2015年北海道ツーリング最終話~オロロンラインで石狩~小樽・羊蹄山、そして大雨!
- 2015/09/25(Fri) -
北海道ツーリングの最終キャンプ場は、羊蹄山のふもとです。







9月1日、苫前のキャンプ場で、朝6時ごろに起床。

とってもいいお天気です。利尻富士は見えてませんでしたけれど・・・




北海道に来て、テントが朝露で濡れることはあまりなかったのですが、

今朝は露がすごかったので、さっそくテントを干すことにしました。

その間に朝食を済ませます。




洗い場には、ちゃんとロープをかけていただいてるので助かります。




何とか早く撤収できるようにと頑張りましたが、

やっぱり出発は2時間後の8時前となりました。







明日はもうフェリーに乗る日となり、

あっという間に5日間が経ちました。


さらにオロロンラインを南下していきます。





留萌を過ぎて、増毛の町を走り、増毛からのオロロンは初めてです。

海岸ギリギリを走り、トンネルもいくつか抜けて、かなりスリルあるオロロンラインが続きました。

このあたりからは 「 西の知床 」 とも言われてようで、

そういえば、知床に居るような気持にもさせられるような最果て感を感じます・・・













増毛から少し南下すると、雄冬岬があります。

雄冬岬展望台があるとのことで、少し寄ってみることにしました。

小さな港町を山手に入り、くねくね道を上がっていくと、立派な駐車場とおトイレの設置。

そして、階段を上がっていくと展望台に到着。







展望台からの風景。

今から走る方もまだ青空が見えています。 でも今日は曇りの予報。






走ってきた絶壁のオロロンライン。






そして、またさらに南下して、とうとう石狩川を渡るところまで来ました。





ちょうどお昼時に石狩市に到着したので、

相方さんが調べてくれていた 「 サーモンファクトリー 」 に寄りました。


そうそう、石狩市と言えば鮭ですよね♪


こーんな大きな看板!!




レストランの前にはでかーい鮭が居て記念撮影♪




おちゃらけな相方さんです!!このあと私も同じ事をしました(笑)




1階はショップ、2階がレストランになっています。

1階でいろんな鮭の大きなおにぎりを販売していて、皆さんたくさん買っていかれます。

そのおにぎりをレストランに持ち込んでもよいらしく、一個づつ買ってレストランへ。


鮭のお刺身を一つづつ。とっても甘くて、トロみたいでした♪




おにぎりはかなりの大きさなんですよ♪




中身はぎっしりと鮭が詰まってます♪




今夜のキャンプ場でのおつまみなども購入しました。

あとで悔やんだのですが、缶詰で「鮭のアヒージョ」を一缶、ワインのおつまみに買って

それがとっても美味しくて、もっと買ってくればよかったぁ~って事になりました。



昼食を石狩市で済ませて、さらに南下し、徐々に都会になってきます。

あまり街中を走らないようにナビを設定して、小樽市街の手前から峠道へと入りました。


そして、小樽市を一望できる展望所まで走ってきました。





小樽市。

バイクで小樽市を走るのは初めてでした。




まだまだ青空いっぱいの北海道。

でもお天気はそろそろ下り坂の予報です・・・


最終目的地のキャンプ場までは、山越えです。

R393の赤井川国道を走って、倶知安町まで行きます。


倶知安までの道沿いには牧場があり、その中でも山中牧場のソフトクリームが絶品との情報。

到着すると、やはり人気店。次々とお客さんが車やバイクで入ってきます。








とっても美味♪

鹿追町で食べた 「 風景 」 さんのソフトクリームに良く似ていました♪





ニセコ方面の空は、灰色・・・

あやしい色の空になってきています・・・






そして、午後3時過ぎに倶知安に到着。


目の前に現れたのが、すっぽりと雲に覆われた羊蹄山・・・裾だけなんとか見えています。




ガーン・・・><;


