早春の京都トレイル~東山編①
- 2017/03/17(Fri) -
伏見稲荷の鳥居。








3月13日から一泊でたくさんのコースがある京都トレイルの東山コースを歩いてきました。

今回挑戦したコースは、伏見稲荷大社から大文字山~銀閣寺です。


朝5時半に車で出発、一号線経由で瀬田から名神高速に乗り、京都南インターで降りて

伏見稲荷大社へ。

9時20分スタートです。




ここ、伏見稲荷大社は、外国人の方が訪れる人気ナンバーワンの観光地とのことで、

平日の朝からたくさんの観光客でにぎわっていました。


さっそく千本鳥居に~

fc2blog_201703162329442e6.jpg


私は、自営業の家に生まれたので、小さいころから毎年お参りに来ていたので、

久々に訪れて懐かしい気持ちになり、相方さんは初めてのお稲荷さんとのこと!

fc2blog_20170316233002980.jpg


千本鳥居を抜けると~




お稲荷さんらしい絵札、いろんなキツネさんの顔。




ありました、京都トレイルの案内図。

要所要所でこの案内図があるので、迷わずに行けるそうですよ!




千本鳥居を抜けても、まだまだたくさんの鳥居があります。







この建物はお店。




まだまだ鳥居をくぐりながら登っていきます。




京都市内が一望できる開けた四辻まで来ました。




ここからはこの鳥居を登らずに脇道に入ります。






登山道らしい道になりました。

このあたりからは、観光客の方は誰もいなくなり、トレッキングをする人だけとなります。




歩いていると、いろんな風景に出会います。




しばらく歩くと、竹林~




また案内図がありました。

今度は石段を降りていくようです。







所々に可愛い目印があります。




今度はまた上り~




可憐な花も咲いていました~



3月後半からは桜の季節、一気に観光やトレッキングの人が増えますが

今は静かな京都です。

でも、少しずつ樹々もポコポコと花を咲かせる準備をしてきていますね・・・



どこを歩いていても、京都らしい雰囲気があります。




山道を歩いていたら、一瞬開けた場所に出て、京都タワーが見えました♪




山を下りると、閑静な住宅街の中を歩いて~









今度は何かややこしい地図が書いてありますよ・・・




でも、安心♪

手作りの案内板がちゃんとありました♪









住宅街を抜けたら、また山道へと入ります。

迷路みたいで、おもしろ~い!!探検しているみたいで疲れを忘れてしまいます^^/











道路沿いに出ましたよ!!





すごーく遠回りですよね・・・

一号線の下をくぐって、向こう側に行くようです・・・







つづく・・・






ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | 登山 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
タウシュベツ橋梁スノートレッキング♪~冬の北海道の旅~③
- 2017/03/04(Sat) -
タウシュベツ橋梁。








2月16日。

朝5時に起きて6時にお宿を出発、氷上トレッキングをしに糠平湖に来ました。

昨日の三股山荘での奥さんとのおしゃべりで、今回は諦めていたタウシュベツ橋梁へのトレッキングが

だんだんと今回行っとかないと~という気持ちに変わり、

然別湖~東雲湖氷上トレッキングでナキウサギを見に行くコースだったのですが、

然別湖は去年も行ったし、お天気も良さそうだったので、急きょコースを変更!!

タウシュベツ橋梁を近くで見る糠平湖氷上トレッキングに行ってきました♪



朝7時に駐車場に到着したら、もう3台くらいの車が停まっていましたよ!


ウキウキわくわくで準備して出発~♪



最初は林の中をしっかりしたトレースを歩いていきます。

スノーシューを履くまでもなく、とりあえず持ってきた軽アイゼンがとても重宝しました♪



しばらくすると開けた場所に出て、しっかり凍った湖上を歩いていきます。





湖上は、今まで見たこともない風景がいっぱい!

根幹が氷を割って見えてます~




湖の水が少し見えてる場所では、氷の花みたい~




白いコンペイトウ!?




どんどん歩いていくと、

テントです!!


今年はワカサギ釣りが不漁とのことですが、

テントの中にいるだけでも楽しそう♪





かわいいワンコも来てました♪








そして、

遠くの方に、

ようやく見えてきました!!



タウシュベツ橋梁!!




