FC2ブログ

北海道ひとり旅2020・秋~炭鉄港・廃線巡り③

ぬかびらにて。







10月18日、日曜日。


ぬかびらで朝を迎え、早朝に宿の前にある公園を散歩。


落ち葉に霜がおりて、秋の終わりを感じます。












紅葉も最高に色付いています。






お宿の前もとても綺麗。






宿に戻って朝食。





お釜で炊いたご飯は美味しいね^_^







この日も一日しっかりと予定を立てていたので、


8時にお宿を出発。


さっそくタウシュベツ橋梁を見に走ります。



森林局で鍵を借りて橋の近くまで行く方法も考えましたが、


鍵を借りて返却するだけでもかなりの時間を必要とする


ため、今回は対岸からで我慢。



士幌線を渡ります。



倒木のある士幌線、紅葉の時期も美しいです。






秋のタウシュベツ橋梁。







やっぱりあそこまで行きたかったなぁ^_^








そして、幌加駅へ。












いつもの風景ですが、秋は廃駅をさらに美しく


見せてくれて格別です。







線路の間の草の上にも霜がおりていました。






7月と同じく、熊鈴をつけて第五音更川橋梁までの


線路跡を歩きます。







橋の手前まで来ました。






立ち入り禁止なので、金網の間から撮影。



ここから糠平国道へ出ます。







紅葉とアーチ橋。







ここから少し走って、第六音更川橋梁を見にリベンジ。



と思って来たのに、7月の時にお宿のご主人に書いてもらった


地図を忘れて来たー( ̄∇ ̄)



今回のお宿のご主人からも、踏み跡があるから行けるよ!と聞いて、


頑張って踏み跡らしきものを探し、ゆっくりと歩いて


見ました。







が、なかなか川に降りていく道を見つけられず、



むりは決してしてはいけないとの忠告を守り、またまた


断念。



でも、前回よりも前進!



橋が見えたー^_^



コンクリートが折れてるのがはっきりとわかりました。






これは川に降りて写真を撮りたい‼️



また次回の課題が出来ました!




次に、また南下してぬかびら温泉も通り越して、



ぬかびらダムへ。



ダムから見える景色。







遠くには、はっきりとタウシュベツ橋梁が見えます。






お天気が最高でよかった!




ダムからまた国道に戻って、第四音更川橋梁。







鉄橋が取り除かれて両端のコンクリートのみ。



でも、美しいです。




そして、少し南下して第三音更川橋梁。







国道沿いからしっかり見える橋。



7月はまだ修復中で白い幕に覆われていました。



なんと、橋に線路が敷かれていました。



個人的には、そのまま橋だけでも良かったような気がし



ています。でも、これも観光目的ですね。




そして、私がいちばん好きな橋。



川を跨がない陸橋、第二ぬかびら陸橋。





こちらへは、車をまた北上させて第四音更川橋梁の前にある


パーキングに停めて歩きます。



その前にもう11時になるので小腹が空いてきて、



ちょっと早い昼食。



昨日の夕ご飯の残りのおにぎりとトウモロコシ。



そして、おやつに初日に購入したフィナンシェを^_^



さぁ、探検に出かけよう^_^



まずは、国道の鱒見トンネルを歩きます。



トンネルを出たすぐにこの景色が見えますよ!











そして、鱒見橋を渡って、林道へと入っていきます。



このコースは、7月の時にお宿のアーチ橋ツアーで連れて来て


もらったので、大体の道は覚えていたんです。



今回はソロで挑戦。



熊鈴もつけてね!



そうすると、進行方向からお一人男性が歩いて来られます。


先程橋の下で撮影してた方がいたので、



きっとその方が上がって来られたんですね。



挨拶を交わすと、『 気をつけてくださいね!』と、



声をかけてくださいました。



きっと、1人で女性が歩いてるのは珍しく思われたのでしょう。



林道から上を見上げると、アーチ橋がうっすらと。



下の沢陸橋です。







川沿い、そして山の中も走ってたんですね。



夏は葉が生い茂っていたのでわからなかったのですが、



落葉でようやく全貌が見えてきています!



もっとはっきり見たいなぁ!