利尻富士が見えたから、今度は蝦夷富士も見たいものです。


町のスーパーで食材を購入して、道の駅名水の郷きょうごく名水プラザのあるふきだし公園の中に

キャンプ場はありました。そして道路を挟んで向かい側には、京極温泉があります。


車やバイクの乗り入れは出来なく、駐車場の一番端に停めて、テントからバイクが見える位置に設営。

とっても綺麗で、芝もフサフサのキャンプ場です。

倶知安側は曇っていましたが、京極の方に来たら、まだ晴れ間もあり、

徐々に蝦夷富士の雲が薄れていくのが分かりました。






ほぼ、全貌を現した羊蹄山。





北海道、最後の晩餐・・・

ちょっと豪華にしてみました♪  真ん中の缶が「鮭のアヒージョ」♪




同じく、サーモンソーセージも買ってきたので、アヒージョのオイルでピーマンと一緒に炒めました。

持ってきた赤唐辛子も少し入れて~








夜6時ともなると、少し薄暗くなり、また徐々に羊蹄山に雲がかかってきました。




夕食後は歩いて数分の温泉へと行き、私は先にシュラフでミノムシのごとく・・・

相方さんは、最後の北海道の夜を、やっぱり一人ワインで・・・




翌日の天気予報は、曇りのち雨・・・雨量はたいしたことないようですが、お昼前には少し降ってくるような・・・

早く起きて、降らないうちに撤収の必要あり。




そして9月2日の朝6時。




空はまだ明るく、早いうちに朝ご飯を済ませて、雨が降って来ないうちにテント撤収。

7時半ごろに出発をしようと思っていたら、天気予報よりも早く雨がポツポツ・・・


上下レインスーツを着て出発します。北海道でレインスーツを着るのは初めてかもしれません。

R276の尻別国道~支笏国道の峠道からは、予想を超える雨量となりましたが、

支笏湖あたりからは小雨となり、安心して走っていたのもつかの間、

9時過ぎに苫小牧市内に入ると、いきなり雨量が増してきて、打ち付けるような強い雨の中を走り、

どこか雨宿りできるような屋根のある場所を探しながら、交通量の多い街中をさまよい、

大通りから少し入った所に、ちょうど屋根のある公共機関のような建物を見つけて停車。





建物の中から女性の職員さんらしき方が声をかけてくださり、

「ちょっと雨宿りさせてください」と相方さんがお願いすると、

「どうぞ、中で休んでください~」とありがたいお言葉。でもレインスーツを脱ぐのも大変。

少し待たせてもらい、小雨になるのを待ってまた出発。


夜11時半のフェリー出発まで丸一日。

本来なら、羊蹄山の周りでゆっくりと過ごしてから苫小牧に来る予定でしたが、

この雨だから、どこにも走りに行くことはできないので、ゆっくりできるところをないかと探すと

「イオン苫小牧」があるのを発見し、10時過ぎに、とりあえずイオンの駐輪場に駐車。

雨はしのげました。さっそくレインスーツを脱いで、バイクを拭きます。




他にも数台バイクが駐車してあり、私たちの後にもまた2台のバイクが入って来たのを覚えています。


最終日がこのような形になるとは思ってもみませんでしたが、

こんなこともあるよね~って、ずーっとテントを張れたことが反対に奇蹟だったかもしれないと

キャンプツーリングが出来たことを感謝して、イオンでゆっくりすることに。


地元で観ようと思いながら、なかなか観れていなかった 「 ジュラシックワールド 」を

お昼前から一本楽しんで、その後にイオン内のお寿司屋さんで昼食。

お天気はどうなんだろうって、スマホで見てみると、

何とすごい雨雲が苫小牧上空に><;




えらいことやぁ~って急いでバイクを見に行くと、

外は台風のような風と大雨・・・




それからというもの、一時間おきくらいには外を見に行っては、また店内に入って、

またバイクを見に行ったりの繰り返し。




夕方には、さらに警報、そして苫小牧市に避難勧告が出ました。

イオン苫小牧の南側駐車場は、冠水でたくさんの車がタイヤが見えなくなるほど浸かってしまい、

レッカー車が来るほど・・・


そんな雨の中を、バイクが出発するシーンもありました。

私たちは、夕食もイオンのレストランで済ませて、天気予報では午後の8時頃から雨量が0とのことで、

しばらくバイクの側で様子を見ながら、

午後8時半頃にレインスーツを再度着用して、フェリー乗り場へとバイクを走らせて

午後9時頃にようやく到着。

午後11時15分の乗船予定の為に、並んで待ちます。

行きは6台だったバイクですが、帰りのフェリーは15台。




結局、この日はトレーラーの台数がかなり多くて、フェリーへの乗船時間がかなりかかり、

バイクが乗船できたのが11時40分位となりました。





行きのフェリーでは、酔い止めの作用でほとんど寝ていたため、

ビンゴゲームにも参加できませんでしたが、

帰りでは参加♪




ゲームの途中で、北海道に向かうフェリーを見て、




乗船客が少ないこともあってか、なんと相方さんがビンゴで一等賞♪




私も初めてビンゴでメモ帳をゲット♪




商品券はレストランでの夕食で使わせていただきました♪


無事に3日夜8時半に敦賀港に到着。

本州も雨マークだったので、レインスーツを着て下船しました。

やはり、少し雨に降られました・・・



でも、事故なく楽しいキャンプツーリングを終えて、また一つ素敵な思い出が出来ました。

来年は行けるかどうかわかりませんが、またキャンプが出来たらといいなって♪



こうやって、楽しくバイクライフが送れるのも、相方さんのお蔭です^^/






ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | 2015. 北海道ツーリング | CM(8) | TB(0) | ▲ top
2015年北海道ツーリング№4~サロベツ・オロロンライン、そしてまた利尻岳♪
- 2015/09/17(Thu) -
オロロンラインを走りました。