対岸からは何回も見ている橋。

昨年は3月に来たので、湖の氷が解け始めて危険な状態だったため、

橋までは行けませんでした・・・


たくさんのスノーシューの跡をたどって、安全な場所を歩いていきます。

所々ガス穴というものがあるそうなので、気を付けて渡るようにとのこと。

最近もその穴にハマったり、つまづいたりしてけがをされた人もいたようです。







動物の足跡も~










歩いても歩いても到着しない・・・

ひたすら橋に向かって進みます・・・




そして、歩くこと1時間、


ようやく橋の下まで来ることが出来ました♪




大きい!!




圧巻です!!




夏は水没し、冬は雨・雪・風にさらされて、毎年毎年崩壊が進んでいるようです。

美しいアーチがいつまで見れるのかとても心配です・・・









先客は三名。

そのうちのお一人が、この木製のワカンを履いておられました!





私たちの軽アイゼンにも驚かれていました。

通常はスノーシューですが、きっとアイゼンの方が楽に歩けたから

かなり早く到着できたと思います。


しばらく、この絶景の中で過ごします。






橋と同じ高さの場所に登ってみました。




ここにレールが敷かれていたんですよね・・・
















橋を見ながら、持ってきたポットのお湯でコーヒータイム♪









湖上に降りるときはちと怖い・・・へっぴり腰になってます・・・(笑)





一時間ほど湖上で過ごし、

まだまだ居たい気分ですが、そろそろタウシュベツとお別れです。




何度も振り返りながら、橋を後に駐車場へと戻りました。

道沿いには、他にもアーチ橋が点在しているので、

少し歩いて、第五橋梁へ。







また雪のないアーチ橋をゆっくりと歩きながら見てみたいと思いました。




糠平温泉まで戻り、立ち寄り湯をいただきます。





糠平温泉には初めて入ったのですが、

とってもツルツルしていて、素晴らしい温泉でした♪


fc2blog_20170304213025788.jpg
fc2blog_201703042130420c6.jpg


午前8時からタウシュベツ橋梁でたっぷりと過ごして、

午前11時、糠平温泉を後にして、

お昼ご飯を食べに、帯広へと向かいました。

やはり、食べるのはこちらです♪


ジンギスカーン♪

fc2blog_2017030421310992f.jpg


ちょうどお昼に 「 有楽町 」 さんに到着。

今回は、ホルモンとおうどんも注文したから、お肉は二人前にしたのですが、

やっぱり足らなくて、もう一人前とご飯もいただきました~!!

fc2blog_2017030421313180e.jpg

ほんとに美味しいです♪



そして、やっぱり帯広に来たから、またこちらへも。


六花亭のさくさくパイ♪

fc2blog_201703042133393c3.jpg

なんと、食後なのに三つも買って、二人で半分こ(笑)



飛行機は20時15分発。

夕方に千歳に戻ればよいのですが、

帯広からの道中、お天気が崩れはじめ、雨になりました。

糠平ではとてもいいお天気で、風もなく、いいタイミングで楽しめたようです。


千歳に帰る前に夕張に寄ろうかと思ったのですが、

雨の中を歩くのもつらいので、

結局、どこにも寄らずにレンタカーを返却し、空港へ。


ゆっくりと空港内でラーメン街に行って夕食♪


fc2blog_2017030421314970b.jpg



飛行機が50分も延着したため、

セントレアに着いて、自分の車に乗れたのが23時頃。

翌日は仕事で、2泊の北海道はかなりのタイトな内容の旅でした。


でも、またまた素晴らしい冬の北海道を満喫できたのでした♪



三股山荘で買ったナキウサギのイラストは、額縁に入れましたよ♪

fc2blog_20170304220028921.jpg

おトイレにもタウシュベツとキタキツネの写真~^^/
fc2blog_201703042201040fe.jpg



家でも北海道を感じてます♪







ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
この記事のURL | 2017年2月  雪  大雪山  | CM(10) | TB(0) | ▲ top
旭岳スノートレッキング♪~冬の北海道の旅~②
- 2017/02/24(Fri) -
旭岳スノーシュー。







2月15日朝、8時からの朝食前。

竹内智香さんのギャラリーへと行きました。




ガラスケースには、オリンピック時着用のユニフォーム。







小さい時から使用されていたボードがいっぱい!!



