を歩きたいなぁ・・・






でも、かなりの急降下でした・・・

慎重に足元をしっかりと降ろして・・・






やっとなだらかな道が・・・





でもまだまだ稜線までは道のりが~

人がまだ小さいです・・・





下って下って、

約40分ほどかけて、


ようやく稜線に降りてきました~!!!


ちょっとホッとした瞬間・・・でも、まだこれからも下りますよぉ!





でも、あ~んなゴツゴツ岩山から下りてきたのかと思うと、

無事だったことと、制覇したことで感激♪




稜線を歩いて、しばらくすると分かれ道があり、私たちは下の方へ~








つづく~





ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村




この記事のURL | 北アルプス 立山縦走 テン泊 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
素晴らしき立山登山~雷鳥沢キャンプ2連泊!!
- 2014/10/16(Thu) -
10月9日(木)夜8時半出発して、富山県は立山まで車で走り、駅前駐車場にて車内で仮眠。

10日(金)朝7時のケーブルカーに乗るために立山駅まで。




立山から美女平まではケーブルカー、そして室堂まではバスで移動。

今回のザックの重さ、私は14キロ。相方さんは18キロ。

バスでは10キロ以上のザックは300円プラスのお支払です。



室堂の気温5.8度とのこと。どんな寒さかなぁ・・・

一応、冬用のインナーやダウンジャケット、フリースなどすべて寒さ対策は持ってきました。

そして、テント2泊でシュラフも冬用を購入!




平日ですが、ケーブルも満席。

デカいザックを持っているので、入り口付近で立って行きます。でも乗車時間は7分ほど。




そのあと、バスで50分ほどくねくねと高度を上げていきます。

本日の立山のお天気は曇り。

多分山は何にも見えないだろうと思ってあきらめておりましたが、

標高を上げていくうちに、雲が明けてとっても青空が見えてきました。


残念ながら紅葉は麓の方だけで、すでに終わっていましたが、それでも晴れていると

とても美しい山々を見ることが出来ました。


9時前にバスを降りて、立山をバックに記念撮影。

雲一つない空にびっくりです!!天気予報はどうなってるの??





お隣に 「 玉殿の湧水 」という名の名水が湧いておりまして、

みなさん登山の前にここでお水を調達していかれるようです。

どなたかのブログで、このお水が涸れていたとの記事があったので、

わざわざ重い水を二人分4リットル家から持ってきたのですが、

水量も豊富でした。明日の立山登山には、ここでお水をいただいて出発しよう♪



さぁ、雷鳥沢キャンプ場へと出発です。

この石段を歩いていきます。




みくりが池に到着です。

風が無く、鏡のようです。後ろの方にはあの剱岳がそびえております。




一旦石段を下り、また登ってみくりが池温泉の前を通って、まだまだ先は長いようです・・・




茶色い屋根の雷鳥沢ヒュッテが見えてきました。

こちらで立ち寄り温泉に入れるそうです。

登山に来て、お風呂に入れるというのはとってもありがたいです。





近くで温泉が湧いているので、硫黄臭がすごいです。





かなり勾配のある石段を下って、遥か彼方にキャンプ場が見えてきました。

でも、平日とあってテントはちらほらです。今から増えるのかな?

到着するまでには、もう少しかかりそう・・・ザックの重さが膝にグッとのしかかります><;







9時40分、やっとキャンプ場に到着し、管理棟で受付です。

二泊の予定ですが、明日の天気がどうなるかわからないので

とりあえず一泊分のお支払をします。

水場は外にも中にもあって、どの蛇口からも出っ放しです。

お水が豊富で、しかも飲料できて、とっても冷たくておいしい♪

そして、なんと言ってもおトイレが水洗でとってもきれい!!ありがたいです。






テント設営は、木のテーブルの横に。

ここで食事ができます。

真ん前には、明日登山予定の立山がデーンとそびえ立っております。

右側から登り、雄山・大汝山・富士の折立と三つの山頂が待っております。







テント設営してひと段落したら、今日の登山予定の奥大日岳へと向かいます。

デカいザックからチビザックにカッパ・ダウン・水・行動食・昼食用のパンを入れて。






立山三山の方はさっきまで晴れていましたが、大日岳の方は雲が現れて

いきなり何にも見えなくなりました><;

山って、ほんとに変わりやすいですよね・・・





奥大日岳への登山道は、稜線に出るまでは少し急登ですが、

稜線からは比較的なだらかな道が続きます。

でも、春に1000メートルの低山を登ったきりの私にとっては、かなりつらい登りとなりました。




しばらくして振り返ると、だんだんと雲は薄らいでいくのがわかります♪


fc2blog_201410161742215da.jpg



立山の山並みがとっても美しく見えてきましたよ♪






チングルマがあたり一面に~夏にも来たいですね♪




右から浄土山・台形の形をした立山、そして別山の立山三山がとても凛々しく

こんなにも美しい景色が見られるとは二人とも思っておらず、何回も振り返っては

シャッターを押し、なかなか前に進みませんでした(笑)