8月31日、美深キャンプ場を出発して、R40を北上。

サロベツ原野の方へと走りました。

この日も晴天♪

今日はオロロンラインまで出て、大きな利尻岳を見に~






豊富町というサロベツ原野のある町まで来ると、左手に利尻岳が見えてきました。

昨日の幻想的な利尻岳よりも、もう少しくっきりと大きく見えました。

が・・・雲がかかってる・・・

走ってる間に晴れないかなぁ~

なんて願いながら走りました。


まずは、サロベツ原野と利尻岳の眺望がすばらしいと言う展望台へと。





利尻岳とサロベツ原野と雲。





しばし撮影会。


そして、次へと向かったのは、

サロベツ湿原センター。

とっても立派な建物です。




ちょうど正午に到着したので、隣にあるレストランで昼食。




普通に塩ラーメンを注文したのですが、とても美味しかったです♪

食後に冷たい牛乳もいただきましたが、これもまた美味しく、ソフトクリームも食べたかったのですが、

我慢しました><;





レストランの横から、湿原を散策できる木道があり、少し歩きに行くことに。

もう少し早ければ、お花もたくさん咲いていたようです。

熊出没の看板もありましたよ・・・



ここからの利尻もまた素晴らしいです。でも雲がだんだんと上昇してきたような・・・




あのふもとにオロロンラインがあるんですよね。

まだまだ遠いです。





センターを出発して、オロロンラインまで。

遠くに利尻岳を眺めながらの走行は気持ちがいいです♪





オロロンラインに到着するまでは、どうぞ姿を見せていてくださいね~っと

祈りながら走りました。



しかし・・・


願いは叶わず・・・


オロロンラインに到着して、一番利尻岳に近い場所に来たのですが・・・



隠れてしまったぁ・・・><;    残念><;




やっぱりてっぺんが見えないとね・・・


とってもショックな私とは反対に、相方さんはそう利尻岳に執着心はなさそうで、

「 昨日も函岳からいっぱい見れたでええやないかぁ!どんだけ見たいんやぁ・・・」 と、あっさり~

それはそうなのですが、昨日だったら雲一つない利尻岳が見れたんだね~と。


2日連続してそうそうは思い通りにはなりませんよね。



これからの道は、利尻岳を背にして走らないといけません。う~ん、残念です><;

昨年のオロロンでは全く見えなかったので、こんなに大きく見えるなんて思ってもみませんでした。

オロロンを走って、北上してくるライダーさんたちとすれ違い、あいさつをしましたが、

みなさんとてもにこやかに見えたのは気のせいではないと思います。

最高の景色ですものね~♪

さぞかし気持ちよく走れているだろうなぁって

今から北上できたら最高だろうなぁって、想像しながら南下しました。




そして、昨年も寄りましたが、やっぱり寄りました♪

今年の写真には、利尻岳がプラスされました♪




相方さんの腕・・・ちょっとだけ角度が違ったなぁ(笑)

そして、なんと利尻岳がまた姿を現してくれましたよ~♪







そして、今度はあの風車が見えてきましたよ~♪






今年はちょっと畦道に入ってみました。電線が写真に写らないから嬉しいです♪








何回見ても圧巻ですね♪





そして、何度も後ろを振り返りながら走っていたら、

だんだんと雲が逸れていきます。


最後にもう一回だけ記念撮影をするのに、相方さんに了解を得て停まってもらいました。

それも、わざわざUターンさせて・・・

(かなり呆れていたようです・・・)