素晴らしい環境の中で、努力を重ねられてきた経緯が

展示品を見てとても理解できるギャラリーでした♪



そして朝食。





朝からとてもボリュームのある、美味しいお料理が並びました♪

この時に窓からは素晴らしい青空が見えてきて、

これはラッキーと思ったのです・・・


前日から心配していたお天気ですが、

晴れマークはなかったので、当日になって山が見えてたら旭岳スノーシューをして

ダメだったら晴れマークのある上士幌方面へ行こうと決めていたのです。


お宿から数分のところにあるロープウェイ乗り場。

視界良好の表示があったため、空は真っ白でしたが登ろうかということに・・・




山頂駅まで上がってみると、

旭岳は何にも見えず、真っ白な世界(笑)

これはこれでめったに体験できない景観ではありますが・・・><;




これだったら、晴れてる方面へ行ったほうがよかった・・・と思ってももう遅い><;

まぁ、スノーシューを楽しみましょう(笑)


fc2blog_2017022318442991c.jpg



スノーシューを履いて、トレースの跡を歩いていきます。

途中にすれ違う人は、ほとんどが外国人!

北海道のニセコや旭岳のスキーヤーやボーダーは、ほとんどがオーストラリアやニュージーランドの方が

多いとのことです。







かなり登って来て、小屋まで来た時の事。




小屋の周りはかなりのくぼみがあったのですが、

へりとの境が分らず、サングラスもしていたのでよく見えてなかったようで

後ろ向きに3メートルくらいあるくぼみの下へ滑落・・・





一瞬、何が起こったのか解らなかったのですが、

逆さまに落ちていくときに、スノーシューが雪の壁にぶつかって、左足に痛みを感じたほかは、

フカフカの雪と背中のザックがあったせいで、特に大きな衝撃もなく、

しばらくあおむけ状態・・・






上から、相方さんが「大丈夫かぁ・・・?」との声といっしょに、レンズをこっちへ向けていたので、

ようやく正気に戻り、ピースサイン(笑)



パウダースノーがたっぷり積もってる場所でよかったぁ・・・


周りはぐるりと掘れてる場所だったのですが、なんとか穴から脱出。

思わぬハプニングでした><;


少し左足をくじいたようですが、そう痛くなく歩けました。

周りが真っ白なので、噴火口の近くまで行って戻ることにしました。


噴火口の近くに人がいるのが見えます。

fc2blog_2017022318454645e.jpg


その手前の噴火口の近くまで来ました。




そして、また来た道を戻ります。




晴れていたら、絶景が見れたと思うととても残念ではありますが、

これはこれでパフパフの雪の上を歩けて楽しい!!




ロープウェイの駅まで戻ってきました。




時間を見ると、ゴンドラが行ってしまった後だったので、

休憩所でコーヒータイム。

宿でお湯を沸かして水筒に入れて、持ってきたインスタントの豆でいただきます。





みんな登って来ては滑っていく人ばかりなので、下りのゴンドラは私たちと他一組。




駅が見えてきました~




たくさんの人がゴンドラを待っていますよ!!



ほとんどが外国人なので、なにかスイスかどこかに旅行に来たような感覚で

かなり得した気分!?


レンタカーに乗って、今夜のお宿のある上士幌方面へと走らせます。

午後1時頃、層雲峡に到着。

このコンビニ、ジャンプの高梨沙羅ちゃんのおうちが経営しているセブン。

以前も前を通って、寄りたいと思っていたのですが寄り損ねてしまい、

今回念願かなったわけですが、沙羅ちゃんと会えるわけではなく~




そして、またまた大好きな場所、三国峠へとやってきました。

半年前の夏にはセローで来た場所♪



旭岳の反対側はこんなにお天気!!

朝からこちらに来ていればよかったぁ・・・








そして、遅めのランチを食べようと寄ったお店。

「 三俣山荘 」 さん。




何回もこのお店の前を通っていたのに、今回が初めて。

とても素敵なカフェです♪








窓の外は白樺林がとても美しいです~




お店に入ったら、お食事のほうがもう品切れになってしまったとのことで、

メニューも調べて食べるものまで決めていたので、どうしようかと悩みましたが、

トーストなら出来るとのことで、いただくことにしました。


でも、とてもボリュームのある美味しいランチでした。






食べながらお店のご主人といろいろとお話しをしました。

夏はバイクで北海道に来ていることや、タウシュベツ橋梁のことや、

然別湖や東雲湖のエゾナキウサギを見に行きたい話など~


お店の壁には、ちょうどナキウサギの絵が掛けられていて、とても気になりパチリ!!