真冬に来たいなぁ^_^



コロナでむりだろうな、そして雪道は危ないな・・・



隣には落石おおいもしっかりと見えました。







そして、第ニ音更川陸橋も下に見えてきました。






線路跡は、すでに樹々で生い茂っています。




川に降りていきやすい場所を探して



急斜面を慎重に降りていきました。



我ながらチャレンジャーだ^_^








撮影していた鱒見橋、大きいです。







河原でしばし撮影タイム。








残念な事に、アーチ橋に落書き・・・






げんなりしますね・・・





しばし、第二音更川陸橋と過ごし、



また、崖を登って林道を国道に向かって歩いてると、



またお一人カメラマンさんが歩いてきました。



私が河原に居たのを見ていたようで、『 どこらへんから



河原に降りれますか?』と聞かれて、戻って道案内。



なんだか楽し~~^_^



熊は怖いけどね。



さぁ、アーチ橋まわりはこれで終わり。



午後からは、然別湖沿いを走って、駒止湖のガレ場まで



歩いて、エゾナキウサギを見に行くことに。



滅多に見れないのはわかってるのですが、運が良ければな~~と。


パーキングにはすでにズラーッと車が駐車されてました。






東ヌプカウシヌプリ山の登山口から駒止湖へと遊歩道が


出来ています。


東ヌプカウシヌプリ山の中腹にもガレ場があり、


エゾナキウサギが生息しているようです。


肉眼でもガレ場がはっきりとわかりますが、


今回は近場の駒止湖。







遊歩道を歩いて行くと、ガレ場には静かにバズーカを



準備して待機しているカメラマンさんがたくさん!



私の持ってるデジイチがオモチャに見える^_^



私も端っこの方で石に腰掛けて、ナキウサギが現れるのを

待ちました。


30分間、鳴き声も聞こえず。



SNSでよく4時間待ったとか書いてあるよね、



それくらい待たないと撮影できないくらい。



撮れるとは思ってなかったし、一応ナキウサギが生息して


いる場所に来れたことで満足感あり!



また来た道を歩いて車まで戻りました。



さぁ、帯広に向けて走ろう!






最終話に続く。









ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村







スポンサーサイト



北海道ひとり旅2020・秋~炭鉄港・廃線巡り②

旧住友炭鉱赤平立坑。









10月17日、土曜日。


朝、宿のお部屋で昨日購入したパンで朝食。






7時半頃にお宿を出発。


8時頃に赤平市のズリ山前に到着。






777段登って頂上まで行こうと思ってたのですが、


なんと立ち入り禁止。


熊が出没したようですね。


仕方なく撮影タイムに変更。


お一人男性が山登りの格好をしてズリ山に向かって行きます。


どうも頂上まで登られるようです。



私もロープを振り切って登ろうと一瞬思いましたが、



万が一熊が出たら・・・とやめておきました。



あとでその男性が無事に戻って来られてたので良かった~^_^



ズリ山の入り口に佇む赤間鉱の選炭工場跡。







朝靄に包まれて幻想的でした。







赤平駅の交流センター未来で炭鉄港カードをいただくのに、



まだ時間があったので、他の炭鉱跡をみに行くことに。







レンタカーを空き地に置いて、スマホのナビを頼りに


林道を登っていきます。







すると、行きたい方向はロープで立ち入り禁止になって


いました。



熊の出没もあるようです。



あー、残念。



諦めてまた撮影タイム^_^






だんだんと霧も晴れて、くっきりと風景が見えてきたので、



ズリ山が見える場所を探しにレンタカーで移動。










レンガの赤平駅とその後ろにズリ山が見えました!



登りたかったなぁ^_^




また次回だね。




駅に行って、炭鉄港カードをいただきます。




ズリ山のパーキングに戻ると、霧も晴れて




くっきりと建物が見えていました。








そして楽しみにしていた10時から赤平炭鉱内のガイド付き見学へ。








7月の旅で初めて見学して感動、今回もこの見学がメインと


言っても過言ではありません。







館内で説明を受けて、ヘルメットをかぶって



立坑内へと誘導していただきます。







内部は、前回と同じような写真。



なので、アップはやめておこう^_^








今回は撮影もしましたが、元炭鉱マンのガイドさんのお話を



しっかり聞かせていただきました。



前回のガイドさんがとても魅力のある方で、今回も同じ方だと思ってたのですが、


違う方でした。



でも、また雰囲気の違った魅力のある方で、



臨場感200%のお話が聞けました^_^



80歳の炭鉱マンさん、カッコいいです!



そして、見学後は芦別の道の駅で炭鉄港カードをいただき、


せっかくなので、またまたこちらへ。







前回と同じ場所に車を停めて、歩いて橋から撮影。



秋の炭鉱鉄道もまた素晴らしかったです。



雪の風景も見たいなぁ^_^






そこから、美瑛を通り抜けます。


本当は、素敵なカフェに寄る予定でしたが、時間がどんどんと


押して来てしまい、北海道の夜道を走るのはなるべく避けたいので、


計画倒れとなりますが、cafeは断念、先を急ぎました。







でも、真っ白な十勝連山を見ながらのドライブは


最高でした!



そして15時。層雲峡の紅葉を車窓で楽しみ、目的地方面へ。






三国峠までやって来ました!






この時16時。峠の展望台は観光バスが止まり、カフェもお手洗いも


満員で外にまで行例が出来ていました。


なので、松見橋の近くに車を止めて撮影して、すぐに


糠平へと南下しました。


やはり、GO TO キャンペーンの力はすごいですね。


そして、16時半、糠平温泉に到着。


ペンション森のふくろうさんにチェックイン。


ペンションのお風呂は温泉ではないので、


近所の温泉へ貰い湯♨️のチケットをいただき、


早速お風呂へ。


そのあとはお待ちかねの夕食。


ちょっと奮発して、200グラムの十勝牛のコース!