大した写真も撮れないのですが、なんだかたくさん撮っておかないともったいなくて~






私、山用のダウンジャケットを着て走っておりますが、これだけお天気が良くても

走るとかなり涼しいのです・・・そして、冬用のネックウォーマーも外せませんでした。



利尻岳とオロロンラインとバイク~










だんだんと利尻が遠ざかり、とうとう見えなくなってしまいました。


そして、今夜の宿泊場所のキャンプ場に到着。


苫前にある 「 とままえ夕陽ヶ丘オートキャンプ場 」





一番乗りでした~♪

と言っても、この日のお客さんはあと一組だけでした。

でも、とっても素晴らしい場所にあり、海や風車も見えて、芝もとっても綺麗。

洗面所もとっても清潔で、特に嬉しかったのはゴミが捨てられること。

生ごみやビン・缶なども分別して捨てるだけなので、有難かったです♪


そして、お隣が道の駅で温泉もあります♪



張り放題~♪







テント設営したら、近くのセコマに買い出しに出掛け、

まずは、カンパーイ♪





サンセットが見えるとのことで、ゆったりまったりしながら待ちました~




気が付かなかったのですが、

何と、海の向こうに利尻岳がうっすらと見えていたのです。



焼尻島と天売島と利尻岳が見えると書いてあったのですが、

どこに見えるのかなぁ、小さすぎて見えないんじゃないか?なんて思ってたのですが、

意外と大きく見えてびっくりでした♪嬉し^^/


サンセットは残念ながら~





雲に隠れて見えませんでした・・・





太陽も沈み、そろそろ道の駅に行って夕ご飯を食べに。

こちらの名物は 「 甘エビ 」 とのことで、甘エビ丼が人気だそうで、

一つ注文しました。新鮮で甘ーい♪





そして、また塩ラーメン♪(お昼も食べたけどぉ・・・美味しかったです♪)





食後に温泉に入って、テント場に戻り、私は就寝。

相方さんは、一人ワイン。



さぁ、翌日は最終のキャンプ場まで走ります。





つづく・・・





ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
この記事のURL | 2015. 北海道ツーリング | CM(12) | TB(0) | ▲ top
2015年北海道ツーリング№3~函岳の長ーい林道・そして初めて見る素晴らしい利尻岳~
- 2015/09/14(Mon) -
8月30日(日)、道北地方は晴れマーク!!

今回の旅もお天気の方を目指して走る事に決めていたので、

美深キャンプ場は連泊を決めて、

今回最大の目的である 「 函岳林道 」 を走りに出掛けました♪

函岳は、昨年同じ時期に北海道ツーリングをされていた

「 虹の架け橋~バイクで走ろう 」 のsarasaraさんが走られたのをブログの記事で知って

私も走りたーいって、ずーっと思っていた林道でした。

何十キロも砂利道で、ほんとに最後まで走れるのかどうかも分かりませんでしたが、

とにかく、走る事に挑戦!!


美深キャンプ場からは少し南に下りますが、ちょうどセコマに寄って飲み物やお昼ご飯を買って

また北上、そして、函岳への入り口へ。


一応、記念撮影♪




右折すると、こんな看板もあります。




しばらく数キロは舗装されたワインディング。

気持ちよく、徐々に高度を上げていきました。



そして、いよいよ砂利道の始まりです!!

ここから27キロの未舗装路・・・さぁ、コケルのか・・・リタイヤするのか・・・


ドキドキ、ハラハラで出発~!!




走り出して少しの間はよかったのですが、

急に深砂利となり、相方さんもびっくりして、インカムから「ヤバッ、ひえぇ・・・」なんて声が聞こえてきて

私も、ハンドルを取られてグラグラ状態になりました・・・

コケルことはありませんでしたが、こんなタイヤが埋もれていくような砂利が続くんだったら

無理かも~って思ったのですが、

そんな道が少しあっただけで、その後は徐々に慣れていったせいもあり、

砂利の無い道を選べるようにもなり、砂利も少なくなったこともあり、スムーズに走れました。


しばらくはこんな道を延々と・・・




丁寧に、あと何キロという看板があるので、よく解ります。








なるべく、砂利の薄い場所を選んで走りました。




時々、熊さんのう○ちらしき黒い物が落ちているので、

あんまり離れるといけないと思い、近すぎるとすごい土埃が私を襲い、

適度に距離をおいて走らないと真っ白けになります・・・(実際に真っ白になりました><;)









10時半。砂利道を走り始めて40分。

ようやくあと10キロとの看板。そして分岐に到着。




空は雲一つなく真っ青!!

このお天気だったら、利尻岳が見えるかもしれないと期待に胸を膨らませて

頂上を目指しました♪






あれが頂上?白い建物が青い空にくっきりと浮かびました。





樹林帯から抜けて、稜線を走る未舗装路はめちゃ気持ちよく、

いつまでも走っていたいような気分にもなりました~









私も真似して、立ってみたぁ!!