そしたら、ご主人からこんなお話し。

作者は世界的にとても有名な動物画家の田中豊美さんという方で、

三重県松阪市の出身とのこと。

なんと、私と同じ出身地!!

これはとても奇遇だと話が盛り上がりました♪

このイラストがお店で販売されていたので、思わず購入して~


このお店で過ごすこと一時間♪

楽しいお話が聞けました♪



糠平から士幌町まで走り、食事なしで宿を予約したため、

セコマで買い物。

これで1000円なり~♪とってもお値打ち!!






今回は三日間だけの北海道。

あと一日です。





つづく・・・






ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

この記事のURL | 2017年2月  雪  大雪山  | CM(14) | TB(0) | ▲ top
旭岳スノートレッキング♪~冬の北海道の旅~
- 2017/02/18(Sat) -
雪の美瑛。









2月14日から2泊3日で大好きな北海道の旅に出ました♪

ほんとは3泊4日で道東に行きたかったのですが、お休みを取り損ねてしまい、

2泊になってしまったため、道東までの道のりは厳しく、道央となりました。

その分、朝早い便で出発しました。


セントレアから格安航空券で出発。

この日バレンタインデーだったので、乗務員の方からコーヒーとチョコのセットをプレゼントされました♪




機内でもチョコのプレゼント♪

ラッキー♪




空から~

立山かなぁ。




一時間半で新千歳空港に到着。

レンタカーを借りて、まずは富良野へ出発。


ランチは、富良野に来たらいつも寄るお店。

「 ファームレストラン あぜ道より道 」 さん♪




夏の北海道ツーリングでもお邪魔しました。





やっぱり野菜カレーです♪




サラダ付きなのですが、かぼちゃスープのサービスがありましたよ♪




続いて向かったのが、美瑛です。

白ひげの滝とブルーリバーという観光地があるとのことで、行ってみました。

ブルーリバーは美瑛川のことで、滝はたぶん温泉が流れてるから凍結しないのかも~




そして、青い池にも行ってみました。

たくさんの観光の人でしたが、冬は池も凍結して真っ白となっていて

北海道であれば、どこでも見れる光景となっていました・・・残念・・・




外国からの観光の方が多かったので、もし青い池が見れると思っていたら

ショックだったかも・・・でも、冬だから凍結していることはわかっていたかも!?



そのあと、少しドライブをして、今では観光地となっている赤い屋根のおうち。




クリスマスツリーの木。




マイルドセブンの丘。少し手前の木が映ってしまいましたが・・・




美瑛の道の駅へと休憩しに入ると、

この真冬に、なんとバイクです!!!

それも、かなりの荷物を積んでいました。すごーい!!!



思わず車の中から撮ってしまいました。



そして、この日の宿泊地、旭岳温泉の湧駒荘に到着。

旭岳のふもとまで来るとさすがにすごい雪です!





旅館の屋根にはすごい積雪、そして長ーいつらら!!!






久々の秘湯のお宿。




ロビーがとても素敵です。

このお宿、スノーボードオリンピック銀メダリストの竹内智香さんのご実家なんですよ!

竹内さんのギャラリーもありました!





お部屋はおまかせだったのですが、とても落ち着いた清潔なお部屋です。




夕食も山の中なのに、マグロのお刺身がとっても美味でした♪










黒毛和牛のしゃぶしゃぶ♪





お肉の後は、稲庭うどんでいただきます。






温泉も古くからの数種類の源泉があり、とても風情のある温泉でした。




翌日も旭岳の天気予報は曇り。

青空の下でスノートレッキングが出来ればうれしいのですが・・・




つづく・・・






ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


この記事のURL | 2017年2月  雪  大雪山  | CM(10) | TB(0) | ▲ top
あぜ道より道!
- 2017/02/14(Tue) -
富良野に帰ってきました(*^◯^*)





何回食べても美味しい!








ご訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
この記事のURL | 冬の北海道 | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