奥大日岳に向かう登山道は、しばらくすると剱岳をずーっと右に見ながら歩くことができます。

この日も、とても凛々しい姿をずーっと見ることが出来ました♪

行きは少し雲が出現しておりましたが、

それでも素晴らしい雄姿を拝めます。


剱岳をなでなで~(笑)
















なだらかな稜線を歩くと言っても、少し下ってはゴロゴロ石を登ったりと、

徐々に高度を上げて行きます。

登山が超久々で、それもアルプスは超えらい目をして登った涸沢カール以来で、

ロクに体力づくりもしていない私は、やはりすぐにバテてしまい、ちょっと登っては休憩、

超スローペース><;

午後12時半。

奥大日岳の山頂は目の前ですが、それでもまだあと一時間くらいかかるだろうとの計算。

最初は頂上まで登って帰って来れるとの計算でしたが、

予想を遥かに遅れ、これでは夕方4時までにキャンプ場に帰るのがギリギリかもしれない・・・


という事で、今回は山頂を目の前にして、ここ 「 カガミ谷乗越」 2511メートルを

私たちの山頂としました><;

相方さんだけだったら一時間で登頂できるので、自分はここで待ってるから登って来たら?

と、勧めましたが、今回はここで良いとのことでした。(良くはないと思いますが・・・)


奥大日岳と剱岳と立山三山を眺めながらのお昼ご飯。



左のポコっとしている所が山頂です。

それまでになだらかな登山道が見えてはいますが・・・


次回は、朝早くから出発して制覇したいと思います。



カガミ谷乗越からの眺望~素晴らしいの一言です♪





しばらくお昼休憩をして、下ることにしました。


帰り道も左に剱岳を眺めながらの下山は素晴らしいです。


圧巻です!!




右側は、バスで登ってきたアルペン道路。

蛇行しているのがよく分かります。バスが走っているのも分かりました。





くっきり立山!!!



明日、あの山頂を縦走する訳ですが、

果たして私は行けるのでしょうか・・・いや、無理かも・・・多分無理だから、

相方さんだけに行ってもらって、私は途中で一人で下山しよう・・・なんて考えながら

眺めておりました~




下るごとに徐々に剱岳も遠くなります。





やっと、雷鳥沢キャンプ場が彼方に見えてまいりました。

でも、まだまだ下山には時間がかかります。



登山道が安全な所は一人でも大丈夫だからと、先にズンズンと降りてしまい、

ソロ登山をしている気分になることも~




木の橋を渡って、丸太の階段を上がるとキャンプ場です♪





午後2時半、ようやくキャンプ場に戻ってきました。

冬用のコロンビアのスリッパに替えます。




少し休憩をして、雷鳥沢ヒュッテまで温泉に入りに行きます。


キャンプ場の管理棟には、飲み物も販売していないので、すべて温泉にて。





登山とお風呂の後のお楽しみはこれ・・・私は飲みませんが・・・




午後4時半過ぎに夕食の用意。鍋をしました♪

この頃から急に冷えだします><;ダウンを着てニット帽と耳当てもします。





本日はキムチ鍋♪




自宅で野菜を切って、ジップロックに二食分を作って来ました。少し場所を取りましたが・・・



豚肉も持ってきたのですが、寒いからいいだろうと冷凍してこなかったので、

あまりのお天気の良さに少しちょっと心配になって食べるのを躊躇しました。

明日の登山時に腹痛などで影響するといけないので、もったいなかったのですが・・・




午後5時過ぎから 「 アーベントロート 」 が始まりました。

アーベントロートとは、ドイツ語で「夕焼け」という意味だそうです。


涸沢カールでは、朝焼けの「モルゲンロート」が見れました♪

そして、立山でもこんなに素晴らしい景色を見ることができて、とてもラッキーでした♪







しばらく山が赤く燃えるのと夕食を楽しみました。




夕食を終えて、コーヒーを飲んで、午後6時半にはテントに入り、

シュラフに入って、あまりにも早い就寝(笑)

夜中に立山に着いて、2~3時間しか寝ていないと思うのですが、

少し寝てはまた起きて~の繰り返しで、あまり寝られなかったのを覚えております。

冬用のシュラフは、靴下も履いて暖かくして寝たのもありますが、

全く寒くなく、さすが冬用のシュラフでした♪




2日目は、今回の目的である立山登山です♪




つづく・・・





ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
この記事のURL | 北アルプス 立山縦走 テン泊 | CM(16) | TB(0) | ▲ top
立山・雷鳥沢キャンプ!
- 2014/10/10(Fri) -
台風が近づく中、

どこに行こうかと思案していましたが、

最初の計画通り、立山登山を決行。

山の天気予報では、曇りでしたが、

とっても良いお天気に恵まれました!



剱岳がめちゃ近い*\(^o^)/*






レポは後日に。










ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
この記事のURL | 北アルプス 立山縦走 テン泊 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
| メイン |