その後、すぐに座りましたぁ><;





そして、分岐点から走って約30分・・・

海が見えました!!



そして、遥か彼方ではありますが、いきなり目の前に現れました~♪



「 利尻岳 」






望遠で撮ったので、あまり綺麗ではありませんが、

雲一つない姿が、まるで海に浮いているかのようでした・・・






初めて見た利尻岳。

昨年は、オロロンラインを走ったものの、全然見えなかったので、とても残念な思いをして

帰って来ましたが、今年は素晴らしい利尻岳が見れて興奮状態です♪



11時15分、写真を撮りながらの走行でしたが、頂上の函岳ヒュッテ前に到着しました。






ヒュッテ前には、こんな看板が。



実際に、まだ新しい大きなう○ちが道にあったので、遭遇する確率は高いだろうって

思いました・・・


バイクはというと、真っ白・・・・・・・・><;





とうとう念願かなって、函岳に来れることが出来ました♪




さっそく頂上まで行って、360度の絶景を見に出掛けます。





素晴らしい 「 利尻岳 」 










オホーツク海の方は少し雲がかかっていましたが、それでも絶景です♪










相方さんが、手のひらに利尻岳を乗せてほしいという希望で~^^/





何枚も何枚も写真を撮りました・・・でもやっぱりこの目で見た利尻岳が最高です♪





しばらく頂上で絶景を堪能して、ヒュッテでお昼ご飯を頂くことに。






ヒュッテにはテーブルや椅子、おトイレもあり、自由に使うことが出来るのでありがたいです。


中でお昼ご飯を食べて、少し休憩。


外では、高ーいアンテナを張って、無線をしている人が数名いらっしゃいました。


そして、またバイクが一台~





帰り道も、利尻岳と共に~









そして、また砂利道をひたすら下り、

往復約60キロの未舗装路を初体験して、熊の遭遇もなく、

午後1時頃に無事に舗装路に到着しました~♪


行きに寄りたかった牧場の前で~











ところで、函岳を往復走ったおかげで、

こーんな灰色の状態に・・・><;



デニムジャケットだったために、土埃を吸ってしまい、何ミリも生地の上に積もっていました><;


相方さんはというと、先頭を走っていたので、あまり影響はなかったようです。


このジャケットとジーンズは、結局キャンプ場のランドリーで洗濯して乾燥機にかけたのですが、

小さい乾燥機だったので、40分くらいかけてもカラッと乾くことが出来ず、

翌日は、トレッキングパンツと防寒用のシェルで走る事となりました。





バイクがドロドロなので、近くのスタンドで洗車をすることに。

有料の洗車機があったのですが、

無料で水道を使わせて下さるということで、ブラシも貸してもらえました~!





そして、キャンプ場に帰ってからは、相方さんがちゃんとチェーンオイルを持ってきていて、

掃除をしてくれました。






めちゃ綺麗になりました~♪




そして、また夕方には買い物に出掛けて、昨日と全く同じ食材で夕食をいただきまして、

写真は省略(笑)


このメロンは、名寄の道の駅でとうもろこしと一緒に買ったもので、

食べ頃が30日となっていたので、今日を待って夕食後のデザートでいただきましたが、

めちゃくちゃ美味しかった~♪ 半分づつしてペロリと完食♪




相方さん、「 富良野のメロンよりも美味しい!! 」 と絶賛。

名寄の道の駅は、また今度も寄りたい道の駅となりました♪



翌日のお天気は、北海道どこもよく似たお天気で、道北はその中でも晴れている方かも。

やはり晴れている場所を選んだ方が良いと言う結論にて、

もっと近くで利尻岳を見たいと、オロロンラインを走ることにしました。






つづく・・・









ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
この記事のURL | 2015. 北海道ツーリング | CM(12) | TB(0) | ▲ top
2015年北海道ツーリング№2~名寄から美深キャンプ場・激流の滝~
- 2015/09/10(Thu) -
8月29日(土)、東神楽キャンプ場から名寄方面へと北上し、