すごい量の夕食で食べきれず、釜飯はおにぎりにして


もらい、トウモロコシもラップに包んでもらいました。


大好きなぬかびらで、明日はまたアーチ橋探検です!







続く。









ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
























北海道ひとり旅2020・秋~炭鉄港・廃線巡り

滝の上公園。







もう1ヶ月も前になってしまいましたが、10月16日金曜


から3泊で北海道一人旅に出掛けました。


7月に行ったばかりでしたが、キャンペーンでお宿等は


かなりお値打ちになるし、思い切ることにしました。


現在の北海道はコロナ感染が拡大してとても心配な状況に

ありますが、まだ1ヶ月前は心配するような事態ではなく、

どの施設も三密を避け、消毒・マスクを心がけての対応で、

最低限のルールを守っての楽しい旅でした。




今回もリュック1つで朝7時半の飛行機でセントレア出発、

9時に新千歳空港に到着して、レンタカーを借ります。


その日のスケジュールはほぼ決めていて、まずは千歳市


内にあるパン屋さんへ明日の朝食用を買いに。


ちいさなめ さん。





とてもかわいいパン屋さんです。






こちらのお店でいくつかパンを購入🥐🥐🥐



次に向かったのがちょっと早いランチへ。







林の中にある静かなcafe。



こかげ喫茶室さん。











ネットで店内撮影禁止とあるらしく、撮るのは控えて



お食事だけちょこっと。



マフィンとかぼちゃスープのセット。






デザートにカステラとコーヒーをいただきました。






店内は大きなガラス窓から紅葉した林が見れて、


コーヒーを飲みながら、ずーっと窓の外を見ていたいな


と思える素敵なcafeでした。





そして、次には三好焼き菓子店さん。






一見ふつうのお家みたいなのですけれど、



中に入るととてもいい香りのするかわいいお菓子屋さん。







店内は撮影するのをためらい、あとでお菓子だけ撮りました。






マドレーヌやフィナンシェなどたくさん買ったけど、



毎日おやつに食べてしまった^_^



今度は夕張方面へと走り、滝の上公園へ。



ちょうど紅葉の見頃🍁との情報で寄ってみました。



1925年建造の古い煉瓦造りの水力発電所の建物と紅葉がとても素敵です。







公園内を散策。






橋の上から滝が見えました。



千鳥ケ滝。






夕張川渓谷。











この日は曇りで、少し肌寒かったな。



でも、たくさんの人が観光に来ていました。




滝の上公園から北上して清水沢へ。




清水沢ダムから見える産業遺産、



旧北炭清水沢火力発電所。







コロナ感染がなければ、見学も出来たようなんですが、


道内在住のみと制限されているようで残念です。


ダムからしっかり見えるとのことで、工事中のダムの中まで走って、


しばし撮影タイム^_^






反対側のダム湖は紅葉でとても綺麗でした^_^



満足満足。



でも、今年の7月から集めている炭鉄港カードの中で


この火力発電所のカードはすでに配布終了されていて


いただくことが出来ませんでした。






続いて夕張から岩見沢へ。


こちらにも産業遺産があり、炭鉄港カードもあるとのことで、


まずは岩見沢の駅前へ。



『 炭鉱の記憶マネジメントセンター 』で炭鉄港カード


がいただけるとのことで行ってみました。


そうしたらば、職員さんがとても親切に色々と教えてく


ださいましたよ。


今も岩見沢レールセンターとして使われている、


旧北海道炭礦鉄道岩見沢工場へ。











こちらは中は見学できませんでしたが、とても大きな


素晴らしい建物でした。


そんなこんなでだんだんと時間が経ち、まだ行きたい場所が


たくさんあるけど、暗くなる前にホテルに着きたいし、



でも、あと一件は寄っておきたい。


急いで三笠市立博物館へ。


そちらで炭鉄港カードをいただきました。


そして、そこまで行ったのなら寄らずにいられない場所。





幾春別町の産業遺産、旧住友奔別炭鉱立坑。


構内は立ち入り禁止だから、これ以上は進めないけれど


やっぱり素晴らしいです。


周りにある炭鉱住宅もひっそりしていて、


人の姿もなく、私だけがこの町にいるような感覚でした。


ここでもう16時を過ぎていて、またここからUターンして

北上しなければいけません。


もっと寄りたい炭鉱跡があったけれど、やっぱり今回も


時間切れ( ̄∀ ̄)



日本一長い直線道路、国道12号を走って北上。


今回は新十津川町にある温泉施設へ宿泊。


近くのセイコーマートで夕食を買います。


夕刻からは小雨。



2日目もいっぱい行きたい場所があるので、温泉に入って


早々に休もうと思ったけれど、なかなか寝付けず、



眠くなるまでカメラの写真を眺めていたような・・・







続く。










ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村