10時過ぎに名寄の道の駅に寄りました。

同じようなオフロードのバイクが駐車。

土日の週末は道北はとってもお天気とのこと。ワクワクします♪





道の駅で昼食になるような食材を購入して、まずはキャンプ場へと急ぎました。


昨年もお世話になった 「 森林公園びふかアイランド 」 のキャンプ場。

白樺の木に囲まれた素敵なキャンプ場です。

目の前には温泉施設があるし、おトイレやランドリーなどもきちんとしていてうれしいです。

東神楽からは約120㌔と近い距離です。

お昼前に到着し、さっそくテント設営。




タオルやバスタオルなど、濡れている物は白樺の木にロープをくくりつけて

乾かします。




先ほど道の駅で購入したお稲荷さんやプチトマトなどをさっそくいただきます。








生で食べられるトウモロコシも購入。

これがめっちゃくちゃ甘くて、相方さんがハマってしまいました。

富良野のカレーの時もこのコーンが入っていて、お店にトウモロコシが売っていたので、

買おうかと言っていた時は、全然見向きもしなかったのですが・・・





そして、今日は午後からピヤシリ山までの林道ツーを予定をしていたのですが、

よくよく調べてみると、ピヤシリ山の登山口までは二時間かかるとのこと。そこからまた歩いて頂上までを

考えると、帰ってくるのに暗くなってしまう・・・簡単に考えてしまっていました。

ちょっと難しいと判断して、今回のピヤシリ山林道ツーは断念。


でも、今日の午後からが暇になってしまう・・・そこで、マップで調べてどこか近場で林道はないか?

ありました~!!

キャンプ場から南に下り、トロッコ王国の方へ行く道の途中に短いですが林道があり、

その奥には「激流の滝」という名の滝があるとのことで、

さっそく走って行くことに。


林道の入り口。




1キロ少しの林道でしたが・・・

とっても走りやすい道でした。




「 激流の滝 」 の駐車場のような広い場所に到着。







激流とのことで、もっとでっかーい滝を想像していました。

それでも、岩を削って削って、こんな滝になったんでしょうね。意外と迫力ありました。




小さい展望台がちゃんと作られていて、そこから滝を一望できるようになっていました!











30分くらいこの滝で過ごして、次に訪れたのは~


秘境駅 「 紋穂内 」という駅です。




美深の手前にあるJRの駅。

いつだったか、所さんの番組で秘境駅を誰が利用しているかを調べていて、

この駅を知りました。そしたらちょうどキャンプ場の近くだったので、また北海道に行ったときに

寄りたいって思っていたのです。





ホームはこんな感じで、草もたくさん生えていて~







でも、定期的に駅舎のお掃除をしていらっしゃる方があると、テレビで放送してたと思います。

あと一時間くらい早く来てたら、列車の到着に間に合ったのですが、そこまで考えてなくて・・・




北海道には、こんな小さな駅舎がたくさんあったり、廃線跡の線路があったり、線路跡があったりと

悲しげに思える場所が多く、そんな歴史が詰まった場所にとても惹かれるのです。


そうこうしていると、もう午後4時。

セコマで夕食と明日の朝食の買い出しをして、キャンプ場に戻ることに。


今回のキャンプでは、温泉に併設されている食堂でご飯を食べたら楽ちんと考えてましたが、

やっぱり、外で食べるご飯が美味しいよね~ってことになって、

セコマの焼き鳥とかジンギスカンなどを購入して帰りました。


さっそくフライパンを出して調理~!




焼き鳥の串を取って、バラバラにしたお肉を加熱して塩コショウをちょっとふります。

けっこう美味しくって、ビールのつまみに丁度良い!!



次にもセコマのジンギスカン。どなたかのブログでセコマのジンギスカンがとても美味しいと書いてあった

とのことで、買ってみる事に。

そしたら、癖のないお味で美味~!!

相方さんが絶賛!!

「明日もこのメニューでええなぁ♪」とのこと。




締めには、イタリアンパスタ。肉団子も二つ入っていて120円くらいなんですよ!!

安すぎぃ・・・♪

お昼に食べたプチトマトが残っていたので、それを入れてみたら、また美味しかった!!





キャンプ場での食事は、質素でもとっても美味しく感じるものですね♪



そして、目の前にある温泉施設。

歩いて20秒くらい!?





翌日30日(日)の朝、セコマのクロワッサンとバナナとコーヒーで。





北海道に来て一番のお天気に恵まれた一日となりそう~!!

美深キャンプ場はこの日も連泊で、これからあの函岳への長ーい林道ツーです♪




つづく。









ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
この記事のURL | 2015. 北海道ツーリング | CM(14) | TB(0) | ▲ top
2015年北海道ツーリング№1~苫小牧から富良野・美瑛・東川~
- 2015/09/06(Sun) -
8月26日(水)夜出発して、今年も北海道ツーリングに行ってきました!

今回は台風が一気に二つも来ていまして、

そのうちの一つがまた直撃しそうな進路だったので、

前日まで迷いに迷いましたが、直撃は免れて、北海道はあまり影響はないようだったので、

フェリーの予約をして、ようやく出発を決めたのでした。

でも、その台風が熱帯低気圧となって日本海を北上したせいで、

苫小牧から敦賀に来るフェリーの運航が遥かに遅れるという連絡が・・・

通常は翌日の午前1時に出発ですが、この日は二時間半遅れの3時半頃の出航とのことで、

午前1時頃に到着すればよいと言われました。

仕事が終わってからあわただしく出発するところを

ゆっくりと準備をすることが出来て、よかったのやら・・・何か複雑な心境・・・

でも、私が心配していたことがあります。

それは・・・

船の揺れ・・・一般の人が揺れていないと感じる船でも、私は酔います(笑)

船が遅れてくるという事は、かなりの悪天候ということ・・・

果たしてどんな船の旅になるのか・・・

でも、その後には、素晴らしい北海道の旅が待っています。



夜9時に出発して、まずはスタンドでタイヤのチェック。




敦賀までの下道走行の間、雨が降るかもしれないので、

念のため、レインスーツの下だけは履いて出発。




敦賀のフェリーターミナルには、日が変わって27日(木)の

午前0時半に到着。

ターミナル入口にはこんな掲示が。



しばらく待合室で待機して、3時に入船。

フェリーのスロープからバイクの停車位置に誘導されるまでの一連の走行は、

言うまでもなく緊張・・・でも無事に(笑)


そして、船室に到着するとすぐにこれ!

fc2blog_2015090608574662a.jpg

果たして、どこまで効き目があるのか・・・


すぐに船のお風呂に行きます。

お風呂の湯船に入っている時に船が出港~


嬉しいことに、この薬がとってもよく効きました。

でも、朦朧とした中でも、船の揺れは半パなく、船が波にのまれるんじゃないかと思うくらいの

縦揺れ横揺れだったのを覚えています。

起きたのはお昼前・・・

揺れもあまり感じなくなり、朝ご飯用に買ってきたパンを食べて、

また用心の為に一錠の酔い止めを~

相方さんはというと、まったく揺れ知らず><;

午前中に開催されたビンゴ大会の放送も何度もあったとのことですが、

死んだように寝ていたと言われ・・・

午後からもまた薬の副作用で寝ていたので、

相方さん一人で、午後からのイベントのオペラ歌手のコンサートにも行っていたとのこと。


でも、お蔭様で船酔い知らずで過ごせてよかったです。

低気圧も船からどんどん遠ざかり、揺れもほぼ収まり、

夕食はレストランで。





レストランの夕食は、いつも美味しいです。

昨年の船では、ブロ友さんのsarasaraさんご夫婦とジンギスカンをいただいたのを

思い出します。

相方さんは、ジンギスカンのとりこになって、今回も船上バーベキューを楽しみにしていたのですが、

あいにくと8月20日までで終了となっていました。



苫小牧の港に到着したのは、二時間遅れの午後10時半。

今回乗船したのは、たった6台でした。




船を下りて、一応記念撮影。



苫小牧の東横インまで約30分。


翌日の朝6時半に出発。

バイクは玄関の軒下に停めさせていただきました。



朝食は、サービスでいただきましたが、

この日は団体さんも宿泊していて、バイキングの長蛇の列ができていたので

諦めて出発の準備をしていたら、並んでる人もいなくなって、やっぱり食べようかということに。


この日のお天気は曇。

先日の夜の予報では、道東の方がお天気がよく、どっち方面に行くかも決めかねていましたが、

朝の予報では、道北の方が良くなっていたので、

あらかじめ予定をしていた方面へと走ることに決定。



まずは夕張方面へと走り、

「 シューパロ湖 」 に寄りました。



最近、シューパロダムという巨大なダムの完成(通り過ぎてしまって)で、

一帯が沈んでしまったという場所。

10年くらいまえに訪れましたが、その時の写真と比べると・・・







2003年の秋に訪れた時の写真です。
fc2blog_20150906183620286.jpg

同じ場所かどうかはわかりませんが、明らかに私のいる場所は沈んでしまっているのです。


新しい白い橋の手前には、少しだけ湖面から見えるアーチ橋の上部。




すぐ下には、沈んだ道路のガードレールが・・・




それでも、木々は頑張ってます。





この写真の三弦橋は、とても貴重な橋だったとのことですが、こちらも今では見ることが出来ません。

fc2blog_2015090618370722a.jpg

シューパロ湖という名はこの時に初めて知り、写真を撮っていたことを思い出し、

ちょっとアップしてみました。



次に寄ったのは、三段滝。





ココも以前に一度立ち寄った場所です。

懐かしさもありましたが、観光する人もまばらでした・・・



そして、富良野へ。

昼食には、前回の最終日にも寄ったお店で。

「 あぜ道 より道 」 さん。



相変わらずの大人気で、ほぼ満席でした。






前回と同じく、野菜ゴロゴロのカレーライス。

素揚げしてある富良野の野菜さんたちが甘~い!!






庭には、たくさんの夏の花がいっぱい♪








満足満足♪



この日の走行中の装備は、長袖インナーの上に半袖Tシャツ、

インナー用ダウン、その上に防風ナイロンインナー、そして綿のジャケット!

着過ぎだと言われましたが、走ってるとちょうど良いと言うか、あったかいと言うか、

やっぱり北海道は涼しいです!!



お店の横にはコテージもあって、一棟5000円で宿泊できるようです。

5人で泊まれば一人1000円で宿泊できるからお得ですよね。




そして、食後のデザートには、やっぱりこのお店に。

道を挟んで(と言っても何キロも走らないと行けないのですが・・・)ふくだめろんさん。

前回と全く同じパターンなんですけど、

半分で400円。



相方さん曰く、去年の方がうまかった!!とのこと。

でも美味しい!!



そして、富良野から美瑛へとバイクを走らせて、

パッチワークの路方面へと。

何回も見ていますが、ケンとメリーの木や親子の木などが点在している道を走り、

素敵なカフェの横にあるひまわり畑で停車。




昨年の名寄のひまわり畑とは違いますが、夏の終わりでもひまわりが見れて嬉しい♪




近くにはかわいい花たち。








そして、今夜の宿泊するキャンプ場へと向かいます。

大雪山への登山口の入り口となる、東川町の手前にあるのが

東神楽町で、そのひがしかぐら森林公園あるキャンプ場へ。


その近くに素敵なカフェがあるので、ちょっと走って行くことに。

クラフト街道という名の道を走ると、



「 北の住まい設計社 」があります。





東川町は、木工の町として有名だそうで、お洒落なギャラリーが点在していて

素敵なカフェがたくさんあるとのこと。

このお店は、ブロ友さんの「Motorradな日々」のmasaさんのブログで拝見して、

北海道に行ったらぜひ訪れて見たいカフェだったのです。

masaさんの行かれた時期は冬だったと思うのですが、またその写真がとっても素敵だったんです♪

ふくだめろんさんも、masaさんのブログからの紹介なんです♪


お洒落なショールームから、雑貨の販売もしていました。

バイクなので、買いたい食器など今回はパスしましたが、また冬も来てみたい場所です♪





こちらがカフェの建物。










お店の中も、とってもお洒落でゆったりとできます。







何でも絵になります・・・







お花もいっぱい!!





薪置場が駐車場になってるみたい・・・




ここで一時間くらいゆっくりと過ごしました。

もっと居たかったのですが、

買い物をしてキャンプ場に行かないといけないので、重い腰を上げます。

焼きたてのパンを明日の朝の御飯用に購入。チーズも。


東川町は、ほんとにお洒落な町並みで、その中にモンベルショップもありました。

ホクレンスーパーで買い物。



16時半頃にキャンプ場に到着。

バイクは通路沿いに停めても良いのでありがたいです。

さっそく設営。





芝生がふっかふかで、マットが必要ない位に気持ちが良いです♪




カフェで購入したチーズで乾杯。

fc2blog_20150906175945903.jpg



お隣にテントを設営された家族の子供さんたちのシャボン玉が、フワリフワリと~♪

懐かしいなぁ~^^/




今回のキャンプでは、お料理するのはやめて、温泉施設の中で食事をしようかということに

なって、18時半位に隣接している温泉へ徒歩3分位で。



キャンプ場の近くにお風呂があると、ほんとにうれしいですね♪

今回のツーリングでは予定しているキャンプ場に全部温泉が徒歩圏内にある場所を選んでいます。


この日食べた夕食は、ラーメン♪


そして、またいつものごとく、相方さんは遅くまで一人でまったりとワインとチーズで。

私は、先にシュラフにすっぽり入り、ミノムシのごとく就寝。



翌日の朝7時に朝食。

カフェで購入したパンとコーヒーで。







テントを撤収してキャンプ場を出発したのが8時半。

設営は早いのですが、撤収時間が長いのが問題点。

このツーリングの間に訓練できるでしょうかね・・・



お天気は北に行くほど晴天とのことで、張り切って北へ向かいます。



つづく・・・







ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
この記事のURL | 2015. 北海道ツーリング | CM(14) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